ハリマンディル・サーヒブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリマンディル・サーヒブ(黄金寺院)

ハリマンディル・サーヒブパンジャーブ語: ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬ英語: Harmandir Sahib または Golden Temple)は、シク教総本山にあたるグルドワーラー(シク教の寺院)の名称である。インドパンジャーブ州アムリトサルに位置する。日本では 黄金寺院 と呼ばれることが多い(ただしインド圏には他宗教の「黄金寺院」もいくつか存在する)。シク教徒にとっては最も尊い巡礼地である。

1574年、シク教4代グル(指導者)のグル・ラーム・ダースのときに建築が開始された。完成したのは1604年で、そのときにはグルは次の代、5代目のグル・アルジュン・デーヴになっていた。現在は11代グルに代わる「永遠のグル」として聖典グル・グラント・サーヒブ』が納められている。

ハリマンディル・サーヒブは、周囲を人工ので囲まれているのが特徴である。この池の水は聖水として丁重に扱われる。さらに池の四方は純白の建築で囲まれており、そのなかには時計塔博物館、休憩所、宿坊、無料の食事(ランガル。カースト制を否定する意味で皆で席を並べて食べる、一種の宗教食)が振舞われる食堂などもある。これらの建築は北インド系のヒンドゥー様式とイスラーム建築を融合・昇華させたものとなっており、ヒンドゥー教イスラーム教双方から影響を受けたシク教成立の経緯を示すようで興味深い。

また、ここにはシク教の最高機関である「シク議会」(シク教寺院運営委員会 en:Shiromani Gurdwara Prabandhak Committee、SGPC)が置かれている。

1984年にはシク教の神権政治独立国家「カーリスターン」建国をめざすジャルネイル・シン・ビンドランワレ率いる過激派シク教徒武装勢力が立てこもり、インド軍の攻撃によって一般人を含め多くの犠牲者を出す事件が起きた(ブルースター作戦)。しかし以降は治安も回復し、現在は平穏で安全な巡礼・観光地として賑わっている。

パノラマ画像

画像[編集]

黄金寺院周辺の地図 
1870年ごろ撮影された写真 
夜 
黄金寺院へ渡るための橋 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度37分12秒 東経74度52分36秒 / 北緯31.62000度 東経74.87667度 / 31.62000; 74.87667