アムリットサル事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アムリットサル事件現場の慰霊碑

アムリットサル事件(アムリットサルじけん,Amritsar Massacre)は1919年4月13日インドパンジャーブ地方アムリットサルシク教の聖地)でスワデーシー(自分の国の意で国産品愛用)の要求と、ローラット法発布に対する抗議のために集まった非武装のインド人市民に対して、グルカ族およびイスラム教徒からなるインド軍部隊が無差別射撃した事件。アムリットサル虐殺事件、事件の起きた市内の地名をとってジャリヤーンワーラー・バーグ事件Jallianwala Bagh massacreとも呼ばれる。

背景(イギリスによるインド支配)[編集]

イギリスは東インド会社を介して、徐々にインドに進出。17世紀末までには、ポルトガルオランダを圧倒するまでになった。1757年プラッシーの戦いでもフランスに打ち勝ち、規模を拡大。マラータ戦争シク戦争を通じて、藩王(マハラジャ)やシク教徒の力をそぐことにも成功した。セイロン島もオランダより奪い、ウィーン会議で承認を取り付け、勢力の衰えたムガル帝国を脅かすまでになる。

1857年には、東インド会社で雇っていたインド人兵(セポイ)による反乱(インド大反乱)が勃発。ムガル皇帝バハードゥル・シャー2世を擁立し、その勢いは全インドに波及した。しかし、反乱軍側の統一がなされておらず、東インド会社により鎮圧される。この反乱により、東インド会社は解散。ムガール皇帝のビルマへの追放により帝国も滅亡し、当時、王位にあったヴィクトリア女王インド女帝を兼任することにより、イギリス政府による全インドの直接統治が始まったのである。

事件概要[編集]

1917年の英国インド相エドウィン・モンタギューが行った戦後自治の約束(インドの自治を漸進的に実現していくという内容)は形式だけの自治を認めるインド統治法の発布に終わり、1919年3月にはローラット法(インド政庁発布の、破壊活動容疑者に対する令状なしの逮捕、裁判ぬきの投獄を認めた法規)が発布された。

4月に入ると、アムリットサル市を中心としてパンジャーブ州では大暴動が発生し、銀行、駅、電話局、教会などが暴徒に襲われ、十数人のイギリス人が殺害されたため、治安部隊が投入され、集会の禁止が通達された。集会の禁止が通達されたものの、4月13日には2人の民族指導者の逮捕に抗議する非武装の集会がアムリットサル市で行われた。

女性や子供も参加し、非武装で暴力的行為も無かったこの集会の参加者に対してイギリス人のレジナルド・ダイヤー准将率いるグルカ兵からなるイギリス領インド帝国軍一個小隊が乗り込み、いきなり参加者に対する発砲を始めた[1]。さらに避難する人々の背中に向けて10分から15分に渡って弾丸が尽きるまで銃撃を続け、1,500名以上の死傷者を出した。この後、戒厳令が発令され、暴動は一気に収束したが、この弾圧によってインドの反英運動は激化することになった。

事件後[編集]

パンジャーブ地方はこののち戒厳令が敷かれたが、すでに1919年4月6日にマハトマ・ガンディーによって始められていた非暴力抵抗運動(サティヤーグラハ英語版)はこの事件を契機にして大きく進展することとなった。サティヤーグラハの運動理念は、のちにガンディーがインド独立運動を指導するさいにも引き継がれた。

ダイヤー准将の行動は、イギリス政府からも厳しく非難され、大佐に降格の上に罷免された。だが、上院の保守派がかばったことと、本人の健康状態の悪化によって訴追されることはなかった(ダイヤーは1927年に死去)。1940年3月13日、事件時のパンジャーブ州知事だったサー・マイケル・オドワヤーが、事件の生存者によってロンドンで射殺された[2]

現代の状況[編集]

2013年2月20日キャメロン首相イギリス首相として初めて、事件の現場に訪れ、訪問者名簿に「これはイギリスの歴史上非常に恥ずべき事件だ」と書き込み、遺憾の意を表明。しかし、明確に謝罪をしなかった為、批判も起きている[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 植民地時代の虐殺事件 英首相“恥ずべきこと”インド 現場で遺憾表明”. しんぶん赤旗 (2013年2月22日). 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ Shaheed Udham Singh and Jallianwala Bagh”. bharatchitra.com. 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ 「94年もの間、正義を待ち続けている」 Newsweekニューズウィーク日本版 2013年3月5日号

関連項目[編集]

参考文献[編集]