後趙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後趙
前趙 319年 - 351年 冉魏
後趙の位置
後趙の領域。
公用語 漢語(中国語
首都 襄国→
皇帝
319年 - 333年 石勒
334年 - 349年 石虎
350年 - 351年 石祗
変遷
建国 319年
冉閔によって滅亡 351年

後趙(こうちょう、ごちょう、拼音:Hòuzhào、319年 - 351年)は、中国五胡十六国時代に羯族の石勒によって建てられた国。国号は単にであるが、同時代に劉淵によって建てられた同じく国号をとする国があるために、劉淵の趙を前趙、石勒の趙を後趙と呼んで区別する。また、石氏の王朝のために石趙とも呼ばれる。

歴史[編集]

後趙の高祖石勒は元は劉淵に従って西晋の討伐に大きな功績を挙げた。隠帝劉粲靳準に殺される事件が起きると、石勒は劉淵の族子の劉曜と共に反乱を鎮圧し、劉曜は皇帝に就いた。石勒は趙公となるが、その後独立して趙王を称した。石勒と劉曜は10年間睨み合ったが、329年に石勒は前趙を滅ぼした。これを機に石勒は天王を称し、翌年には皇帝を称した。

333年に石勒が死去すると太子石弘が即位するが、石勒の族子の石虎がすぐに実権を奪い、石弘を殺した。石虎は積極的に外征を行なうが、あまり成果は挙げられず、国力を消耗しただけであった。

349年に石虎が死ぬと後継者争いが起き、その隙を狙って石虎の養孫になっていた漢族冉閔が国を奪い、冉魏を建てた。この時に冉閔は後趙の主要民族である羯族を大量に虐殺、後趙に属していた族の苻洪族の姚弋仲の離反を招いた。

その後、石祗が一時的に後趙を復活させるが、すぐに冉閔によって滅ぼされた。

[編集]

石勒の出身で五胡のひとつとされる(けつ)とは匈奴の一種であり、『魏書』列伝第八十三にて「その先は匈奴の別部で、分散して上党武郷の羯室に住んだので、羯胡と号した。」とあり、『晋書』載記第四(石勒載記上)では「その先は匈奴の別部羌渠の胄(ちゅう:子孫)である。」とあるように、かつて南匈奴に属した羌渠種の子孫が上党郡武郷県の羯室という地区に移住したため、この名がついたという。

これについて内田吟風は「羯とは中国人がつけた蔑称であり、彼らが羯室に住んだため、そこにちなんで羯(去勢した羊)という意味を含めて、羯と呼んだ。」[1]としている。また、E. G. Pulleyblankは「羯とはエニセイ語で石を意味するkhes, kitの音訳で、石氏の石はその意訳である可能性が強く、逆に羯室とは彼らが移住したためについた地名である。」[2]とした。

後に羯は匈奴および異民族を指す代名詞となる(羯鼓:かっこ)。

歴代皇帝[編集]

  1. 高祖明帝(石勒、在位:330年 - 333年) - 皇帝と称する。
  2. 廃帝海陽王(石弘、在位:333年 - 334年
  3. 太祖武帝(石虎、在位:334年 - 349年
  4. 廃帝斉公(石世、在位:349年
  5. 廃帝彭城王(石遵、在位:349年
  6. 廃帝義陽王(石鑒、在位:349年 - 350年
  7. 新興王(石祗、在位:350年 - 351年

元号[編集]

  1. 太和328年 - 330年
  2. 建平330年 - 333年
  3. 延熙334年
  4. 建武335年 - 348年
  5. 太寧349年
  6. 青龍350年
  7. 永寧350年 - 351年

脚注[編集]

  1. ^ 『北アジア史研究 匈奴篇』(1988年)
  2. ^ "The Consenantal System of Old Chinese"(1963年)

参考資料[編集]

関連項目[編集]