東京都立戸山高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都立戸山高等学校
東京都立戸山高等学校正門
過去の名称 補充中學校
共立中學校
東京府城北尋常中學校
東京府城北中學校
東京府立第四中學校
東京都立第四中學校
東京都立第四新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都
設立年月日 1888年9月16日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(8学級)
学期 3学期制
高校コード 13207B
所在地 162-0052
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立戸山高等学校(とうきょうとりつとやまこうとうがっこう)は、全日制普通科都立高等学校

概観[編集]

1888年設立。都立高校で2番目に古い歴史を持ち、府立四中を前身とする。進学指導重点校に指定されており、土曜授業試行校でもある。文理分けをしないいわゆる「教養主義」を採用し、理数系教育に力を入れてきたことから国立大学入試に強い[1]。校風は「自主自立」と表され、私服校である。文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けている。

教育方針[編集]

  • 自ら重んじ個性をのばす
  • 努力を尊び責任をはたす
  • 心を豊かに体を健やかにする

沿革[編集]

略歴[編集]

皇典講究所の附属の私立学校として創設されたのが当校の由来である。当初は東京府尋常中學(日比谷)の補充的位置にあったが、その連絡もなくなり私立の共立中學校[2]となった。ただ、1886年及び1891年の中学校令公布により、1府県1中学と定められたことや、受験生の上京が禁じられたことにより受験生が集まらなくなった私立各校とも軒並み経営が傾き、当時官公立校に対してだけ認められていた在学生に対する徴兵猶予や校地に対する免税、卒業生の判任官任用などの特権を得る便法としての有利な条件も働き、数多ある私学のうち、まず共立中學(戸山)が、次いで共立學校(開成)が東京府の管轄下に入りそれぞれ東京府城北中學、東京府開成中學と名を改めた。1900年、文部省が私立を公立として待遇することを廃したため、翌年開成は私立に戻り、戸山は府立第四中学と名称を改め、現在に至る[1][3][4]

当校が府の管轄に留まったのは、当時の私立は江戸時代以来の寺子屋や塾など雑多であり、或いは受験予備校的色彩が強く教科目も偏り正統性を持ち得なかったこと、それに対して官公立諸学校が当時の国家存立の教育手段として革新的位置づけにあったためである。また補充中学以来「府立」の名を慕って入学してくる生徒も多かった[1]1908年、韓国 李完用内閣の学部大臣の依頼により韓国貴族(両班)の子弟12名が入学した[5]

深井鑑一郎校長(在任:1898 - 1938)の40年に及ぶ時代は、一中(日比谷)を追い越すことを念頭に東京一の中学を目指し、猛勉と規律を強制した[4][6]。現在の都立の環境からは想像できないが、始業式当日に式の後に授業があった程で、予習、復習をきっちりやらせ、それを怠った場合や指されて応答できなかった場合は居残りをさせた。校則も厳しく忘れ物も3回(あるいは5回)に及ぶと成績評価がワンランク下げられたりし、中退者も1割に達するなど当時の一部の世情は「死中」と呼ぶほどであった[7][8]。こうして、毎年第一高等学校合格者数で一中に肉迫するようになり、1935年以降は、ほぼ毎年旧制高等学校現役合格率で首位にいた。さらに深井の“スパルタ教育”の影響も色濃く、陸軍幼年学校陸軍士官学校海軍兵学校等の軍学校に多数が入学した[7]

1950-60年代には、日比谷高校・西高校新宿高校等と共に東京大学へ多数の進学者を輩出していた。1967年に導入された学校群制度等の影響下、当校や西高校においては、日比谷高校等多くの都立校の進学実績面における急落に比べると緩やかなものに留まっていた[9]。 平成に入ってからの数年間も東大合格者は20-30人前後、その後も二桁の合格者を維持していた。近年は若干名にとどまっていたが、進学指導重点校としての取り組み等により徐々に進学実績は回復してきており、[10]2012年度、2013年度と2年連続で2ケタの東大合格者を輩出している。

年表[編集]

  • 1888年 - 麹町区飯田町五丁目の皇典講究所内(現在の千代田区飯田橋三丁目、東京メトロ東西線飯田橋駅A5出口付近)に府立一中校長・丸山淑人松野勇雄元田直今泉定助らによって補充中学校の名称で創立。
  • 1891年 - 私立中学校に改変し、共立中学校と改称。
  • 1894年 - 私立から東京府に移管し東京府城北尋常中学校と改称(私立城北高は城北尋常中学を母体に深井鑑一郎によって創設)。
  • 1899年 - 中学校令改正により、東京府城北中学校となる。
  • 1901年 - 東京府立第四中学校と改称。
  • 1903年 - 牛込区市ヶ谷加賀町一丁目(現在の新宿区市谷加賀町一丁目の牛込第三中学校校地)に移転。
  • 1943年 - 都制施行により東京都立第四中学校と改称。
  • 1945年 - 東京大空襲など校舎焼失のため、4月16日から市谷国民学校を仮校舎とする。
  • 1946年 - 4月に入って、牛込国民学校(原町校舎)に仮校舎を移転。
  • 1947年 - 4月に入って、新制牛込第二中学校一年生と同居。二・三年次生を都立四中の附属生扱いとする。
  • 1948年 - 4月1日、新学制により都立第四新制高等学校となる。現校章制定。
  • 1949年 - 男女共学となる。7月15日、新宿区戸山町(現在の戸山三丁目)の現校地に移転。
  • 1950年 - 4月1日、都立戸山高等学校と改称。5月10日、火災により校舎全焼。
  • 1952年 - 学区合同選抜制度導入。
  • 1956年 - 第1回・対新宿高校対抗戦実施。
  • 1966年 - 学園祭を戸山祭と改称。
  • 1967年 - 学校群制度発足。青山高と共に第22群に。
  • 1970年 - 1年生HR合宿開始。
  • 1982年 - 学校群制度が廃止され、グループによる合同選抜(グループ選抜)制度発足。赤城台高駒場高目黒高都立大附属新宿高・青山高・広尾高の各高校と第21グループに。
  • 1994年 - グループ合同選抜制度が廃止され、単独選抜制度発足。
  • 1996年 - 推薦入学選抜を初めて実施。東京私立中学高等学校協会の反対もあり適性試験は行われず。
  • 2001年 - 東京都進学指導重点校に指定される。
  • 2003年 - 1940年以来続いた学区制度が廃止され、旧第2学区外からの受検者が大幅に増加。12月 新校舎・新体育館竣工。
  • 2004年 - 都立高校として初めて文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定(指定期間は3年間)を受ける。11月 新校庭が完成。定時制課程の募集が終了。以後閉課まで補欠募集のみ。
  • 2005年 - 3月 正門から新校舎に至る新しいアプローチガーデンが完成(新校舎建設の全工程が完了)。5月 校舎改築を記念して城北会(同窓会)より寄贈されたビオトープ完成。6月 新校舎落成記念式典挙行(卒業生代表記念講演:小宮山東大総長)。
  • 2007年 - スーパーサイエンスハイスクールに再び指定(指定期間は5年間)。2007年度をもって定時制課程が閉課。
  • 2008年 - 創立120周年。地下鉄副都心線開通、戸山高校正門前に「西早稲田駅」開設。
  • 2014年 - スーパーサイエンスハイスクール3期目の指定を受ける(指定期間は5年間)。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

早稲田大学に近く、理工学部は明治通りを挟んで目の前にある。また、学習院女子大学学習院女子高等科と隣接している。
正面と裏手の2箇所に分かれて広大な緑を有する都立戸山公園があり、一帯は緑豊かな文教エリアを形成している。

アクセス[編集]

屋上から目白方面を臨む

生徒会活動[編集]

三権分立を一つの特徴としており、評議会(立法)・執行委員会(行政)・監査委員会(司法)で権限を分散する狙いを持っている。 その他に、定数委員会である厚生委員会、図書委員会、体育委員会、選挙管理委員会や、有志委員会の戸山祭運営委員会、学生公論編集委員会、新宿戦実行委員会、環境問題対策委員会が存在する。

部活動[編集]

新宿高校との間では、50年の伝統がある戸山新宿対抗戦が毎年行われている。

☆陸上競技部は2004年に全国大会に3種目出場し、男子1500Mでは東京都新記録を樹立。  ☆アメリカンフットボール部は2013年春の都大会優勝を含めて都大会優勝4回、準優勝4回を誇る強豪。  ☆柔道部は2010年高校総体(インターハイ)男子100㎏超級で準優勝(同人はその後東大柔道部入部)。  ☆囲碁将棋部は2011年と2014年に全国高校囲碁選手権大会女子団体戦でいずれも都大会優勝、全国大会準優勝。  ☆2012年の映画甲子園(高校生映画コンクール)で3年E組制作の作品が最優秀作品賞を受賞。 ☆ブラスバンド部は毎年戸山祭で「スーパーブラス」として演奏しており、浦清英、笠原直樹、新澤健一郎、菊地武、島裕介をはじめ多くのミュージシャンを輩出している。 

学校行事[編集]

戸山祭の様子
  • 運動会は5月に4級対抗で行われる。
  • 1年生は10月に那須寮でHR合宿を行う。HR合宿ではHRごとに定めるテーマによる討論会を中心に行う。
戸山新宿対抗戦
毎年6月に行われる新宿高校との運動部対抗戦で、総合成績を競う。戸山高生にはもっぱら「新宿戦」と呼ばれる(対する新宿高校では「戸山戦」である)。近年は駒沢オリンピック公園で開催されている(但し、水泳部は新宿高校か戸山高校のプールで行われている)。競技の他にも、閉会式で両校のクラブによるダンスや、新宿高校のチアリーディング部の発表が行われるなどのプログラムが組まれている。
戸山祭
毎年9月に行われる文化祭。3年は自主制作映画、2年は演劇、1年は展示発表を行う。

特色ある取り組み[編集]

理科系の大学教授によるSSH講演会が年に数回実施されている。また、以前はこれとは別に東大教授や医師弁護士、大使、検事総長、財界人など各界で活躍する著名な卒業生等による在校生のための講演会「世間と学問」が2・3ヶ月に1度開催されていた。

学校施設[編集]

白を基調とした新校舎
吹き抜けの階段広場
廊下
3階建ての部室棟

2003年に5階建ての新校舎が竣工。校舎中央部は2階から吹き抜ける「階段広場」と3階から吹き抜ける「階段庭園」が存在するため、上空から見ると漢字の「日」のような形をしている。理科系の講義室が特に充実しており、各教科ごとに講義室や実験室に加えて、大学の教室のような階段教室もある。また新校舎1階には最先端の設備を備えた330人収容の講堂もある。校門を入ると左手に卒業生の寄贈による「ビオトープ」と100周年記念碑、正面には戸山の象徴「ラジアン池」がある。

校地面積は25,000m²強ある。施設は新校舎、新体育館、武道場、プール、グラウンドのほか、テニスコート4面、多目的コート3面などが整備されている。また、那須には敷地面積6万m²を超える那須寮があり、毎年1年生のHR合宿や各部活動の合宿、「戸山の教育を語る会」(戸山の保護者と教師の集まり)の合宿などに活用されている。那須寮は元々皇室の所有物だったが、深井校長が四中先輩・三矢宮松帝室林野局長官と交渉し安価で買い取ったものである[11]

スーパー・サイエンス・ハイスクール (SSH)[編集]

2004年度に都立高校として初のSSH指定(期間3年間)を受け、2007年度に再指定(期間5年間)、2012年度から2年間の経過措置期間を経て2014年度から3期目の指定(期間5年間)を受けている。

1年次にはSSⅠ数学・物理・化学・生物・地学、2年次にはSSⅡ数学・物理・化学・生物を受講できる(文科省の特別措置により、それぞれ情報・保健・総合の時間などの振り替え扱いとなる)。その成果は戸山祭や学校説明会の際の発表や掲示によって見ることができる。 また、例年SSH全国大会に参加し、他校の様々な研究に触れることによって、さらなる研究発表の向上に努めている。2012年度からは、都立高校としては初の試みである専門家の方々や他校を招いてのSSH生徒研究成果合同発表会が本校にて行われている。 その他に、1年次にはクロスカリキュラムという地歴科(地理),家庭科,理科(化学)の連携による学習が総合の時間に取り入れられていたり、地学基礎の授業の一環として城ヶ島にてフィールドワークを行ったりと、SSH受講生以外への理数系教育の充実化も図っている。

2年次では授業内容が専門化し、化学では化学IIの内容、生物では生物Iの内容の詳しい箇所、物理では相対性理論について学習・研究する。研究成果をSSH全国大会等で発表する機会もある。その他にもSSH数学、英語、論述基礎という講座が自由選択科目として設置されている。 また、夏休みにはハワイのキラウエアすばる望遠鏡やアメリカ西海岸などを訪問する「海外サイエンスセミナー」が実施されている。

1・2年生のSSH受講者は特定のクラスに集められている。これは現在のSSH指定校では戸山高校だけに見られるシステムである。 隣接する早稲田大学をはじめとする複数の大学との連携実習が行われている。 SSH講演会では東京大学大学院の教授をはじめ、様々な理系の教授を招いており、年に数回保護者の参加も可能な講演会を開いている。

2006年8月に開催されたSSH全国大会でポスターセッション賞を受賞、また2008年の日本地球惑星科学連合大会では最優秀賞を受賞している。2013年8月のSSH生徒研究発表会(全国大会)でもポスター発表賞を受賞している。

高校関係者と組織[編集]

関連団体[編集]

高校関係者一覧[編集]

参考・関連書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『東京府立中学』(岡田孝一、同成社、2004年5月) P49、P84、P156、P158 などを参照。
  2. ^ 読み方は「きょうりゅう」となる。
  3. ^ 『東京都立戸山高等学校創立八十周年小史』を参照。
  4. ^ a b 『東京府公立中学校教育史』(桑原三二著・版 1981年) P28・P29を参照。
  5. ^ 『東京府立中学』(岡田孝一) P46
  6. ^ 新生通信編『日本の名門高校ベスト100 公立高校編』(新生通信・朝日新聞社)戸山高校編 を参照。
  7. ^ a b 『東京府立中学』(岡田孝一) P156 ~ P158を参照。
  8. ^ 戸川秋骨は、当時社会問題化し始めた都会における中学受験熱を背景として、一中と四中の素行にまで及ぶ厳格な教育を批判し、特にある生徒の自殺に対する何気ない深井の言葉を槍玉に挙げたりしている。 『断じて府立へは入れない 上』 東京朝日新聞1927年3月30日付朝刊5面、『断じて府立へは入れない 下』 同1927年3月31日付朝刊5面 より。
  9. ^ 1980年代前後まで東大に40-50名前後が進学した。同時に、本校と同群の青山高校、および西高校と同群の富士高校それぞれの東大合格者数も常時30名以上合格させる相乗効果も伴った。
  10. ^ 『都立高校のすべてがわかる本』 (山崎謙 山下出版、2000年8月) P92〜、『名門復活 日比谷高校』 (長澤直臣・鈴木隆祐、学研新書、2009年3月) P22〜を参照。
  11. ^ 『東京府立中学』(岡田孝一) P182

外部リンク[編集]

この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校のテンプレート」を使用しています。