北燕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北燕(ほくえん)は、中国五胡十六国時代の王朝の一つ(407年 - 436年)。鮮卑化した漢人将軍馮跋が、後燕王の慕容熙を廃して建国した。

歴史[編集]

簒奪の事実を隠すため高句麗系の名族・高雲を擁立したが、後に馮跋が自ら天王に即位した。黄龍府すなわち龍城遼寧省朝陽市)を都とし、主として遼西地方を領有した。南朝のからは「黄龍国」と呼ばれることもあった。

馮跋は有能な統治者で、北燕の支配は安定していたが、430年に後を継いだ弟の馮弘華北を統一した北魏の圧迫を受け、436年高句麗に亡命した。馮弘は高句麗から宋への亡命を希望したが、438年北魏の圧力に屈した高句麗によって殺害された。

近年、遼寧省北票市西官営鎮において、北燕宰相の馮素弗の華麗な墳墓が発掘された。

北燕の君主[編集]

  1. 恵懿帝(高雲、在位407年 - 409年) 天王と称する。
  2. 太祖文成帝(馮跋、在位409年 - 430年) 天王と称する。
  3. 昭成帝(馮弘、在位430年 - 435年) 皇帝と称する。

元号[編集]

  1. 正始407年-409年
  2. 太平409年-430年
  3. 太興431年-436年

関連項目[編集]