シムラー (インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
シムラー
शिमला
Shimla
Queen of Hills
時計回りに上から: 南側の市街、Rashtrapati Niwas、タウンホール、夜のシムラー、St. Michael's Catholic Church
ヒマーチャル・プラデーシュ州の位置を示したインドの地図
シムラーの位置
シムラー
シムラーの位置
ヒマーチャル・プラデーシュ州 とインド内)
測地系: 北緯31度06分10秒 東経77度10分28秒 / 北緯31.1027度 東経77.1744度 / 31.1027; 77.1744
インドの旗 インド
ヒマーチャル・プラデーシュ州
行政区 シムラー県英語版
人口
密度
都市圏
169,758[1] (2011年現在)
6,790 /km2 (17,586 /sq mi)
171,817[2]
公用語 ヒンディー語
標準時 IST (UTC+5:30)
面積
海抜
25 km2 (10 sq mi)
2,205 m (7,234 ft)

シムラーヒンディー語: शिमला英語: Shimla)は、インド北部にあるヒマーチャル・プラデーシュ州州都

イギリス統治時代はインド帝国の「夏の首都」として、夏季には首都機能がコルカタから移転されていた。インド有数の避暑地である。地名の由来は、インド神話に登場するカーリー女神の化身の一つであるシヤーマーラー・デーヴィー (Shyamala Devi)。

地理[編集]

シムラーは北緯30度45分~31度44分、東経77度0分~78度19分に位置する。ヒマラヤ山脈であり、標高はおよそ2000m。 世界遺産となっているカールカー=シムラー鉄道の終点でもある。

脚注[編集]

関連項目[編集]