東京外国語大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京外国語大学
研究講義棟
研究講義棟
大学設置 1949年
創立 1897年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人東京外国語大学
本部所在地 東京都府中市朝日町3-11-1
キャンパス 府中(東京都府中市)
本郷サテライト(東京都文京区)
学部 外国語学部(平成23年以前入学生)
言語文化学部(平成24年以降入学生)
国際社会学部(平成24年以降入学生)
研究科 総合国際学研究科
ウェブサイト 東京外国語大学公式サイト
テンプレートを表示

東京外国語大学(とうきょうがいこくごだいがく、英語: Tokyo University of Foreign Studies)は、東京都府中市朝日町3-11-1に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は外語大(がいごだい)や外大、東京外大、東外大などで、英語ではTUFSと呼ばれる。

概観[編集]

大学全体[編集]

旧制東京外国語学校を前身とする大学である。東京大学一橋大学と同じ起源を持ち、また旧大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)とは姉妹校に当たる。

学部は、2012年3月まで、7課程26専攻を設置する外国語学部 (Faculty of Foreign Studies) のみだったが、2012年4月に改組され、2012年度入学生からは言語文化学部もしくは国際社会学部の所属となっている。専攻の言語や専攻言語に関する地域の文化に加えて人文・社会科学、さらに自然科学(おもに情報科学)を学ぶことができる。2012年4月以降改編された学部では、言語文化学部は言語教育を重視し、国際社会学部は言語以外の教育に重きを置くカリキュラムとなっている。

大学院は、教育組織として総合国際学研究科 (Graduate School of Global Studies) が設置されており、そこでは博士前期課程(4専攻)と博士後期課程(2専攻)が設置されている。

教育および研究[編集]

世界中の言語が研究・教育されており、多くの語学専門家が所属している国内では唯一の国立外国語大学である。また狭義の語学だけにとらわれず、地域研究にも力点を置き、当該言語圏の政治、経済、社会、文化、習俗などについても教育・研究を行っている日本屈指の外国語・地域研究拠点である。単科大学でありながら、長きに渡って外交、文学、学界、マスコミ、商社、教育、芸術などの広い分野において、多数の著名人・指導者を輩出し続けている。

沿革[編集]

略歴[編集]

東京外国語大学の前身教育機関である旧制東京外国語学校は一度廃校を経て復活するなど複雑な経緯をたどって設立されたため、3つの設立年代があり、後述のように東京外国語大学はそれぞれを「建学」・「創立」・「独立」と称している。現在の学則により創立年月日とされているのは1897年4月27日(高等商業学校附属外国語学校設立の日)であり、創立記念日も4月27日である(旧制校時代の沿革の詳細については東京外国語学校 (旧制)を参照)。そのため、本稿においては学則に定められた創立年である1897年を創立年としている。

年表[編集]

  • 1684年 徳川幕府は高橋景保の建議により,天文方に蘭書翻訳局蛮書和解御用を附設する。
  • 1855年 蛮書和解御用が洋学所として独立する。
  • 1857年 洋学所が蕃所調所となる。
  • 1862年 洋書調所と改称。
  • 1863年 開成所と改称。
  • 1869年 明治政府は開成所を母体に開成学校を創立、その後、大学南校に改称
  • 1871年 大学南校に独逸学仮教場を設置、大学南校を南校に改称、独逸学仮教場は洋学第一校となる。外務省が独魯清語学所を設置する。
  • 1872年 南校を母体に第一大学区第一番中学・第二番中学を設置する。
  • 1873年 第一大学区第二番中学を母体に独逸学教場を設置、さらに独逸学教場と独魯清語学所を母体として東京外国語学校を一ツ橋通町一番地に開設(建学の年)
  • 1874年 英語科が独立して東京英語学校(のちの東京大学予備門、第一高校中学校)となる
  • 1884年 所属高等商業学校を設置
  • 1885年 8月に仏・独語学科が東京大学予備門に移行、9月に東京外国語学校及び同校所属高等商業学校を東京商業学校(現一橋大学)へ統合
  • 1896年 第九帝国議会で外国語学校の開設を建議
  • 1887年 東京商業学校が高等商業学校に改称
  • 1897年 高等商業学校に附属外国語学校(英・仏・独・露・西・清・韓語の7学科)が設置される
  • 1899年 高等商業学校附属外国語学校を東京外国語学校として分離設置
  • 1944年 東京外事専門学校に改称
  • 1949年 新制東京外国語大学が発足
  • 1949年 アジア・アフリカ言語文化研究所を新設
  • 2000年 府中市へのキャンパス移転が開始
  • 2004年 法改正により、国立大学法人東京外国語大学が発足
  • 2005年 国際学術戦略本部を新設
  • 2006年 多言語・多文化教育研究センターを新設、情報処理センターを改組し総合情報コラボレーションセンターを設置、国際交流会館2号館が竣工
  • 2007年 地球社会先端教育研究センターを新設
  • 2008年 留学生支援を主とする「国際教育支援基金」で、寄付の目標額2億円を達成
  • 2009年 大学院を全面改組。4月から教育組織として総合国際学研究科を、教員組織として総合国際学研究院を設置。また、国際日本研究センター及び世界言語社会教育センターの2センターを新たに設置
  • 2012年 外国語学部を「言語文化学部」と「国際社会学部」に改組

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

校章[編集]

校章1899年に制定された。意匠は、中央の炬火と両脇の羽翼を組み合わせたもので、炬火には「L」の文字が巻きついている。炬火は「光は世を照らす」ことを、「L」はラテン語の「Lingua(言語の意)」を意味し、羽翼はその頃に設けられていた8語学科を表しているとされる。

また、2004年国立大学法人化を機に、新たにロゴマークを公募し、制定した。また、ロゴマークは商標として登録された。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 外国語学部(~2011年入学生)
    • 欧米第一課程
      • 英語専攻
      • ドイツ語専攻
    • 欧米第二課程
      • フランス語専攻
      • イタリア語専攻
      • スペイン語専攻
      • ポルトガル語専攻
    • ロシア・東欧課程
      • ロシア語専攻
      • ポーランド語専攻
      • チェコ語専攻
    • 東アジア課程
      • 中国語専攻
      • 朝鮮語専攻
      • モンゴル語専攻
    • 東南アジア課程
      • インドネシア語専攻
      • マレーシア語専攻
      • フィリピン語専攻
      • タイ語専攻
      • ラオス語専攻
      • ベトナム語専攻
      • カンボジア語専攻
      • ビルマ語専攻
    • 南・西アジア課程
      • ウルドゥー語専攻
      • ヒンディー語専攻
      • アラビア語専攻
      • ペルシア語専攻
      • トルコ語専攻
    • 日本課程
      • 日本語専攻
    • 3年進級時に選択する履修コース
      • 言語・情報コース
      • 総合文化コース
      • 地域・国際コース
      • 特化コース
        • 国際協力コース
        • 国際コミュニケーション・通訳コース
        • 日本語教育学コース
        • 英語教育学コース
        • 言語情報工学コース



  • 国際社会学部(2012年入学生~)
    • 国際社会学科
      • 注:「地域」ごとに募集。また、入学後、志望地域に関係する「言語」に配属(複数ある場合はどれか1つに配属)
        • 日本
          • 配属言語:日本語
        • 北西ヨーロッパ
          • 配属言語:英語
        • 中央ヨーロッパ
          • 配属言語:ドイツ語、ポーランド語、チェコ語
        • 西南ヨーロッパ第1
          • 配属言語:フランス語、イタリア語
        • 西南ヨーロッパ第2
          • 配属言語:スペイン語、ポルトガル語
        • ロシア
          • 配属言語:ロシア語
        • 北アメリカ
          • 配属言語:英語
        • ラテンアメリカ
          • 配属言語:スペイン語、ポルトガル語
        • 東アジア
          • 配属言語:中国語、朝鮮語
        • 中央アジア
          • 配属言語:モンゴル語、ロシア語(2年次以降はロシア語に加え、ウズベク語も学ぶ)
        • 東南アジア第1
          • 配属言語:インドネシア語、マレーシア語、フィリピン語
        • 東南アジア第2
          • 配属言語:タイ語、ラオス語、ベトナム語、カンボジア語、ビルマ語
        • 南アジア
          • 配属言語:ウルドゥー語、ヒンディー語、ベンガル語
        • 西アジア南アジア
          • 配属言語:アラビア語、ペルシア語、トルコ語
        • アフリカ
          • 配属言語:英語(英語に加え、フランス語、ポルトガル語、アラビア語のうち一つを学ぶ。さらに3年次以降はスワヒリ語も学ぶ)
        • オセアニア
          • 配属言語:英語
      • 3年進級時に選択する履修コース
        • 現代世界論コース
        • 国際関係コース
        • 地域社会研究コース


大学院[編集]

  • 総合国際学研究科(教育組織)
    • 言語文化専攻(博士前期課程
      • 言語・情報学研究コース
        • 超域研究系
          一般言語学、記述言語学、社会言語学、対照言語学、音声学、言語情報学などの観点から人間の言語について総合的に研究
        • 個別研究系
          特定の個別言語(主として27言語[1]の一つ)に対象を絞って音声学・音韻論、形態論、文法論、意味論、語用論などの観点から理論的かつ実証的に研究
      • 文学・文化学研究コース
        • 超域研究系
          超域文化、批評文化、古典文化(古典ギリシャ語文学、ラテン語文学、サンスクリット語文学)、表象文化、人類文化といった領域の事象に注目し、領域横断的なテーマを設定し研究
        • 個別研究系
          特定の言語(主として27言語の一つ)で書かれたテクスト(詩、小説、戯曲、哲学、思想)の読解を通じて、作家論、テーマ分析、物語論、イメージ論、コミュニケーション論などの観点から文学や文化を研究
    • 言語応用専攻(博士前期課程・高度専門職業人養成系)
      • 日本語教育学専修コース
      • 英語教育学専修コース
      • 言語情報工学専修コース
      • 国際コミュニケーション・通訳専修コース
    • 地域・国際専攻(博士前期課程)
      • 地域研究コース
        アジア・アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、日本の各地域に関する授業は、それぞれ歴史文化論、政治経済論という2本立てで構成されている。
      • 国際社会研究コース
        国際関係論、政治学、経済学、社会学、教育学、文化人類学やジェンダー研究、カルチュラル・スタディーズなどの体系的知識を踏まえ、主に社会科学の手法を用いて諸地域の出来事にアプローチする。
    • 国際協力専攻(博士前期課程・高度専門職業人養成系)
      • 国際協力専修コース
      • 平和構築・紛争予防専修コース
    • 言語文化専攻(博士後期課程
    • 国際社会専攻(博士後期課程)
  • 総合国際学研究院(研究及び教員組織)
    • 言語文化部門
    • 国際社会部門
    • 先端研究部門

附属機関[編集]

  • 総合国際学研究院
    • 言語文化部門
    • 国際社会部門
    • 先端研究部門
  • アジア・アフリカ言語文化研究所(ILCAA、AA研)
    • 情報資源利用研究センター (IRC)
    • フィールドサイエンス研究企画センター (FSC)
    • プロジェクト研究部
      • 情報資源戦略研究ユニット
      • 言語動態研究ユニット
      • コーパス研究ユニット
      • 文化動態研究ユニット
      • 政治文化研究ユニット
  • 留学生日本語教育センター (JLC)
  • 保健管理センター
  • 高等教育支援基盤
    • 教育情報化支援センター
    • 英語学習支援センター
    • 世界言語社会教育センター
  • 総合研究推進基盤
    • 国際日本研究センター
      • 国際日本語教育部門
      • 対照日本語部門
      • 社会言語部門
      • 比較日本文化部門
      • 国際連携推進部門
    • 語学研究所
    • 総合文化研究所
    • 海外事情研究所
    • 国際関係研究所
  • 社会・国際貢献基盤
    • 多言語・多文化教育研究センター
  • 学生支援基盤
    • グローバル・キャリア・センター
    • 留学支援室
  • 学術情報基盤
    • 附属図書館
    • 総合情報コラボレーションセンター
  • 大学連携センター
  • 大学文書館
  • 東京外国語大学出版会
  • 国際学術戦略本部(OFIAS)
    • 国際研究部門
    • 国際教育部門


国際学術戦略本部[編集]

国際学術戦略本部(とうきょうがいこくごだいがくこくさいがくじゅつせんりゃくほんぶ)(Office for International Academic Strategy、略称OFIAS)は、東京外国語大学における海外諸機関との連携、共同研究、海外研究拠点の運営、国際協力活動の効果的推進に資すると共に、海外ネットワーク、外国人研究者の受入体制の強化を図り、併せてこれらに携わる専門スタッフの人材養成を目的として2005年9月に役員会直属として設置された組織である。また、OFIASは文部科学省大学国際戦略本部強化事業に採択されている。

研究[編集]

世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業[編集]

世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業として採択2件。

  • 2006年度
研究領域2 地域のアイデンティティーの解明 -相互理解を深めるために-
中東とアジアをつなぐ新たな地域概念・共生関係の模索(中東)
東南アジアのイスラーム:トランスナショナルな連関と地域固有性の動態(東南アジア)

21世紀COEプログラム[編集]

21世紀COEプログラムとして、2件のプロジェクトが採択された。

  • 2002年
    人文科学
    言語運用を基礎とする言語情報学拠点
    学際・複合・新領域
    史資料ハブ地域文化研究拠点

グローバルCOEプログラム[編集]

グローバルCOEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2007年
    人文科学
    コーパスに基づく言語学教育研究拠点

教育[編集]

学生生活[編集]

外語祭[編集]

学園祭は「外語祭」と呼ばれ、毎年11月下旬に5日間に渡って開催される。各語科・サークル・ゼミ等が発表や出展を行う。各専攻語の1年生はキャンパス中央広場でそれぞれの専攻語が使用されている国や地域の料理を振る舞う「料理店」の出店を行い、2年生以上の学生は専攻語で外国語劇「語劇」の上演を行っている。語劇は「生きた言語取得のための26言語・語劇支援」プログラムとして、2005年度文部科学省特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)に採択された。

スポーツ[編集]

  • 硬式野球部東京新大学野球連盟に加盟している。
  • 大阪外国語大学とは毎年10月第3木曜日に東京外国語大学の体育団体協議会と大阪外国語大学の運動会(運動部統括団体)との対抗戦という形で定期競技大会が行われていた。開催は東京外国語大学と大阪外国語大学の年毎交互の持ち回りで行っていた。ただし大阪外国語大学が2007年10月1日を以て大阪大学と統合されたため、2007年の開催をもって対抗戦としての歴史を終えた。一部の運動部では現在も交流戦を行っているものもある。
  • ボートについて、筑波大学、東京海洋大学、東京工業大学及び防衛大学校との間で五大学レガッタが毎年春に開催されている。
  • ボートについて、「学内競漕大会」が毎年5月中旬の水曜日に戸田ボートコースで開催され、そこでは主に1年生を中心とした専攻語別対抗のレースが行われている。

英語能力[編集]

  • 英語専攻以外の学生であっても、英語に関する能力は総じて高い。英語専攻以外の語科では例年フランス語・ドイツ語・中国語・スペイン語・ロシア語を第一外国語とし、英語を第二外国語をする学生の入学が見られる。また、外国人留学生は概して日本語を第一外国語とし、英語を第二外国語とするケースが多い。[要出典]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 同窓会組織として有限責任中間法人東京外語会がある。
  • 留学生、外国人研究者とそれら家族の支援を目的とするボランティア組織「東京外国語大学留学生支援の会」が1999年から活動がなされている。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

府中キャンパスという名称が付いている。2000年にそれまでの西ヶ原キャンパスに替わって旧関東村(米空軍住宅施設)跡地に完成したキャンパスには大学機能の大半が集約されている。

府中キャンパス以外にサテライトキャンパスとして本郷サテライトが設置されている。

海外拠点[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

日本国内[編集]

四大学連合[編集]

東京医科歯科大学東京工業大学一橋大学との4大学で『四大学連合憲章』を2001年(平成13年)3月15日に締結、相互教育研究プログラムを展開している。これは大学の統合を目指すものではないとされる。また、四大学連合の各大学に附置されている研究所による所長懇談会も設置されている。

全国外大学長会議[編集]

日本にある「外国語(外語)大学」と名のついた大学の学長による会議。1997年に東京外国語大学の当時の中嶋嶺雄学長の呼びかけにより開催され、それ以来、年に一度のペースで開催されている。

その他[編集]

2000年10月に行われた北区西ヶ原から府中市朝日町へのキャンパス移転に伴い、多摩地区国立5大学(東京外国語大学、東京学芸大学東京農工大学電気通信大学一橋大学)間での単位互換制度を導入したほか、国際基督教大学などの周辺私立大と協定を結ぶなどしている。

日本国外[編集]

協定校・提携校[編集]

35ヶ国1地域の78大学・研究機関等と研究や教育の分野で提携を行っている。また、32ヶ国1地域の65大学・研究機関とは学生交流協定を締結し、毎年これらの大学などに1年以内の派遣学生として学生を送り出している。そして、協定校からは1年以内の短期留学生として学生を受け入れている。

アジア・アフリカ研究教育コンソーシアム (CAAS)[編集]

アジア・アフリカ地域を対象とした教育・研究に関する海外の4大学との連携。

その他[編集]

連携講座(総合国際学研究科)[編集]
国立美術館キャンパスメンバーズ[編集]

外部リンク[編集]

注記[編集]

  1. ^ 中国語、朝鮮語、モンゴル語、フィリピン語、ベトナム語、カンボジア語、ラオス語、タイ語、マレーシア語、インドネシア語、ビルマ語、ベンガル語、ヒンディー語、ウルドゥー語、ペルシア語、アラビア語、トルコ語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ポーランド語、チェコ語、日本語

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。