イスラム民族運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスラム民族運動とはアフガニスタンウズベク人政治団体である。指導者はラシッド・ドスタム

概要[編集]

イスラム民族運動は1989年に結成されたアフガニスタン民主共和国陸軍第53歩兵師団をその母体としている。当時は4万人前後の兵力を抱える小隊だった。1992年、ラシッド・ドスタムはムハンマド・ナジーブッラー政権に叛旗を翻し、アフガニスタン民主共和国は崩壊に追い込まれた。

1992年、ラシッド・ドスタムはイスラム民族運動を結成した。その主力はアフガニスタン人民民主党パルチャム派であった。当初はブルハーヌッディーン・ラッバーニー政権に協力していたが、1994年に叛旗を翻し、グルブッディーン・ヘクマティヤールと共にカーブルを攻撃し、政権を打倒しようとした。同年結成されたターリバーンが勢力を拡大し、ヘクマティヤールが敗走すると再び政府側に加わり、、北部同盟に参加する。この頃、マザーリシャリーフ周辺を実効支配していたが、1997年、党首の座を狙ったアブドゥル・マリクの反逆で1998年にタリバーンの占領を許す事になった。2001年、イスラム民族運動はアフガニスタン紛争 (2001年-)においてマザーリシャリーフを解放し、さらにアフガニスタン全土の解放に尽力した。

外部リンク[編集]