バーラクザイ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタン首長国
アフガニスタン王国
パシュトー語إمارة أفغانستان
(アフガニスタン首長国)
      パシュトー語د افغانستان واکمنان
      ダリー語پادشاهي افغانستان,
(アフガニスタン王国)
ドゥッラーニー朝
グレートブリテン及びアイルランド連合王国
1826年 - 1973年 アフガニスタン共和国 (1973年-1978年)
アフガニスタン王国の国旗 アフガニスタン王国の国章
(国旗) (国章)
アフガニスタン王国の位置
公用語 パシュトー語
ペルシア語
首都 カーブル
ハーン(1826-1835)、アミール(1835-1926)、シャー(1926-1973)
1826年 - 1863年 ドースト・ムハンマド・ハーン
1933年 - 1973年 ザーヒル・シャー
変遷
ハン国成立 1826年
首長国に変更 1835年
イギリスの保護国 1880年
独立回復 1919年8月8日
王国に変更 1926年6月9日
滅亡 1973年7月17日
通貨 アフガンルピー
アフガニ

バーラクザイ朝は、19世紀中盤から1973年までアフガニスタンに存在した王朝。首都はカーブル

歴史[編集]

バーラクザイ・ハン国[編集]

1826年、ドゥッラーニー部族連合バーラグザイ部族の長ムハンマド・アズィームの弟、ドースト・ムハンマド・ハーンドゥッラーニー朝から独立してハン国を建国。

アフガニスタン首長国[編集]

1835年には国王の称号をアミールに変え、アフガニスタン首長国en)となった。

対外的には、ロシアイギリスの対立を利用しつつ、3度に渡るイギリスの侵略を退け、独立を確保し、現在の国境線を画定した。また、このアフガン戦争中、外敵に対しては一致団結して戦い、アフガン人としての意識も芽生え始めた。

アフガニスタン王国[編集]

第3次アフガン戦争でイギリス軍を退けたアマーヌッラー・ハーンは、急進的な改革を進め、1926年には国王の称号をシャーに変え、アフガニスタン王国en)となった。急激な改革は、聖職者階級の反発をまねき、各地に僭称者が乱立することとなった。

1929年、ムハンマド・ナーディル・シャーがこの混乱を収め、翌年、シャーに即位した。このナーディル・シャーと息子のザーヒル・シャーの2代を区別して、ナーディル・シャー朝と呼ぶこともある。

ナーディル・シャー朝では、聖職者階級との妥協が図られ、パシュトゥーン人色が強まった。しかしながら、このような態度は、急進改革派の不満をまねき、1973年、ザーヒル・シャーの従兄弟、ムハンマド・ダーウードクーデターを起こし、王政を廃止した。

最後の国王ザーヒル・シャーは、アフガン国民統合の象徴として、現在も尊敬の念をもたれている。

歴代国王[編集]

アミール・アル=ムウミニーン(信徒たちの長)

国王シャー

国章[編集]

国章は、1919年に初代が制定され、何度か変更されている。

国旗[編集]

国旗も何度か変更されている。

期間 縦横比 備考
1880-1901 Flag of Afghanistan (1880–1901).svg 2:3 アブドゥッラフマーン・ハーン治世下での旗。
1901-1919 Flag of Afghanistan (1901–1919).svg 3:5 ハビーブッラー・ハーン治世下での旗。ハビーブッラーは父王の旗に近代的な国章を加えた。
1919-1921 Flag of Afghanistan (1919–1921).svg 2:3 アマーヌッラー・ハーン治世でつくられた最初の旗。父王の旗の国章のデザインを変えたもの。この国章のデザイン(オクトグラム)は、オスマン帝国で一般的な様式である。
1921-1928 Flag of Afghanistan (1921–1926).svg 2:3 アマーヌッラー・ハーン治世でつくられた第二の旗。国章を囲む円を卵型にした。アフガニスタンは1926年に首長国から王国になった。
1928 Flag of Afghanistan (1926–1928).svg 2:3 アマーヌッラー・ハーン治世でつくられた第三の旗。国章を囲むオクトグラムを花輪に置き換え、国章を微修正した。
1928-1929 Flag of Afghanistan (1928–1929).svg 2:3 アマーヌッラー・ハーン治世でつくられた第四の旗。黒・赤・緑の三色旗を採用した。黒は過去(前の旗)、赤は第三次アフガン戦争(1919年)で独立のために流された血、緑は未来への希望をあらわす。1927年におこなわれた王のヨーロッパ訪問がおそらく影響している。新しい国章は二つの山から太陽が昇るもので、王国の新しい始まりを意味する。
1929 Flag of Afghanistan (1929).svg 2:3 イギリスに支援されてアマーヌッラー・ハーンを逐った叛乱指導者ハビーブッラー・カラカーニーが掲げた旗。赤・黒・白の三色旗は、13世紀にモンゴルに支配された時期に用いられた旗と同様である。
1929-1930 Flag of Afghanistan (1929–1931).svg 2:3 ムハンマド・ナーディル・シャー治世の最初の旗。黒・赤・緑の三色旗が復活した。アマーヌッラー・ハーンの二番目の旗の国章が用いられている。
1930-1973 Flag of Afghanistan (1931–1973).svg 2:3 ムハンマド・ナーディル・シャー治世で定められた第二の旗で、その子ザーヒル・シャーも用いた。オクトグラムが取り除かれ、国章が大きくなった。紋章に描かれた年号 ١٣٤٨ (イスラム暦1348年、グレゴリオ暦1929年)は、ムハンマド・ナーディル・シャーの王朝が開かれた年を示す。