ジャンムー・カシミール藩王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャンムー・カシミール藩王国(- はんおうこく、英語:Princely state of Jammu and Kashmir)とは、北西インド、現ジャンムー・カシミール州アーザード・カシミールに存在した、イギリスによって創設されたヒンドゥー藩王国1846年 - 1947年)。首都はシュリーナガル

歴史[編集]

グラーブ・シング
ラジオ演説するハリ・シング

1846年ジャンムーの領主であるラージプートグラーブ・シングen、在位1846 – 1857)が、第1次シク戦争英語版でイギリスに味方したことにより、カシミールを与えられて、ジャンムー・カシミール藩王国が成立した。

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立によって、それぞれ藩王国はいずれかの側に帰属することを迫られていた。

しかし、カシミール藩王ハリ・シングen、在位1925 – 1947)は自身がヒンドゥー教徒、対して住民の80%はムスリムイスラーム教徒)という微妙な立場にあり、帰属を先延ばしにしていた。

だが、同年10月パキスタンが武力介入してきたことで、カシミール藩王はインドへの帰属を表明し、インド政府に派兵を求めた。

これが第一次印パ戦争印パ戦争)の発端で、以後、第二次印パ戦争第三次印パ戦争カルギル紛争英語版まで争っている。

歴代君主[編集]

  • グラーブ・シング(Gulab Singh, 在位1846 – 1857)
  • ランビール・シング(Ranbir Singh, 在位1857 – 1885)
  • プラタープ・シング(Pratap Singh, 在位1885 – 1925)
  • ハリ・シング(Hari Singh, 在位1925 – 1947)

参考文献[編集]

  • 「ブリタニカ国際百科事典」 株式会社ティービーエス・ブリタニカ
  • 「世界歴史の旅 北インド」 山川出版社 辛島昇・坂田貞二
  • 「南アジアを知る事典」 平凡社