アフマド・ズィヤ・マスード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフマド・ズィヤ・マスードペルシア語: احمد ضیاء مسعود‎、Ahmad Zia Massoud、1956年5月1日 - )は、アフガニスタン政治家外交官。前第一副大統領。現在は、アフガニスタン国民戦線の議長[1]タジク人アフマド・シャー・マスードの弟。アフマド・ジア・マスードと表記されることもある。

経歴[編集]

ガズニー州出身[2]

リセ・エステクラールを卒業しカーブル工科大学で学んで居たが、1979年のソ連侵攻後は、兄シャー・マスードとともにパンジシールを拠点に戦った。当初の3年はパンジシールで戦い、後の12年はパキスタンにおける兄の特別代表をつとめた[2]

ターリバーン政権崩壊後の2002年12月、駐ロシア大使に就任。2004年の大統領選挙でハーミド・カルザイの第一副大統領候補となり、選挙後の同年12月7日に第一副大統領に就任、2009年11月19日までつとめた。

現在は反カルザイに転じている[3]

2014年アフガニスタン大統領選挙では、ザルマイ・ラスールの副大統領候補となった[4]

人物[編集]

妻はブルハーヌッディーン・ラッバーニーの娘[5]

脚注[編集]

  1. ^ “ANF to Win Next Presidential Polls: Dostam”. Wahdat News. (2012年5月31日). http://www.wahdatnews.com/archives/812 2012年11月30日閲覧。 
  2. ^ a b Ahmad Zia Massoud, First Vice President”. The Embassy of Afghanistan,Tokyo. 2012年11月30日閲覧。
  3. ^ “Afghan opposition leaders insists to review political system”. Khaama Press. (2012年6月22日). http://www.khaama.com/afghan-opposition-leaders-insists-to-review-political-system-492 2012年11月30日閲覧。 
  4. ^ “Afghanistan presidential election campaign kicks off”. The Hindu. (2014年2月2日). http://www.thehindu.com/news/international/south-asia/afghanistan-presidential-election-campaign-kicks-off/article5645632.ece 2014年2月8日閲覧。 
  5. ^ 柴田和重「二〇〇四年一〇月大統領選挙をめぐる政治過程」 『アフガニスタン国家再建への展望』鈴木均編、明石書店、2007年、107頁

関連項目[編集]

先代:
創設
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
第一副大統領
2004年12月7日 - 2009年11月19日
次代:
ムハンマド・ファヒーム