東晋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東晋
西晋 317年 - 420年 宋 (南朝)
東晋の位置
前秦と東晋。
公用語 漢語(中国語
首都 建康
皇帝
317年 - 322年 元帝
322年 - 325年 明帝
325年 - 342年 成帝
342年 - 344年 康帝
344年 - 361年 穆帝
361年 - 365年 哀帝
365年 - 371年 廃帝
371年 - 372年 簡文帝
372年 - 396年 孝武帝
396年 - 418年 安帝
変遷
建国 317年
に禅譲 420年
前涼・前秦前燕と東晋。
前秦(水色)と東晋(黄色)の領域
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

東晋(とうしん、拼音:Dōngjìn)は、中国西晋王朝が劉淵の漢(前趙)より滅ぼされた後に、西晋の皇族であった司馬睿によって江南に建てられた王朝である(317年 - 420年)。西晋に対し史書では東晋と呼んで区別する。

概要[編集]

永嘉の乱により洛陽が陥落、懐帝が捕虜となり、西晋は316年建興4年)に事実上滅亡した。その際に西晋の琅邪王であった司馬睿は、江南の建業(現在の南京)に逃れ、琅邪の豪族王氏出身の王導の助力を得て317年建武元年)に東晋を建てた。東晋は約100年、11代にわたり、華北から逃れてきた北来の勢力と江南土着の豪族勢力との協力によって続いた。

漢代には江南(長江流域)は、中原(黄河流域)と比較すると人口の少ない後進地域であったが、三国時代より華北からの避難民によってその増加は始まり、永嘉の乱によって華北の荒れた西晋末には勢いを増した。こうした中で東晋は、これら流民に対して初年を免税にするなど税制上の優遇措置を設けたうえで戸籍につかせ(土断法)、その故郷の県や郡を江南各地で再建する(僑立する、ただし土断の過程でやがて合併)と同時に、開墾の奨励を行った。結果、元来温暖な気候と水資源に恵まれていたこともあって、同地域は経済的に華北に対抗可能なまでに急速に発展した。

東晋中期には、一時的に華北統一を達成した前秦苻堅の、公称100万とも112万とも称される大軍の攻撃を受けるが、見事に撃退している(淝水の戦い)。その前後に、経済的繁栄と華北の政治的混乱を利用し中原奪回に着手、一時的に桓温が洛陽を、劉裕は長安と洛陽の二大旧都を占領したが、国力の不足と指揮者の政治的事情により、共に占領の恒久化には失敗、中国統一は達成されず、旧都もやがて北方民族の軍により奪回された。

東晋は首都と国境が近接していることより北方からの攻撃を受けることもあり、政権は不安定なものであった。328年咸和3年)に発生した蘇峻の乱に際しては、後にこれを平定するも、都城が炎上したりもしている。『晋書』蘇峻伝によれば、反乱に際し百官が捕虜となり、首都は大規模な略奪を受け、士人・宮女らが衣服を剥がされて泣き叫ぶなどの惨状を呈し、「残酷無道」であったと記されている。その後も大規模な反乱が発生しており、324年太寧2年)には北来貴族であった王敦の反乱により首都が陥落、399年隆安3年)には孫恩が朝廷官人をも巻き込んだ孫恩の乱を起こし、江南一帯に被害を与えている。

朝廷内部では西晋同様に貴族階級が要職を独占し、中でも北来貴族出身である王氏、謝氏、桓氏など有力氏族が大きな勢力となった。反面、宗室の司馬氏の求心力は低下し、土着勢力及び西晋の亡命貴族が司馬氏を推戴する形式となっており、皇帝権力は限定的なものであった。また、から帝位簒奪した司馬氏の歴史も皇室権威の低下につながった。

軍事面では、国防上の必要から首都周辺と荊州北部に二大駐屯地が設置され、王敦と蘇峻の反乱鎮圧に功績を挙げた郗鑒陶侃がそれぞれの場所に軍団を置き、一方を北府、一方を西府と称していた。402年大亨元年)の五斗米道の反乱鎮圧や、417年義熙13年)の後秦遠征の成功など経て共に政治的な強い影響力を有するようになり、政権内部での発言力が強まっていった。

東晋末期、安帝より禅譲され楚朝を立てた西府軍団の領袖・桓玄が劉裕により誅殺されると、北府軍団を掌握する劉裕の勢力が強大となっていった。420年元熙2年)、恭帝より禅譲された劉裕により宋朝が開かれ、東晋は滅亡した。

東晋の皇帝[編集]

  廟号 諡号 姓名 在位 年号
1 中宗 元帝 司馬睿 317年 - 322年 建武 317年-318年
大興 318年-321年
永昌 322年-323年
2 粛宗 明帝 司馬紹 322年 - 325年 太寧 323年-326年
3 顕宗 成帝 司馬衍 325年 - 342年 咸和 326年-334年
咸康 335年-342年
4   康帝 司馬岳 342年 - 344年 建元 343年-344年
5 孝宗 穆帝 司馬聃 344年 - 361年 永和 345年-356年
升平 357年-361年
6   哀帝 司馬丕 361年 - 365年 隆和 362年-363年
興寧 363年-365年
7   廃帝
(海西公)
司馬奕 365年 - 371年 太和 366年-371年
8 太宗 簡文帝 司馬昱 371年 - 372年 咸安 371年-372年
9 烈宗 孝武帝 司馬曜 372年 - 396年 寧康 373年-375年
太元 376年-396年
10   安帝 司馬徳宗 396年 - 418年 隆安 397年-401年
元興 402年
隆安 402年
大亨 402年-403年
元興 403年-404年
義熙 405年-418年
11   恭帝 司馬徳文 418年 - 420年 元熙 419年-420年

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
西晋瑯邪恭王覲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
I中宗元帝叡(睿)
 
II粛宗明帝紹
 
III顕宗成帝衍
 
VI哀帝丕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
VII廃帝海西公奕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IV康帝嶽(岳)
 
V孝宗穆帝聃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
VIII太宗簡文帝昱
 
IX烈宗孝武帝曜
 
X安帝徳宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
XI恭帝徳文
 
晋系図(丸囲み数字は西晋の即位順、ローマ数字は東晋の即位順)

関連項目[編集]


参考資料[編集]

参考文献[編集]

塚本善隆『唐とインド 世界の歴史 4』中央公論社、1962年

脚注[編集]

外部リンク[編集]


先代:
西晋
中国の歴史
次代:
宋 (南朝)
南北朝時代