アマーヌッラー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマーヌッラー・ハーン
امان الله خان
アフガニスタン首長・国王
King Amanullah Khan.jpg
アマーヌッラー・ハーン
在位 1919年2月28日 - 1926年6月7日アフガニスタン首長
1926年6月7日 - 1929年1月14日アフガニスタン国王
全名 امان الله
アマーヌッラー
出生 1892年6月1日
Flag of Afghanistan (1880–1901).svg アフガニスタンパグマン
死去 1960年4月25日(満67歳没)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
配偶者 ソラヤ・タルズィー
王朝 バーラクザイ朝
父親 ハビーブッラー・ハーン
母親 サルワル・スルタナ・ベグム
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

アマーヌッラー・ハーンパシュトゥー語: امان الله خان‎, ラテン文字転写: Amānullāh Khān1892年6月1日 - 1960年4月26日)は、アフガニスタン首長・国王(在位:1919年2月28日 - 1929年1月14日)。ハビーブッラー・ハーンの三男。

生涯[編集]

1919年2月21日の国王ハビーブッラー・ハーンの死後、2月27日、叔父のナスルッラー・ハーンを追い出して国王(アミール)を宣言した。2月28日、アフガニスタンの独立を宣言した。

対外的には、5月にイギリスに対してジハードを宣言し、イギリス領インドパンジャーブ州パシュトゥーン人に蜂起を煽動した。これにより、第三次アフガン戦争が勃発した。イギリスは、アフガニスタンに1ヶ月間部隊を投入したが、顕著な軍事的及び政治的成果を収められずに退却し、対外政策問題も含めてアフガニスタンの独立が承認された。また、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国と外交関係を樹立した。

アフガニスタンの聖職者階級は、当初新国王を支持していたが、すぐに積極的な敵対派に変わった。聖職者の特別な不満を引き起こしたのは、多妻制及び未成年者との結婚の禁止、チャードルを被る義務の撤廃、並びに女学校の開校及び教育に対する聖職者階級の監督の廃止等、オスマン帝国で行われたような改革の実施だった。そして1923年以降、改革に不満を持った保守派の蜂起が頻発した。1923年、ハザラジャート州で、1924年、パクティヤー州でそれぞれパシュトゥーン人の蜂起が起こったが、これらを鎮圧した。

1926年6月7日、国王の称号をアミールからシャーに変更した。同年、ソビエト連邦と中立及び相互不可侵条約を締結した。

1928年、カーブルの男性に洋服の着用を義務付ける命令を公布するも、この命令は結果的にアマーヌッラーの致命傷となった。同年、シンワラ等の地で反乱(「バッチャ・サカオの乱」)が起こった。これを好機と見たイギリスは、タジク人の反乱指導者ハビーブッラー・カラカーニー英語版に資金と武器を手渡してアマーヌッラーの打倒に乗り出した。ハビーブッラー・カラカーニーの部隊がカーブルを占領すると、1929年1月14日、兄のイナーヤトゥッラーに王位を譲り、イタリアに亡命した。

イタリア及びスイスで私人として暮らし、政治から退いた。1960年、チューリッヒで死去。

関連項目[編集]

先代:
ナスルッラー・ハーン
アフガニスタン国王
1919年 - 1929年
次代:
イナーヤトゥッラー・シャー