インド皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インド皇帝の紋章

インド皇帝女帝)(インドこうてい(じょてい)、英語:Emperor/Empress of India, ヒンドゥスターニー語:Padishah-e-Hind)は、ムガル帝国最後の皇帝バハードゥル・シャー2世と、その後インドを統治したイギリス君主達が保持した称号

場合によっては、アショーカ王マウリヤ朝アクバル、ムガル帝国などの君主達も「インド皇帝」と呼称する場合があるが、当人達自身はこの様な称号を名乗ったことは無い。

バハードゥル・シャー2世[編集]

16世紀以降、ムガル王朝がインド亜大陸の大部分を治めた際も、地理的な呼称を使用せず、単純にパーディシャー(西側諸国では「皇帝」に近い意味合いで解釈されている)という称号を使用した。1857年に起きたインド大反乱の際、セポイデリーを占領し、バハードゥル・シャー2世をインド皇帝として擁立した。反乱が鎮圧された後に、バハードゥル・シャー2世は捕らえられ、1858年にビルマ(現ミャンマー)のラングーンに追放され、ムガル帝国は滅亡した。

イギリス君主[編集]

アラジンに扮したディズレーリが、ヴィクトリア女王にイギリスの王冠とインドの皇帝冠を交換するよう迫る様子を描いた風刺画(1876年)

東インド会社がムガル皇帝を退位させ、社を解散させた後の1876年5月1日より、ヴィクトリア女王が「インド女帝」に推戴され、翌1877年1月1日デリーで行われた戴冠式典(Delhi Durbar)において正式に即位が発表された。この称号は、インド亜大陸におけるイギリスの属領ならびに保護領が正式に大英帝国へ編入された19年後に制定されたものであり、その領域は、現在のインドの大部分(シッキム州ポルトガル領インドゴア州フランス領のポンディシェリ連邦直轄地域を除く)や、パキスタンバングラデシュミャンマーなどが含まれている。


マンチェスター・タウン・ホールにあるジョージ6世のモニュメントには、「インド皇帝」を放棄する前の称号が刻まれている。

ヴィクトリア女王の死去に伴い、長男エドワード7世が王位に就き、彼の称号は「インド皇帝」となった。同称号は、1947年8月14日/15日夜にインドとパキスタンがイギリスから独立するまで使用された。だが、ジョージ6世が正式に称号を放棄するのは、1948年6月22日になってからだった。

国王/皇帝ならびに女王/女帝が、インドに関する公文書に自身の名前を署名する際は、自身の名前の後ろに“R I”(Rex(国王)/Regina(女王)及びImperator(皇帝)/Imperatrix(女帝)のそれぞれの頭文字)、または省略形である“Ind. Imp.”(Indiae Imperator/Imperatrix(インド皇帝/女帝))と記入した。ちなみに、王妃/皇后は“R”とだけ署名していた。この称号は1948年時点でのイギリスの硬貨にも刻まれている。

インドならびにパキスタン王[編集]

ジョージ6世は、ルイス・マウントバッテンシュリー・ラージャゴーパーラーチャリャ総督を務め、インドが共和国になるための準備を行う為の2年間、インド王(King of India)の地位にあった。また、1952年に亡くなるまでの間は、イギリス王とパキスタン王(King of Pakistan)の地位にあった。パキスタンは1956年3月23日共和制となったことから、エリザベス2世は即位からの4年間、パキスタン女王(Queen of Pakistan)の地位にあった。

歴代皇帝[編集]

ムガル帝国[編集]

イギリス帝国[編集]

関連項目[編集]