豊橋技術科学大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊橋技術科学大学
キャンパス内
キャンパス内
大学設置/創立 1976年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人豊橋技術科学大学
本部所在地 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
キャンパス 本学(愛知県豊橋市)
学部 工学部
研究科 工学研究科
ウェブサイト 豊橋技術科学大学公式サイト
テンプレートを表示

豊橋技術科学大学(とよはしぎじゅつかがくだいがく、英語: Toyohashi University of Technology、公用語表記: 豊橋技術科学大学)は、愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1に本部を置く日本国立大学である。1976年に設置された。大学の略称は技科大、豊技大、TUT、Toyohashi Tech。

概要[編集]

豊橋技術科学大学は、日本の国立大学である。大学院修士課程までの一貫教育や4年次の実務訓練(必修のインターンシップ)が特色の新構想大学。4年計画(学部4年)ではなく6年計画(学部4年、修士2年)また高専からの編入生を対象にした4年計画(学部2年、修士2年)でカリキュラムを組んでいる。学部一年次から大学院進学を前提の教育を行うため、講義の内容や単位認定が厳しくなっている。また大学院を重視しているため学部定員と大学院定員がほぼ同じ人数になっている。卒業生の8割以上が大学院へ進学する。日本に二校ある技術科学大学の一つ(もう一校は新潟県長岡市長岡技術科学大学)。高等専門学校等からの三年次編入生が8割近くを占める。通常の国立大学への入学方法(センター試験及び二次試験)で入学する学生の割合は1割以下である。グローバルCOEや研究大学強化促進事業の採択、企業と連携した実務訓練、MOT等、活発な産学連携活動や研究活動が特徴的である。


講義は2009年度まで三期制(一学期、二学期、三学期)を採用しており、一日の授業数は六時間授業(一コマ75分)となっていたが、2010年度の学内再編成を機に二期制(前期、後期)、五時間授業(一コマ90分)に変更された。学部第4年次には約2ヶ月間の実務訓練が必修教科としてカリキュラムに組み込まれている。

課外活動ではロボコン同好会が大学ロボットコンテストの全国大会NHK大学ロボコンで、大会最多の6回優勝している。

沿革[編集]

  • 1974年4月11日 昭和49年度予算で技術科学大学院(仮称)の豊橋市設置が決定
  • 1976年5月25日 国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和51年法律第26号)の施行により、豊橋技術科学大学の新設公布
  • 1976年10月1日 豊橋技術科学大学開学
  • 1977年4月18日 工学部にエネルギー工学課程、生産システム工学課程、電気・電子工学課程、情報工学課程、物質工学課程、建設工学課程を設置
  • 1978年4月24日 第1回入学式を挙行
  • 1980年4月1日 大学院工学研究科修士課程を設立
  • 1986年4月1日 大学院工学研究科博士後期課程に材料システム工学専攻、システム情報工学専攻を設立
  • 1987年4月1日 大学院工学研究科博士後期課程に総合エネルギー工学専攻を設立
  • 1988年4月1日 工学部に知識情報工学課程を設立
  • 1991年4月1日 大学院工学研究科修士課程に知識情報工学専攻を設立
  • 1993年4月1日 工学部にエコロジー工学課程を設立
  • 1995年4月1日 大学院工学研究科博士後期課程を再編成し、機械・構造システム工学専攻、機能材料工学専攻、電子・情報工学専攻、環境・生命工学専攻を設立
  • 1996年4月1日 エネルギー工学課程/専攻を機械システム工学課程/専攻に改称
  • 1997年4月1日 大学院工学研究科修士課程にエコロジー工学専攻を設立
  • 2000年2月1日 修士課程英語特別コース受け入れ開始
  • 2004年4月1日 国立大学法人豊橋技術科学大学を設立
  • 2010年4月1日 学内再編成により、機械工学課程/専攻、電気・電子情報工学課程/専攻、情報・知能工学課程/専攻、環境・生命工学課程/専攻、建築・都市システム学課程/専攻を設立
  • 2010年10月1日 エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)を設置
  • 2012年4月1日 大学院工学研究科博士後期課程を再編し、機械工学専攻、電気・電子情報工学専攻、情報・知能工学専攻、環境・生命工学専攻、建築・都市システム学専攻を設立 

基礎データ[編集]

所在地、アクセス[編集]

キャンパスの敷地面積は広大だが、豊橋市の中心部からかなり外れた位置にある。そのため、キャンパス内に大きな駐車場がいくつか存在し、大学としては珍しく学生の車での通学を全面許可している。立地上の最寄駅であるJR二川駅および豊橋鉄道渥美線芦原駅からはバスなどの公共交通機関がない上に歩くには相当な距離があるので、有効な交通手段は現在のところ豊橋駅から30分程度を要する路線バス(豊鉄バス:豊橋技科大線)のみであり、実質的な最寄り駅は豊橋駅となっている。

組織[編集]

工学部・大学院工学研究科[編集]

学部は工学部、大学院は工学研究科のみ。2010年4月に学部と大学院博士前期(修士)課程、2012年4月に大学院博士後期課程の学内再編成があり、5つの課程・専攻と総合教育院が設置されコース制が導入された。

機械工学課程/専攻(1系)

  • 機械・システムデザインコース
  • 材料・生産加工コース
  • システム制御・ロボットコース
  • 環境・エネルギーコース

電気電子情報工学課程/専攻(2系)

  • 材料エレクトロニクスコース
  • 機能電気システムコース
  • 集積電子システムコース
  • 情報通信システムコース

情報・知能工学課程/専攻(3系)

  • 情報工学コース
  • 知能情報システムコース

環境生命工学課程/専攻(4系)

  • 未来環境工学コース
  • 生命・物質工学コース

建築都市システム学課程/専攻(5系)

  • 建築コース
  • 社会基盤コース

総合教育院※

  • 各課程・各専攻における人文・社会・自然科学・外国語・体育等の諸分野にわたる一般教育、留学生に対する日本語・日本文化の教育を担当する。
  • 社会文化学分野
  • 自然科学・基礎工学分野
  • 計画・経営科学分野

旧課程・旧専攻(修士課程)[編集]

第3年次編入学については、2012年度編入学者より新課程による募集(2011年度編入学は旧課程による募集)

  • 機械システム工学課程/専攻(一系)… 平成19年度JABEE認定
  • 生産システム工学課程/専攻(二系)… 平成17年度JABEE認定
  • 情報工学課程/専攻(四系)… 平成18年度JABEE認定
  • 物質工学課程/専攻(五系)… 平成18年度JABEE認定
  • 建設工学課程/専攻(六系)… 平成18年度JABEE認定
  • 知識情報工学課程/専攻(七系)…平成19年度JABEE認定
  • エコロジー工学課程/専攻(八系)…(平成20年度JABEE認定予定)
  • ※人文、社会工学系(九系)
各課程・各専攻における専門教育。人文・社会・自然科学・外国語・体育等の諸分野にわたる一般教育。
(この学系は学生の受け入れは行われていない)

旧博士後期課程[編集]

2012年度大学院博士後期課程再編以前の入学者の専攻。(2012年度入学者より新専攻による募集)

  • 機械・構造システム工学専攻
  • 機能材料工学専攻
  • 電子・情報工学専攻
  • 環境・生命工学専攻

教員組織[編集]

  • 機械工学系        
  • 電気・電子情報工学系 
  • 情報・知能工学系   
  • 環境・生命工学系   
  • 建築・都市システム学系

研究所・センター[編集]

エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS、写真左)とベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)

  • 2010年10月に設立された。アドバンスメディカルイノベーション部門、ブレインテクノロジーイノベーション部門、グリーンテクノロジーイノベーション部門の3研究部門、研究支援・人材育成部門(テニュアトラック・プログラム)および以下の附属研究施設から成る。
  • ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)
  • インキュベーション施設(ICVB)

国際基盤機構

  • 工学教育国際協力研究センター(ICCEED)
  • 国際交流センター(CIR)

技術創成研究機構

  • 研究基盤センター
  • 未来ビークルシティリサーチセンター
  • 安全安心地域共創リサーチセンター(CARM)
  • 人間・ロボット共生リサーチセンター
  • 先端農業・バイオリサーチセンター

情報基盤機構

  • 附属図書館
  • 情報メディア基盤センター

その他

  • 体育・保健センター

研究・教育プロジェクト[編集]

  • テーラーメイド・バトンゾーン教育プログラム
    • 平成22年度にスタートした大学院博士前期・後期課程向けの教育プログラム。企業経営者(トップ)らとディスカッションする機会を設けるなど、研究能力のみならず経営センスを持ち、社会や企業を牽引できるリーダー育成を行う。
  • グローバルCOEプログラム (COE)
    • 平成19年度 インテリジェントセンシングのフロンティア
  • 21世紀COEプログラム (COE)
    • 平成14年度 インテリジェントヒューマンセンシング
    • 平成14年度 未来社会の生態恒常性工学
  • 特色ある大学教育支援プログラム (特色GP)
    • 平成15年度 社会のダイナミズムに連動する高等技術教育(実務訓練制度)
  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム (現代GP)
    • 平成16年度 地域協働型工房教育プログラム

JABEE認定[編集]

平成17年度に生産システム工学課程が、平成18年度には電気電子工学課程、情報工学課程、物質工学課程、建設工学課程が、平成19年度には機械システム工学課程、知識情報工学課程がJABEE認定を受けた。

施設[編集]

D研究棟

教育・研究実験施設[編集]

A講義棟群(レッド)

  • 講義棟、ホール

B研究棟群(イエロー)

  • 環境・生命工学系(旧 物質工学系)、総合教育院(旧 人文・社会工学系)、教務棟、学生課、入試課、国際交流課

C研究棟群(グリーン)

  • 電気・電子情報工学系(旧 電気・電子工学系)、情報・知能工学系(旧 情報工学系)

D研究棟群(ブルー)

  • 機械工学系(旧 機械システム工学系、旧 生産システム工学系)、建築・都市システム学系(旧 建設システム工学系)、研究協力課

E研実験群(オレンジ、ホワイト)

  • 低層実験棟

F研究棟(バイオレット)

  • 情報・知能工学系(旧 知識情報工学系)、工学教育国際協力研究センター(ICCEED)

G研究棟(グレイ)

  • 環境・生命工学系(旧 エコロジー工学系)

先端融合施設群

  • エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)、ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)、固体機能デバイス研究施設

福利施設

  • 食堂、売店、ひばりラウンジ、学生交流会館

事務局

  • 総務課、会計課、研究協力課、施設環境課

附属図書館

  • 教務課(図書・情報グループ)

学生寮・宿泊施設[編集]

豊橋技科大には6棟の学生宿舎(学生寮)、非常勤講師等宿泊施設、短期滞在研究者用宿泊施設がある。

学生宿舎(学生寮)

  • A - D棟(学部男子学生、留学生含む)
  • E棟(大学院男子学生、留学生含む)
  • F棟(学部・大学院女子学生、大学院男子学生)

研究者(短期滞在)宿泊施設

  • ヴィレッジ天伯

非常勤講師等宿泊施設

  • ひばり荘

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

関連項目[編集]

Wiki関係他プロジェクトリンク[編集]

外部リンク[編集]