ドゥッラーニー部族連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥッラーニー部族連合(ドゥッラーニーぶぞくれんごう、英語: Durrani)とは、パシュトゥーン人の部族連合の1つである。かつてはアブダーリー族と呼ばれていた。

概要[編集]

ドゥッラーニー部族連合はパシュトゥーン人の二大部族連合の1つである。ドゥッラーニー部族連合はアフガニスタンカンダハール州を中心とするアフガニスタン南西部の部族で構成されている[1]。18世紀にサドーザイ朝を作ったポーパルザイ族のサドーザイ氏族や、20世紀まで続いたバーラクザイ朝を作ったバーラクザイ族が有名である[1]

歴史[編集]

サドザーイー朝成立まで[編集]

16世紀にパシュトゥーン人はスレイマン山脈からヘラートやカンダハールなどの幹線地域に進出した。17世紀、ドゥッラーニー部族連合の前身であるアブダーリー族ヘラートに居て、サファヴィー朝の下で街道警備を行っていた。部族長の一人であるサドーはアッバース1世から部族連合の長に任命され、サドーザイ氏族の始祖となった。この頃カンダハールのギルザイ族もサファヴィー朝に従っていたが、宗教上の理由で反旗を翻し、1709年にホターキー朝を作った。

ホターキー朝とサファヴィー朝の争いは1729年まで続き、サファヴィー朝のナーディル・シャーがホタキ朝を倒した。1732年、ナーディル・シャーは戦争中に自立していたアブダーリー族に対しても戦端を開き、ヘラートを占領した。アブダーリー族は西へ追放され、ナーディル・シャーの部下になった。1736年、ナーディル・シャーはサファヴィー朝を簒奪してアフシャール朝を作り、広大な地域を征服した。

しかし1747年に暗殺され、同年サドーザイ氏族のアフマド・ハーン・アブダーリーことアフマド・シャー・ドゥッラーニーが自立して、サドーザイ朝を興した[2]

部族[編集]

カンダハール[編集]

カンダハールを中心に、ズィーラクの末裔とパンジパーオの末裔が居る[1]

ズィーラク(英語: Zirak)の末裔は以下の部族である。

サドーザイ朝を興したサドーザイ氏族などが居る。アフガニスタン大統領のハーミド・カルザイなど。
バーラクザイ朝を興した部族。アフガニスタン元国王のザーヒル・シャーなど。

パンジパーオ(英語: Panjpai)の末裔は以下の部族である。

パキスタン[編集]

カンダハールの東からパキスタン東部に居る縁戚の部族である[1]

  • スピーン・タリーン族[1]
  • トール・タリーン族[1]

スライマン山脈周辺にも以下の部族が居る[1]

  • シェーラーニー族[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ヴィレム・フォーヘルサング 『アフガニスタンの歴史と文化』 明石書店2005年、51-54頁。ISBN 978-4750320700
  2. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P339-350

関連項目[編集]