外国語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

外国語(がいこくご)とは、自国の言語ではなく、外国(自国以外の)で使用されている言語のことである。外国語に対して自国の言語を国語ということもある。

日本における外国語[編集]

日本では、中等教育中学校高等学校中等教育学校)において必修教科の外国語として教育学習されるのは英語が原則とされ、外国語というと事実上英語を指すことが多い。このほかにも選択教科や選択科目として、フランス語ドイツ語中国語朝鮮語などの外国語の授業が行われているが、ほとんどのは、高等教育大学など)まで英語以外の外国語に接する機会は少ない(センター試験の場合、2011年度の受験者は英語が519538人なのに対し、中国語392人、朝鮮語163人などである[1])。

なお外国語は、力を入れて学ぶ言語順に第一外国語(だいいちがいこくご)、第二外国語(だいにがいこくご)などと呼ばれることがある。日本の多くの人々にとって、第一外国語英語であり、第二外国語といえば英語以外の言語を指すことが多い。また、英語以外の外国語では、かつては「教養」としてフランス語ドイツ語などヨーロッパの言語を学ぶ人が多かった。最近ではそれらに加えて中国語や朝鮮語などアジアの言語を学ぶ人も増えている。

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年度センター試験(本試験)平均点等一覧

関連項目[編集]