ドゥッラーニー朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥッラーニー朝
د درانیانو واکمني
アフシャール朝
ムガル帝国
1747 - 1826 シク教国
バーラクザイ朝
:en:Emirate of Afghanistan
ドゥッラーニー朝の国旗
(国旗)
ドゥッラーニー朝の位置
ドゥッラーニー朝の版図(紫)
公用語 ペルシャ語 (official)
パシュトー語 (native language of the rulers)
首都 カンダハール(1747-1776)
カーブル(1776-1823, 1839-1842)
ペシャーワル(1776-1818, 冬の首都)
ヘラート(1818-1862)
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
不明 xxxx年xx月xx日

ドゥッラーニー朝は、18世紀アフガニスタンに存在した王朝。首都はカンダハール。広義のドゥッラーニー部族連合による王朝という意味では、サドザーイー朝(1747年 - 1826年)と、続くバーラクザーイー朝1826年 - 1880年1919年 - 1973年)をあわせてドゥッラーニー朝という。狭義のドウッラーニー朝は、サドザーイー朝(1747年 - 1826年)を指す。

名称[編集]

「ドゥッラーニー」はパシュトゥーン語で「真珠の時代」を意味する。

1747年から1973年までの王朝について「ドウッラーニー朝+バーラクザーイー朝」、「ドウッラーニー朝(サドザーイー朝)+ドウッラーニー朝(バーラクザーイー朝)」、「サドザーイー朝+バーラクザーイー朝」という3つの名称が鼎立している状況である。

歴史[編集]

サドザーイー朝[編集]

1747年イラン系遊牧民パシュトゥン人ドゥッラーニー部族連合の一派en:Popalzaiサドザーイー部族英語版アフシャール朝から独立して建国。ジュンガル部を完全に制圧すると中国と国境を接するようになり、清の皇帝から朝貢を要求される。以後清の朝貢国となる。またこの時代はインド征服も盛んに行い、弱体化したムガル帝国にも何度も侵攻し、一時期デリーを領有した。

外交面では好戦的な一面も見せたが、周辺の遊牧国家とは親善を図った。

バーラクザーイー朝[編集]

1826年に王家が分裂し分家が本家を滅ぼす形で王朝が交代し、バーラクザーイー朝が創始される。

歴代のシャー[編集]

1819年以降は、事実上カーブルのみの支配者。

参考文献[編集]

  • 杉山正明 『モンゴルが世界史を覆す』 日本経済新聞社〈日経ビジネス文庫〉、2006年3月、ISBN 4-532-19325-7杉山正明は、「最後の遊牧王国」と称している。