ザルマイ・ラスール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタンの政治家
ザルマイ・ラスール
زلمی رسول
Zalmai Rassoul in June 2011.jpg
ザルマイ・ラスール(2011年6月)
生年月日 1944年
出生地 カーブル
出身校 パリ医科大学
前職 外務大臣

アフガニスタンの旗 外務大臣
内閣 ハーミド・カルザイ
任期 2010年1月18日 - 2013年10月5日
テンプレートを表示

ザルマイ・ラスールパシュトー語: زلمی رسول、Zalmai Rassoul、1944年[1] - )は、アフガニスタンの政治家。前外務大臣。

経歴[編集]

カーブル市出身。父は、ムハンマド・ダーウード政権の秘密警察長官だった。カーブルのフランス語貴族学校「イステクラール」を卒業し、パリの医科大学で博士号を取得した[2]

大学卒業後、パリの科学研究所、サウジアラビア厚生省に勤務した[2]。1980年代、在仏アフガン人移民のための新聞社を設立した。

ターリバーン政権の崩壊までは、ザーヒル・シャー元国王の官房長を代行していた。ハーミド・カルザイを首班とする暫定政権樹立後、運輸・民間航空相に任命。後に国家安全保障担当大統領顧問となり、安全保障会議書記を務めた。ザルマイ・ラスールは、大統領顧問としてカルザイの外遊のほぼ全てに随行した。

2010年1月16日、議会により拒否されたランギーン・ダードファル・スパンターに代わり外務大臣に推薦され、1月18日に承認された。

2014年アフガニスタン大統領選挙に立候補したが、第一回投票で3位に終わり落選した。

人物[編集]

パシュトゥー語、ダリー語、アラビア語、英語、フランス語、イタリア語を話す[2]

脚注[編集]

  1. ^ アフガニスタン・イスラム共和国 閣僚略歴”. The Embassy of Afghanistan in Tokyo. 2012年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c Afghan News January 2010”. Embassy of Afghanistan in Japan. 2012年11月26日閲覧。
先代:
ランギーン・ダードファル・スパンター
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
外務大臣
2010年 - 2013年
次代:
ザラール・アフマド・モクビル・オスマーニー