シュジャー・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュジャー・シャー

シュジャー・シャーShuja Shah, 1785年11月4日? - 1842年4月5日)は、アフガニスタンの国王(シャー)。シャー・シュジャー Shah Shujah, シュジャー・アルムルク Shujah al-Mulkとも呼ばれる。パシュトゥーン人アブダーリー部族連合サドザーイー氏族出身。

家族[編集]

ドゥッラーニー朝ティムール・シャーの息子。彼は兄のマフムード・シャーを追放し、1803年から1809年まで、アフガニスタンを支配した。

婚姻[編集]

  1. Fath Khan Tokhi の娘
  2. Wafa Begum
  3. ブハラのアミール、Sayyid Amir Haidar Khan の娘
  4. Khan Bahadur Khan Malikdin Khul の娘
  5. 宰相 Sardar Haji Rahmatu'llah Khan Sardozai の娘
  6. Sarwar Begum
  7. インド出身の Bibi Mastan

経歴[編集]

廃位・投獄と同盟[編集]

シュジャーは1798年から1801年まで、ヘラートペシャーワルの知事を務めた。彼は1801年10月(彼の兄ザマーン・シャーの追放後)、自らアフガニスタンの王を宣言したが、しかし正式に即位したのは、1803年7月13日であった。

シュジャーは1809年大英帝国と同盟し、それはナポレオンロシア帝国の共同によるインド侵攻に対抗する意味合いがあった。

1809年5月3日、彼は前王マフムード・シャーにより廃位させられ、インドに亡命した。しかし、彼はそこで Jahandad Khan Bamizai に捕まり、アトック(1811~12年)およびカシミール(1812~13年)で投獄された。その後、彼はシク王国ランジート・シングに引き渡され、ラホールで投獄された(1813~14年)。有名な宝石コ・イ・ヌールの保有者であった彼は、自由を得るためにやむなく、それを捕縛者の手に引き渡した。彼は初め パンジャブに住み、その後ルディヤーナーに移った。

1833年、彼はパンジャブランジート・シングと密約を結んだ。彼はパンジャブを経由して進軍することを許可され、そして王位への復帰の暁には、彼はシーク教国にペシャーワルを割譲することとされた。申し合わせの通り翌年の戦役において、ハリ・シン・ナルワ将軍に指揮されたシーク軍がペシャーワルを攻撃すると同時に、シュジャーはカンダハールに進撃した。7月にシュジャー・シャーは、ドースト・ムハンマド・ハーン指揮下のアフガン軍により、カンダハールで撃退され、逃走した。一方でシーク軍はペシャーワルを手にした。

1838年、彼はアフガニスタン攻めのために、イギリスとパンジャブの支援を得た。これにより第一次アングロ・アフガニスタン戦争(1838~42年)が勃発した。1839年8月、シュジャーはイギリスの手により、廃位からおよそ30年ぶりに王位を回復した。しかし、イギリスが撤退したとき、彼にはもはや何の力も残されてはいなかった。1842年4月、彼はシュジャー・ウッダウラ Shuja ud-Daula により暗殺された。

参考文献[編集]

  • Divan-i-Shuja (1825)
  • Memoirs of Shuja ul-Mulk Shah, King of Afghanistan (1826)

外部リンク[編集]


先代:
マフムード・シャー
アフガニスタン国王
ドゥッラーニー朝
1803年 - 1809年
次代:
マフムード・シャー
先代:
ドースト・ムハンマド・ハーン
アフガニスタン国王
ドゥッラーニー朝
1839年 - 1842年
次代:
ドースト・ムハンマド・ハーン