ムハンマド・ダーウード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mohammed Daoud Khan

サルダール・ムハンマド・ダーウード・ハーンパシュトー語: سردار محمد داود خان、Mohammed Daoud Khan、1909年7月18日 - 1978年4月28日)は、アフガニスタンの政治家、大統領。旧王族の一人で、ザーヒル・シャーの従兄弟。

1953年9月から1963年まで首相。首相在任時、ムハンマド・ダーウードは、国軍の近代化を重要な任務と考え、ソ連に援助を要請した。1956年から、ソ連の軍事援助がアフガニスタンに提供され、アフガン軍にはソ連の軍事顧問団が駐在し、アフガン軍将校はソヴィエトに留学した。

ダーウードは、軍事分野の他、経済及び社会・教育システムにおいても改革に着手した。改革に反発したウラマー会議は、反政府キャンペーンを組織した。回答として、ウラマーに対する大規模な弾圧が行われ、以後、旧世代のムッラーは社会に対する影響力を失い、学生達はより急進的なイスラーム主義を志向するようになった。

1973年7月、クーデターを計り、王政を廃止して共和制を敷き、自らを「アフガニスタン共和国大統領」と宣言した。1977年2月14日、ロヤ・ジルガにおいて、正式に大統領に選出。イスラーム主義者に対する弾圧が強化され、後にムジャーヒディーンの指導者となるグルブッディーン・ヘクマティヤールブルハーヌッディーン・ラッバーニーアフマド・シャー・マスード等も国外に逃れざるを得なかった。

弾圧は当初彼の改革を支持していたアフガニスタン人民民主党のパルチャム派にも及び、彼らは政府から追い出された。1978年4月27日、アフガニスタン人民民主党支持者の将校が指揮する数台の戦車、3機の飛行機及び歩兵の小部隊が軍事クーデターを起こし、翌28日、彼は革命派将校により殺害された。その後、遺体はどこかへと持ち去られ、最近まで所在が分からなくなっていたが、ダーウードを殺害した元革命派将校が「当時、革命派の拠点だった軍の駐屯地の庭に埋めた」と証言し、2008年に同地で30年ぶりに遺体が発見された[1]

2009年3月18日、ダーウードのためにカーブルで国葬が執り行われた。国葬にはカルザイ大統領や政府閣僚、ダーウードの孫も出席した[2]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009031701000677.html
  2. ^ 読売新聞 2009年3月19日付国際面記事 


先代:
シャー・マフムード
アフガニスタン首相
1953年 - 1963年
次代:
ムハンマド・ユースフ・ハーン
先代:
(王制廃止)
アフガニスタン国家元首
1973年 - 1977年
次代:
(大統領制移行)
先代:
-
アフガニスタン大統領
1977年 - 1978年
次代:
ヌール・ムハンマド・タラキー