東魏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東魏
北魏 534年 - 550年 北斉
東魏の位置
東魏と西魏・梁
公用語 漢語(中国語
首都
皇帝
534年 - 550年 孝静帝
変遷
北魏より分立 534年
北斉に禅譲 550年
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

東魏(とうぎ、534年 - 550年)は、中国南北朝時代にあった北朝の国の一つ。北魏が分裂して成立した二つの魏のうち、函谷関の東側で中原を中心とした版図を持つ国の呼び名。函谷関の西側で関中を中心とした版図を持つ国の方は、西魏と呼んで区別する。

「北魏」「東魏」「西魏」は、いずれも後代の史家が便宜上そう呼びはじめたもので、本来の国号はみなである。また、東魏・西魏のそれぞれが魏(北魏)の正統を自認していた。

概要[編集]

534年、大丞相高歓を排除しようと謀って失敗した北魏の孝武帝は、洛陽から逃れて関中に入り、宇文泰に保護された。高歓はやむなくで元善見(孝静帝)を皇帝に擁立した。これが東魏と呼ばれる。一方、宇文泰は孝武帝と相性が悪く、孝武帝を毒殺して元宝炬(文帝)を皇帝に擁立した。こちらは西魏と呼ばれる。

東魏では高歓が専権を振るい、孝静帝は高氏一族の傀儡でしかなかった。国力は当初は西魏に対して優っていたにもかかわらず、しばしば軍事的敗北を喫した。547年に高歓が死ぬと、その長男の高澄が大丞相を継いだ。間もなく侯景に降りて東魏に叛くと、慕容紹宗に侯景を討たせ、高澄は鄴に残った侯景の妻子を殺害、また梁と修好して、侯景を孤立に追い込んだ。549年、高澄は相国に上り、斉王に封じられた。しかし高澄は酒乱による暴虐が酷さを増すばかりだったので、蘭京に殺された。高歓の次男の高洋が相国・斉王を継ぎ、この高洋が550年に孝静帝から禅譲されて帝位に即き、翌年元旦に国号を斉(北斉)に革める。ここに東魏の16年の短い歴史が終った。

皇帝[編集]

  1. 孝静帝(元善見、在位:534年 − 550年)

元号[編集]

  1. 天平(534年 − 537年)
  2. 元象(538年 − 539年)
  3. 興和(539年 − 542年)
  4. 武定(543年 − 550年)