ブルハーヌッディーン・ラッバーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルハーヌッディーン・ラッバーニー
برهان الدين ربانى
Burhanuddin Rabbani - VOA - 11302001.jpg
ブルハーヌッディーン・ラッバーニー(2001年)

任期 1992年6月28日1996年9月27日

任期 1996年9月27日2001年11月13日

任期 2001年11月13日12月22日

出生 1940年
Flag of Afghanistan (1931–1973).svg アフガニスタン王国バダフシャーン州ファイザーバード
死去 2011年9月20日
アフガニスタンの旗 アフガニスタンカーブル
政党 イスラム協会

ブルハーヌッディーン・ラッバーニーダリー語:برهان الدين ربانى, Burhānuddīn Rabbānī1940年 - 2011年9月20日)は、アフガニスタン政治家タジク人イスラーム主義系政治組織ジャマーアテ・イスラーミーペルシア語版ロシア語版英語版の最高指導者。初代アフガニスタン・イスラーム国大統領(在任:1992年 - 2001年[1]。日本ではブルハヌッディン・ラバニと表記されることもある[2]

生涯[編集]

大統領就任まで[編集]

1940年1942年とも)、ムハンマド・ユースフの息子としてバダフシャーン州ファイザバードに生まれる。地元の学校を卒業後、カーブルのアブ・ハニファ神学校に進んだ。同校を終えた後、イスラム法とイスラーム法学を学ぶために、カーブル大学イスラーム法学部に進学した。在学中に優れた学徒として知られるようになった。1963年に卒業すると、そのまま同大学の講師として迎えられた。さらに学問を究めるために、カイロアル=アズハル大学に留学し、イスラーム哲学の修士号を取得した。1969年にはトルコのアンカラ大学にも3ヶ月間留学した。

1968年、アフガニスタンに帰国したラッバーニーは、ジャマーアテ・イスラーミーの理事会から大学生の組織化を命ぜられたが、早くも1972年には、イスラームに関する深い学識、人望、活発な宗教活動を認められ、15人で構成される理事会によってジャマーアテ・イスラーミーの最高指導者に選出された。

1974年春、このような活動が時のダーウード政権によって目をつけられ、逮捕されそうになるが、学生の手引きによって難を逃れて地方に身を潜めた。後にパキスタンに脱出。1970年代末から本拠地をイランマシュハドに置き、アフガニスタン人民民主党に対する闘争を開始。1980年7月から再びパキスタンを本拠地とした。同拠点から、ジャミアテ・イスラーミーのムジャーヒディーンによるソ連・アフガン戦争を指揮した。1989年から1992年ペシャーワルの亡命政権の外相を務めた。ラッバーニー派は、1992年にカーブルへ最初の入城を果たしたムジャーヒディーン部隊となった。

大統領就任後[編集]

ナジーブッラー共産主義政権の崩壊にともなってラッバーニーは帰国、暫定指導評議会議長となり、1992年6月28日アフガニスタン・イスラーム国の大統領に就任した。しかし、有名無実の首相グルブッディーン・ヘクマティヤール率いるヒズベ・イスラーミー英語版(ヘクマティヤール派)とジャマーアテ・イスラーミーとの深刻な確執をはじめ、各派の争いは瞬く間に激化し、アフガニスタンは内戦状態に陥いった。各派による内戦の間にカーブルは壊滅的な打撃を被った。

1996年9月、ターリバーンのカーブル攻略によってラッバーニーらはカーブルから脱出した。しかしその後も、北部同盟と称された反ターリバーン勢力の支持によって戦闘を継続した。1997年6月に、北部同盟政府の大統領に就任した。アメリカ同時多発テロ事件後、ターリバーンをアフガニスタンから排除するための、アメリカ合衆国NATOによる軍事行動への協力にラッバーニーは合意した。共同作戦によってカーブルは陥落し、ラッバーニーは大統領の座に返り咲いたが、アフガニスタン暫定行政機構の発足に伴い、暫定行政機構の議長に選出されたハーミド・カルザイに権限を移譲した。

カルザイ政権においては主要ポストは得られなかったものの、国内で議員として政治活動を継続し、2007年3月には野党同盟「国民戦線」の党首となった。

死去[編集]

ターリバーンとの和解交渉担当の高等和平評議会議長を務めていたが、2011年9月20日、自宅への自爆攻撃により死亡したと伝えられた[2]。ターリバーンがラッバーニーの暗殺について犯行を認めた。

家族[編集]

妻帯。2男(サラーフッディーン、ジャマリ)を有する。長男のサラーフッディーンは元駐トルコ大使で、父の死後、後を継いで高等和平評議会議長を務めている[3]

娘婿にアフマド・ズィヤ・マスードがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、ラッバーニーが大統領を務めたアフガニスタン・イスラーム国は次のような変遷をたどった。
  2. ^ a b “時事ドットコム:ラバニ元大統領暗殺=対タリバン和解交渉に打撃-アフガン”. 時事通信. (2011年9月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011092001091 2011年9月20日閲覧。 
  3. ^ Rabbani, Salahuddin Rabani”. Who is who in Afghanistan?. 2012年11月17日閲覧。
公職
先代:
ムハンマド・オマル
(首長国首長)
Flag of Afghanistan (1992-1996; 2001).svg アフガニスタン大統領
2001年
次代:
ハーミド・カルザイ
(暫定行政機構議長)
先代:
シブガトゥッラー・ムジャッディディー
(臨時)
Flag of Afghanistan (1992-1996; 2001).svg アフガニスタン・イスラーム国大統領
1992年 - 1996年
次代:
ムハンマド・オマル
(首長国首長)
先代:
(創設)
Flag of Afghanistan (1992-1996; 2001).svg アフガニスタン・イスラーム国
(アフガニスタン救国・民族イスラム統一戦線)
大統領

1996年 - 2001年
次代:
(解散)