パンジャーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンジャーブ(色が薄い部分)。青い部分がインド、黄色い部分がパキスタン。

パンジャーブPunjabあるいはPanjab、パンジャブとも)は、インド北西部からパキスタン北東部にまたがる地域インド・パキスタンの分割の際に、インド側とパキスタン側に分割されている。

地理[編集]

パンジャーブの語源は、ペルシア語で「5つの水」を意味するパンジュ・アーブ (panj ab) で、インダス川とその4つの大きな支流、 シェナブ川英語版ラーヴィー川英語版サトレジ川ジェーラム川英語版に由来する。パンジャブはこれらの大河に囲まれた地域で、灌漑によって小麦の生産力に優れた豊かな農地となっており、インド・パキスタン両国にとっては重要な穀倉地帯である。

歴史[編集]

古代にはガンダーラ紀元前6世紀 - 11世紀)が栄え、中心都市はペシャーワル(現カイバル・パクトゥンクワ州)、チャールサダ英語版(現カイバル・パクトゥンクワ州)、タクシラ(現パンジャーブ州 (パキスタン))、フント英語版(現カイバル・パクトゥンクワ州)などに移り変わった。

1757年マラーターのインド北西部征服英語版パンジャーブが占領される。

1761年第三次パーニーパットの戦いドゥッラーニー朝アワド太守などのムスリム同盟軍が、ヒンドゥー教マラーター同盟に勝利。パンジャーブの領土を拡張した。

現在のヒマーチャル・プラデーシュ州付近には、ChambaBilaspur、Bhagal、Dhamiといった諸国が並立していた。グルカ戦争1814年 - 1816年)を経てBritish India領となった。

1823年ノウシェーラの戦い英語版でドゥッラーニー朝がシク王国に敗北し、ペシャーワル一帯の領土を失い、カイバル峠を越えて撤退した。

シク戦争英語版1845年 - 1849年)では、第一次シク戦争英語版ラホール条約英語版を締結しカシミール地方をイギリスに譲渡(ジャンムー・カシミール藩王国の成立)、第二次シク戦争英語版で敗れ併合され、British Indiaパンジャーブ地方英語版となり、マリー英語版Murree)が夏の首都となった。

1858年イギリス領インド帝国が成立。1864年シムラーイギリス領インド帝国の夏の首都となる。

住民[編集]

民族[編集]

パンジャーブ人en:Arainen:Jat peopleen:Chamaren:Scheduled Castes and Scheduled Tribesラージプートen:Malik Jat clanen:Khatrien:Aheeren:Gurjar

言語[編集]

宗教[編集]

住民の宗教は、イスラーム教シク教ヒンドゥー教の3宗教によって大別される。各宗教の信者はイギリス統治期には入り混じって暮らしていたが、現在ではおおむね前者がパキスタン領、後二者がインド領に別れている。

関連項目[編集]