アフガニスタン人民民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタンの政党
アフガニスタン人民民主党
People's Democratic Party of Afghanistan
Flag of the People's Democratic Party of Afghanistan.svg
党旗
書記長 ヌール・ムハンマド・タラキー
成立年月日 1965年
解散年月日 1992年
解散理由 ムジャーヒディーン勢力の抵抗運動に屈服
本部所在地 カーブル
党員・党友数
16万人(1982年)
政治的思想・立場 共産主義
機関紙 パルチャム
ハルク
テンプレートを表示

アフガニスタン人民民主党(アフガニスタンじんみんみんしゅとう)は、共産政権時代にアフガニスタンの政権党であった政党である。1965年ヌール・ムハンマド・タラキーにより創設された。

党名[編集]

  • ダリー語حزب دموکراتيک خلق افغانستان
  • パシュトー語د افغانستان د خلق دموکراټیک ګوند
  • 英語People's Democratic Party of Afghanistan, 通称PDPA

概要[編集]

ハルク派とパルチャム派
党内には2つの派閥が存在した。派閥名はそれぞれの機関紙名にちなみ、パルチャムは旗を、ハルクは人民を意味する。パルチャム派は、大中地主、インテリ、高級官僚及び軍人等、富裕層を統合した。その指導者となったのは、バブラク・カールマルだった。ハルク派には、より過激で、遥かに多数の残り全員が入った。指導者の中には、ヌール・ムハンマド・タラキーとハフィーズッラー・アミーンが存在した。両派は、ソビエト連邦KGBと積極的に協力した[1]。1977年7月、アフガニスタン人民民主党に統合されたが、両派の対立は、ソ連軍撤退後のアフガニスタン内戦に至るまで継続した。2006年のアフガニスタン下院選挙にてPDPA系議員は20人前後当選したが依然としてハルク派とパルチャム派の対立は継続している。ハルク派は、10以上の政党から構成されるアフガニスタン国民民主連合を結成し、ドクトール・カビール・ランジバルらを当選させた。一方、パルチャム派は、アフガニスタン国民民主連合に参加せず選挙を戦いサイイド・ムハンマド・グラーブズイヌルルハク・オリュミらを当選させた。[2]
ミクラヨン
共産政権時代、カーブル市内にミクラヨンと呼ばれる鉄筋アパートが建てられた。
党幹部の住宅として使われた。壁にレーニンの顔が描いてあった建物もあった。
祖国党
1990年6月、ソ連の後ろ盾を失ったムハンマド・ナジーブッラーにより、懐柔策のため、イデオロギー色を薄めた組織名に改称。ムジャーヒディーン勢力の抵抗運動に屈服し、アフガニスタンでは1992年に解散。その後ドイツに拠点を移し活動する。
アフガニスタン国民統一党
かつての祖国党関係者によって設立された政党の一つ。2003年8月に元ハルク派のヌルルハク・オリュミを党首として結成された。タリバン政権崩壊後初の選挙で議席を獲得した。[3][4]
アフガニスタン民主党

元パルチャム派のドクトール・カビール・ランジバルによって設立された政党。[5]

主な党員[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしアフガニスタンの共産主義者のすべてが親ソ連派というわけではなく、特にハザラ人の間では親中国派(毛沢東主義)の支持者も多かった(Anthony Arnold『Afghanistan's two-party communism : Parcham and Khalq』,Hoover Institution Press,Stanford University,38-39p)。
  2. ^ http://www013.upp.so-net.ne.jp/AfghanNetwork/af05q44.PDF
  3. ^ http://www013.upp.so-net.ne.jp/AfghanNetwork/index.html
  4. ^ http://www.k2.dion.ne.jp/~szkasia/mysite1/Afghanistan.html
  5. ^ http://www013.upp.so-net.ne.jp/AfghanNetwork/af05q44.PDF

外部リンク[編集]