特色ある大学教育支援プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特色ある大学教育支援プログラム(とくしょくあるだいがくきょういくしえんプログラム、以下、特色GP:Good Practice)では、特色があり優れている大学教育システムが選ばれ、そのシステムに対し財政支援が行われる。平成15年度から実施されている。教育システム支援には他に現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)などがある。

当初は、優れた研究に助成をする21世紀COEプログラムの教育版としてとらえられ、それになぞらえてCOL(Center Of Learning)と呼ばれていた。

平成20年度からは、現代GPと合わせて発展的に「質の高い大学教育推進プログラム」(教育GP)へと統合された。

平成19年度予算額は31億円である。

特色GPの実施目的として文部科学省

  • 特色があり優れた教育について広く社会に情報提供する
  • 大学の職員・教員等に対してのインセンティブとなる事に期待
  • 高等教育における活性化の促進

などを上げている。

特色GPの選定は「特色GP実施委員会」が行っており、この組織は(財)大学基準協会が中心となり運営されている。  

採用[編集]

  • 平成15年度: 80件/664件(採択/応募)採択率0.120
  • 平成16年度: 58件/534件(採択/応募)採用率0.109
  • 平成17年度: 47件/410件(採択/応募)採用率0.115

以下に特色GPに選定された大学名を記す。カッコ内の数字は採用年度。"共同"は共同採択。

国立大学[編集]

公立大学[編集]

私立大学[編集]

短期大学[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]