東京経済大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京経済大学
東京経済大学
東京経済大学
大学設置 1949年
創立 1900年
学校種別 私立
設置者 学校法人東京経済大学
本部所在地 東京都国分寺市南町1-7-34
キャンパス 国分寺キャンパス - 東京都国分寺市
武蔵村山キャンパス - 東京都武蔵村山市
学部 経済学部経済学科
経済学部国際経済学科
経営学部経営学科
経営学部流通マーケティング学科
コミュニケーション学部コミュニケーション学科
現代法学部現代法学科
研究科 経済学研究科
経営学研究科
コミュニケーション学研究科
現代法学研究科
ウェブサイト 東京経済大学公式サイト
テンプレートを表示

東京経済大学(とうきょうけいざいだいがく、英語: Tokyo Keizai University)は、東京都国分寺市南町1-7-34に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は東経大(とうけいだい)、TKU。

概観[編集]

大学全体[編集]

東京経済大学の前身は、大倉財閥を作った大倉喜八郎によって1900年に現在の東京・虎ノ門に創立された大倉商業学校。大倉は、その設立の趣旨を次のように述べている[1]

条約改正が実現し、内地雑居が近く行われる。しかしわが国の商業者の知識は昔と変わらない。このままで進むと対等条約と内地雑居の実施の結果、わが国の商業界は外国人に独占されることになろう。自分が外国に支店を設けて有為の青年を派遣してきたのは外国人に対抗するためである。そこで、自分の還暦と結婚満25年を記念して、商業学校を設けて多数の商業者を育成し、世のために尽くしたい。

大倉 喜八郎

創立委員として大倉の友人である石黒忠悳(大倉商業学校と大倉高商で理事・督長を歴任)・渡邊洪基(大倉商業学校の督長を歴任)・澁澤榮一が参画し、1919年には旧制専門学校の大倉高等商業学校(大倉高商)を開校。1946年には大倉経済専門学校(大倉経専)として現在の国分寺キャンパスに移転、その3年後に大学に昇格[2]

創立時の所在地は、大倉喜八郎の邸宅(現在はホテルオークラ大倉集古館が建つ)の隣接地であった港区赤坂葵町(現・港区虎ノ門)であった[3]。国分寺市へ移転後は、同地に新日鉱本社ビルなどが建設されている。なお、同地には創学の碑がある[4]

建学の理念[編集]

  • 進一層 (Forward Forever)[1]
  • 責任と信用 (Be Honest and Responsible Citizens)[1]

「責任と信用」については、大倉喜八郎の1928年1月9日の始業式での訓話を元にしている[1]

凡そ、何事を為すにも、最も大切なのは信用である。信用の無い人間は首の無い人間の様なもので、人間として少しの値打ちもありません。自分の仕事に対して責任を重んじ、一旦口で言ったことは必ず実行する、約束した以上は決して違はないといふことが、土台となって、夫れから信用が生まれ出るのであります。

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1900年(明治33年)大倉商業学校創立(修業年限 予科2年・本科4年)[2]。赤坂葵町に校舎竣工。
  • 1901年(明治34年)夜学専修科開設(修業年限2年)。
  • 1903年(明治35年)夜学専修科第1回卒業式。卒業生24名。本科・予科の学年開始期を9月から4月に変更認可。
  • 1904年(明治37年)大倉商業学校校友会発足。本科第1回卒業式、卒業生13名。
  • 1906年(明治39年)夜学高等科開設(修業年限1年)。
  • 1909年(明治42年)大倉商業学校同窓会設立。
  • 1910年(明治43年)夜学専修科の修業年数を2年から2年6ヶ月に延長。
  • 1915年(大正4年)夜学高等科、夜学選科に改称。図書館竣工。
  • 1917年(大正6年)本科を一部(国語漢文・工業知識重視)と二部(英語重視)に分ける。
  • 1918年(大正7年)夜学選科募集停止。
  • 1919年(大正8年)大倉高等商業学校へ昇格[2]
  • 1920年(大正9年)大倉商業学校本科の修業年限を6年から5年に変更。大倉高等商業学校本科開設(修業年限3年、総定員350名)。
  • 1923年(大正12年)大倉高等商業学校第1回卒業式、卒業生26名。大倉商業学校本科廃止。夜学普通科開設(修業年限4年、総定員400名)。関東大震災により図書館を除き校舎全焼。麻布中学校の校舎を借用して授業再開。
  • 1924年(大正13年)道場竣工。端艇部、全日本選手権に初出場。
  • 1925年(大正14年)大倉高等商業学校同窓会を葵友会に改称。
  • 1928年(昭和3年)『大倉高商新聞』創刊。大倉喜八郎死去。
  • 1937年(昭和12年)新聞部が解散され学報部が発足。『大倉高商新聞』は『大倉高商学報』と改題。
  • 1944年(昭和19年) 大倉経済専門学校に改称[2]。『大倉高商学報』が休刊。
  • 1945年(昭和20年)空爆により赤坂葵町校地罹災、校舎の大半を焼失。
  • 1946年 (昭和21年)東京都港区赤坂葵町から国分寺市へ移転[2]。『大倉経専学報』復刊。
  • 1949年(昭和24年) 新制東京経済大学発足、第一学部(経済学科・商学科)、第二学部(経済学科・商学科)を設置[2]。『大倉高商新聞』が改称し、『東京経済大学新聞』創刊。水上運動会復活。
  • 1950年(昭和25年)短期大学部商経科を設置[2]
  • 1954年(昭和29年)第一学部・第二学部を経済学部第一部・第二部に改称。第一校舎(のちの第二学生会館)竣工。
  • 1956年(昭和31年)学生寮葵寮の北寮で火災。学生大会にて新聞部が解散し、新聞会が発足。
  • 1957年(昭和32年)ゼミナール連合会結成。体育館竣工。
  • 1959年(昭和34年)本館(現・一号館)竣工。生協、購買部と喫茶部設置。
  • 1960年(昭和35年)学友会が体育会と文化会に分離。
  • 1961年(昭和36年)事務分掌規程施行、総務部、学務部、就職課などを設置。路線側の本館正門に正門設置(現在は閉鎖)。
  • 1962年(昭和37年)東京経済大学奨学金規程施行。
  • 1963年(昭和38年)第二校舎(旧三号館、2012年新図書館建設のため解体)、大教室棟(現・四号館)竣工。小平市小川町に学生寄宿舎(葵寮)竣工。
  • 1964年(昭和39年) 経営学部経営学科を設置[2]。戸田新艇庫竣工。「武蔵野歩こう会」開始。
  • 1966年(昭和41年)村山運動場開設。線路沿いの通学路閉鎖。
  • 1968年(昭和43年)図書館竣工。それに伴い、堀図書館閉館。部室棟が火災で焼失。研究室棟(現・第一研究センター)竣工。学生部開設。
  • 1969年(昭和44年)大学立法反対の全学スト実施。警察機動隊の構内乱入事件が発生。
  • 1970年(昭和45年) 大学院開設[2]。村山武道場竣工。
  • 1971年(昭和46年)本学生協、大学生協東京事業連合に加入。
  • 1975年(昭和50年)短期大学部第一部に国際コース開設。葵陵会館、第一学生会館竣工。食堂利用開始。
  • 1976年(昭和51年)第二研究室棟(現・第二研究センター)竣工。
  • 1977年(昭和52年)第四校舎(旧五号館、2010年建て替えのため解体)竣工。
  • 1979年(昭和54年)推薦入学選考、開始。
  • 1980年(昭和55年)本学の英語表記をTokyo College of EconomiscからTokyo Keizai Universityに変更。
  • 1981年(昭和56年)端艇部がミュンヘンの世界選手権に出場。
  • 1982年(昭和57年)第二フリスビー部男子、世界選手権大会に出場。第1回国分寺市民大学講座開催。
  • 1983年(昭和58年)東京経済大学父母の会発足。前年度に引き続き、第二フリスビー部男子、世界選手権大会に出場。
  • 1984年(昭和59年)体育館、第一校舎などの武蔵村山キャンパス新校舎竣工。
  • 1985年(昭和60年)国分寺キャンパス各校舎の呼称を現行の1~5号館に変更。
  • 1987年(昭和62年)オープンキャンパス開始。
  • 1988年(昭和63年)葵陵会館の大学食堂をカフェテリア方式に改装。
  • 1989年(平成元年)葵友会創立80周年の記念として建学の由来碑設置。
  • 1990年(平成2年)東京経済大学発祥の地記念碑設置。村山研修ハウス竣工。
  • 1993年(平成5年)海外協定大学との交換学生の単位互換制度開始[要出典]。劇団みつばち初公演。
  • 1995年(平成7年)6号館竣工。
  • 1998年(平成10年)葵寮閉寮。経営学部中通マーケティング学科開設。学生厚生会館竣工。
  • 1999年(平成11年)100周年記念館竣工。新正門完成。
  • 2000年(平成12年) 創立100周年。現代法学部を設置[2]。大倉喜八郎翁胸像が寄贈される。
  • 2003年(平成15年)学内の新次郎池が東京の名湧水57選に選ばれる。
  • 2004年(平成16年)改築戸田艇庫竣工。
    • 大学院コミュニケーション学博士課程で日本初のコミュニケーション学博士が誕生[5]
    • 「21世紀教養プログラム」を設置[2]
    • 短期大学部廃止[2]
  • 2007年(平成19年)「東経大チャレンジシステム」(文部科学省「学生支援GP」)開始[2]
  • 2010年(平成22年)
  • 2012年(平成24年)新5号館竣工。旧3号館解体。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

学章[編集]

東京経済大学の学章(校章)は葵の葉がデザインされたものであり、これは前身である大倉商業学校があった赤坂葵町の町名に由来するものである[9]

スクールカラー[編集]

  • スクールカラーは黄色と青色が定められている[要出典]

学歌・応援歌・大学讃歌[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

大学院(修士・博士課程)[編集]

付属機関[編集]

2004年に「プロジェクト研究所規程」が設けられ、東京経済大学の専任教員を所長とする3年から5年の時限付きのプロジェクト研究所が設置されるようになった[12]

研究[編集]

  • 21世紀COEプログラムの採択はない。
  • グローバルCOEプログラムの採択はない。
  • 私立大学学術研究高度化推進事業の採択はない。

教育[編集]

下記の取組がなされている。

  • TKUチャレンジシステム
    • TKUベーシックプログラム(全学生対象)
      すべての学部学生が身につけるべき「10の力」を「TKUベーシック力」と定め、身近な目標を提示しつつ、その修得支援を行うプログラムである[13][14]。学びの指針としてこの大学オリジナルの『ベーシック力ブック』が全学生に配布されている[15]
      • 学習センター
        入学から卒業まで学生の「TKUベーシック力」修得を総合的にサポートする「学習センター」が開設され、教員運営委員、職員サポーター、学生サポーターの三者協働で個別相談や独自講座・イベントが運営されている[14][16]
    • TKUアドバンストプログラム(選抜制)
      資格取得、就職、国際体験、語学ブラッシュアップなど、学生が目標を定めて高度な専門知識を修得するのを支援するためのプログラム[17][18]
      • 会計プロフェッショナルプログラム(1学年50名[18]
        大学在学中の公認会計士試験、税理士試験合格をめざすプログラム[17]
      • 法プロフェッショナルプログラム(1学年20名[18]
        法科大学院への進学、司法書士、企業の法務・コンプライアンス部門の専門家等をめざす学生のためのプログラム[18]
      • 金融キャリアプログラム (1学年30名[18]
        フィナンシャルプランナー資格の取得、また金融業界就職をめざず学生のためのプログラム[17]
      • グローバルキャリアプログラム(1学年30名[18]
        グローバルビジネスで活用可能な実践的コミュニケーション能力修得をめざす学生のためのプログラム[17]
      • TKUベルリッツプログラム(1学年90名[18]
        語学学校ベルリッツの教育システムを導入した語学プログラムであり、全員がTOEIC600点以上を取得することを最低目標としている[18]
      • PRプロフェッショナルプログラム(1学年20名[18]
        大学在学中のPRプランナー補資格、社会調査士資格取得をめざすプログラム[17]
  • 学部教育改革・早期卒業制度
    成績優秀でありかつ大学院進学を希望する学生を対象に、学部を3年間で卒業させ、この大学の大学院に進学させる制度[19]。2010年の学部入学生から対象となり、2013年から早期卒業者選考を開始する[20]

採択されているプログラム[編集]

  • 新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生支援GP)
    • TKUベーシックプログラム(2007年(平成19年度)採択)[21]
      上記「TKUチャレンジシステム」の一部。
  • 大学生の就業力育成支援事業(就業力GP)
    • TKUエンプロイアビリティ養成プログラム(2010年(平成22年度)採択)[7]
      キャリア形成科目の展開と、学習履歴や課外活動などを記録するキャリア・ポートフォリオを活用して、学生の就業力獲得をめざすプログラム[22]

学生生活[編集]

学生団体[編集]

東京経済大学では、全学生から会費を徴収して活動を行う大学公認の学生組織を学生団体という[23]。加盟サークルが25団体、準加盟サークルが2団体(2009年1月時点)である文化会、加盟サークルが30団体、準加盟サークルが1団体(2009年1月時点)である体育会のほか、葵祭実行委員会、新聞会、学生会、生協学生委員会、ゼミナール連合会が学生団体として公認されている[24]。学生会は、聴講生を含む全学生が構成員である。民青全学連に加盟しており、すでに大学を卒業あるいは中退した活動家が同全学連の役員になるために本学の聴講生になることによって学生会員になることが多かったが、2012年に同全学連を脱退した。

学園祭[編集]

  • 葵祭
    10月末から11月初旬頃にかけて実施される[25]。前身である大倉高等商業学校の「記念祭」を引き継いで実施されている大学祭[26]。名称は大倉高等商業学校のあった赤坂葵町の町名に由来する[26]
  • 葵祭水上運動会(ボート競技大会)
    葵祭のプレ企画[27]。1902年から開催されている行事で、大倉高等商業学校時代は隅田川で開催されていたが、現在は埼玉県にある戸田漕艇場で行われている[要出典]

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

同窓会[編集]

  • 葵友会
    卒業生と教職員経験者・支援者を会員とし、地域・職域支部および業界別組織を持つ[30]
    • 地域支部
      全国各都道府県に55支部[30]
    • 職域(企業)支部
      20余の職域支部がある[30]。大成建設・日立・東芝・みずほ銀行等[要出典]
    • 業種別組織
      大学当局(就職指導部)、各学部の教授陣、就職指導担当教員が参加しており、現役学生の就職指導にあたっている[30]
      • 葵金融会
        銀行、証券、保険業等、金融業界に勤務する卒業生の組織[30]
      • 大倉公認会計士会
        卒業生である公認会計士を会員とする。会員数100人程度[30]
      • 税理士葵会
        卒業生である税理士を会員とする[30]。会員数500人程度[要出典]
      • 葵マスコミ会
        言論、通信社、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、広告等メデイア等に勤務する卒業生の組織[30]
      • 葵流通会
        総合商社、百貨店、スーパー、コンビニ等、流通業界に勤務する卒業生の組織[30]。。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

2010年より、中規模教室の増設と図書館の機能向上などを目的として、国分寺キャンパスの再開発を実施している。この工事に伴い、2010年には旧5号館が解体され、2012年には新規の中規模教室に併せ、旧5号館と旧3号館の大教室・PCL教室等の機能を継承した新5号館が竣工し、旧3号館が解体された。新図書館の竣工は2013年12月の予定である[31]。また、新図書館竣工後に現図書館の改修工事を行い、大倉喜八郎進一層館となる予定である。[32]

国分寺キャンパス[編集]

新次郎池

国分寺キャンパス内を国分寺崖線が貫いており、構内東南端には2003年東京都名湧水57選に選ばれた「新次郎池」がある[34]。その名称は、1957年から10年間学長を務めた北澤新次郎の名に由来する[35]。また、構内にある大学図書館は1968年日本建築学会賞作品賞[36]、大学本館は第1回BCS賞[37]それぞれ受賞した建築物である。

施設一覧[38][編集]
  • 仮設校舎・(新)5号館以外は2010年のキャンパス再開発開始時点で存在していた建物のみ表記している。
  • 施設名が斜体になっている施設は2010年以降に解体された施設を表す。
施設名 竣工年 主な施設機能 備考
1号館 1959年 大学本部、中・小規模教室、ゼミ教室 第1回BCS賞受賞。
2号館 2000年 大・小規模教室
3号館(解体) 1963年 大規模教室、PCL教室、CSC関連施設 2012年解体。
4号館 1963年 大規模教室
(新)5号館 2012年 大・中・小規模教室、PCL教室、ゼミ教室
(旧)5号館(解体) 1977年 中規模教室 2010年解体。
6号館 1995年 事務室、中・小規模教室、PCL教室、研究室、会議室 コミュニケーション学部開設に伴い建設。
図書館 1968年 図書館 1968年日本建築学会賞作品賞を受賞。
学生厚生会館 1998年 大学生協本部・売店、学生ラウンジ、部室
葵陵(きりょう)会館 1975年 食堂、売店、ラウンジ
学生会館 1975年 部室
100周年記念館 1999年 アリーナ、体育室
仮設校舎 2010年 CSC関連施設、AVセンター 2011年度までは中規模教室として使用。
第一研究センター 1968年 研究室
第二研究センター 1976年 研究室
第三研究センター 2000年 研究室・大学院

武蔵村山キャンパス[編集]

  • 使用学部:全学部(体育・保健系科目の講義および実習)
  • 使用研究科:なし
  • 交通アクセス:立川バス新海道停留所より徒歩5分[39]

主に体育科目の施設と、体育会系サークル用のクラウンド・施設が整備されており[39]、地域貢献の一環として、武蔵村山市市民大学講座[40]や施設の開放[41]が実施されている。

対外関係[編集]

地方自治体との協定[編集]

  • 東京経済大学・国分寺地域連携推進協議会(2004年)[42]

他大学との協定[編集]

複数大学間協定[編集]

個別協定校[編集]

友好校[編集]

社会との関わり[編集]

国分寺キャンパス、武蔵村山キャンパスの近隣地域との関係を重視し、「国分寺地域連携推進協議会」、「公開講座」、「まちづくり広場国分人」、「大倉喜八郎記念東京経済大学学術芸術振興会」の運営を通じて地域との連携、地域への貢献に取り組んでいる[45]。 また「開かれた大学」の一環として民間企業出身教員の思いつきを受け経営学部で大学の講義の授業参観を実施したことがある[46]。提案者には「授業はいわば大学の商品。商品を見て納得してもら」うことと「親の目を気にして、学生が集中してくれるとの期待もあった」ようで反対者も泣く、学部長にも「幼稚な大学と思われるかもしれないが、大学はもっと社会に開くべき」であり「授業には自信がある」という思いもあり実現した[47]。当日は普段より私語は少なかった[48]ようで一定の効果はあったが次年度以降は実施していない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 理念・目的・教育目標(東京経済大学)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 歴史(東京経済大学)
  3. ^ 「葵」の由来(東京経済大学)
  4. ^ 財産目録(東京経済大学)
  5. ^ コミュニケーション学博士論文紹介 (PDF, 東京経済大学紀要『コミュニケーション科学』第9号、p.225。)
  6. ^ 2011年度(平成23年度)事業計画(東京経済大学)
  7. ^ a b H22年度 大学生の就業力育成支援事業(文部科学省)
  8. ^ a b 概要(東京経済大学)
  9. ^ 「葵」の由来(東京経済大学)
  10. ^ a b c d 東京経済大学校歌
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 組織図(東京経済大学)
  12. ^ 東京経済大学プロジェクト研究所規程
  13. ^ ベーシックプログラム(東京経済大学)
  14. ^ a b 平成19年度「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」選定プログラムの概要及び選定理由(TKUベーシックプログラム)(文部科学省)
  15. ^ 「ベーシックプログラム」って、なに?(東京経済大学)
  16. ^ 学習センター(東京経済大学)
  17. ^ a b c d e TKUチャレンジシステム(東京経済大学)
  18. ^ a b c d e f g h i アドバンストプログラム(東京経済大学)
  19. ^ 平成21年度決算事業報告書(東京経済大学)
  20. ^ 東京経済大学大学院FD会議NEWS No.4 (PDF, 東京経済大学大学院FD会議 2010年3月31日、p.5、p.10。)
  21. ^ 平成19年度「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」選定一覧(文部科学省)
  22. ^ 平成22年度 大学生の就業力育成支援事業 TKUエンプロイアビリティ養成プログラム(文部科学省)
  23. ^ 東京経済大学文化会
  24. ^ クラブ・サークル・学生団体(東京経済大学)
  25. ^ キャンパススケジュール(東京経済大学)
  26. ^ a b 葵祭(東京経済大学)
  27. ^ 大学ニュース(2011.04.23)(東京経済大学)
  28. ^ 大学ニュース(2010.04.30)(東京経済大学)
  29. ^ 端艇部の歴史”. 東京経済大学端艇部. 2012年4月20日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i 葵友会(東京経済大学)
  31. ^ 国分寺キャンパス再生中!(東京経済大学)
  32. ^ 現図書館リニューアル、新しい名称は「大倉喜八郎進一層館(Forward Hall)」(東京経済大学)
  33. ^ 国分寺キャンパス(東京経済大学)
  34. ^ 国分寺崖線について(東京経済大学)
  35. ^ Dailyたまのさんぽみち(高井良健一)
  36. ^ 図書館の紹介>歴史(東京経済大学)
  37. ^ 第01回受賞作品(1960年)(社団法人日本建設業連合会)
  38. ^ 東京経済大学100年史編纂委員会・編 「東京経済大学の100年」
  39. ^ a b 武蔵村山キャンパス(東京経済大学)
  40. ^ 武蔵村山キャンパス公開講座(東京経済大学)
  41. ^ 武蔵村山市東京経済大学室内プール開放事業実施要綱(武蔵村山市)
  42. ^ 東京経済大学・国分寺地域連携推進協議会(国分寺市)
  43. ^ TAC(東京経済大学)
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 提携校(東京経済大学)
  45. ^ 地域連携・地域貢献(東京経済大学)
  46. ^ 朝日新聞・朝刊2002年11月2日
  47. ^ 朝日新聞・朝刊2002年11月2日
  48. ^ 産経新聞・朝刊2002年11月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]