法顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
法顕
337年 - 422年
生地 平陽郡武陽県
没地 荊州辛寺
著作 仏国記

法顕(ほっけん、337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の。姓は龔、平陽郡武陽縣(今の山西省)の人。

生涯[編集]

幼くして出家、20歳で具足戒を受けた。その人となりは「志行明敏、儀軌整粛なり」といわれた。

仏教の学究を進めるにしたがい、経典の漢語訳出にくらべて戒律が中国仏教界において完備しておらず、経律ともに錯誤や欠落があるのをなげき、399年隆安3年)、慧景、慧応、慧嵬、道整等の僧と共に長安からインドへ求法の旅にたった。途中ホータン王国を経由しつつ6年かかって中インド(中天竺)に達し、王舎城などの仏跡をめぐり、『摩訶僧祇律』、『雑阿毘曇心論』などをえて、さらにスリランカにわたり、『五分律』、『長阿含経』などをもとめた。413年義熙9年)海路で青州(今の山東省)へ帰国したが、帰国できたのは法顕のみであった。彼の記した旅行記を『仏国記』(別名、『法顕伝』、『歴遊天竺記伝』。英語とフランス語に翻訳されたものが存在)といい、当時の中央アジアやインドに関して書かれた貴重な史料となっている。

建康仏陀跋陀羅に出会い、法顕が持ち帰った『大般涅槃経』等が訳出され、涅槃宗成立の基となった。『摩訶僧祇律』40巻も訳された。法顕は荊州の辛寺で没した。享年86。没後、『五分律』も仏駄什が訳した。

伝記資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]