ムハンマド・ファヒーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・ファヒーム

ムハンマド・カシーム・ファヒームペルシア語: محمد قسیم فهیم‎、英:Mohammed Qasim Fahim、1957年[1] - 2014年3月9日[2] )は、アフガニスタンの政治家、軍人。第一副大統領(2009年11月 - 2014年3月)。元帥。タジク人

日本の報道では、「モハマド・カシム・ファヒム」などと表記される。

経歴[編集]

パンジシール州出身[1]

ブルハーヌッディーン・ラッバーニーが率いるアフガニスタン・イスラム協会の党員。ソ連アフガン侵攻時、アフマド・シャー・マスードの指揮下で、野戦指揮官、政治委員、諜報機関「シュライ・ナジル」(監視会議)の副議長を務める。

ラッバーニー政権樹立後、保安相を務める。1991年からアフガニスタン国家イスラム保安局長。

1996年にターリバーンカーブルを奪取した後、北部同盟の軍事会議議員となり、アフガニスタン北部の作戦を担当した。マスード暗殺後は、北部同盟軍司令官に任命され、数日後にドゥシャンベで開かれた北部同盟支持国(イランインドロシアタジキスタン)代表の会議において承認された。

2001年11月~2002年6月、ハーミド・カルザイ暫定政権の副大統領兼国防相。2002年6月~2004年7月、移行政権の副大統領兼国防相。

2005年12月、メシュラーノ・ジルガ(上院)議員。

2009年11月19日、第2次カルザイ政権の第一副大統領に任命。

2014年3月9日、副大統領在任中に死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b H.E. Mohammed Fahim”. The Afghanistan Embassy. 2012年11月27日閲覧。
  2. ^ BBC News Afghan vice-president Mohammad Qasim Fahim dies
先代:
-
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
国防大臣
2001年 - 2004年
次代:
アブドゥッラヒム・ワルダク
先代:
アフマド・ズィヤ・マスード
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
第一副大統領
2009年11月19日 - 2014年3月
次代:
-