五胡十六国時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

五胡十六国時代(ごこじゅうろっこくじだい)は、中国の時代区分のひとつ。304年の漢(前趙)の興起から、439年北魏による華北統一までを指す。五胡十六国(ごこじゅうろっこく)は、当時、中国華北に分立興亡した民族・国家の総称である。十六国とは北魏末期の史官・崔鴻が私撰した『十六国春秋』に基づくものであり、実際の国の数は16を超える。

後漢末期から北方遊牧民族の北方辺境への移住が進んでいたが、西晋八王の乱において諸侯がその軍事力を利用したため力をつけ、永嘉の乱でそれを爆発させた。

五胡十六国という呼び名[編集]

五胡とは匈奴鮮卑の五つのことである。匈奴前趙北涼を、鮮卑前燕後燕南燕南涼西秦を、後趙を、前秦後涼成漢を、後秦を、漢族が前涼西涼冉魏北燕をそれぞれ建てた。

また、匈奴によって建てられた前趙、鮮卑慕容部によって建てられた前燕といった説明がされるが、これはあくまで中心となって建てた民族であり、その国家の中には複数の民族が混在していた。

「胡」の字には異民族に対する差別的な意味合いがあるので、近年使用が控えられるようになり、それに代わり東晋十六国の名前が使われるようになってきた。ただし、五胡十六国時代の範囲には東晋滅亡後の20年ほども含むため、この用語も完全に適切とは言いがたい。

歴史[編集]

戦乱の前段階[編集]

西晋時代の北方遊牧民族の領域

前漢宣帝の時代に匈奴が分裂し、後漢光武帝時代には落尸逐鞮単于が光武帝の下に入朝して、匈奴は漢朝領周縁に居住する事となった。後漢末期には山西省北部に居住するものもいた。一方、北アジアの覇権は鮮卑に奪われる。

鮮卑は2,3世紀檀石槐の元で北アジアに覇権を唱えたが、その後分裂した。

西にいた族は漢の統制下に入っていたが、何度か漢に対しての反乱を起こした。

族は前漢代より甘粛・陝西・四川に居住し、漢の支配下に入っていた。この氐族は漢化が進み、後漢末期にはほとんど定住農耕民として暮らしていた。

また、三国時代には曹操曹丕が、周辺異民族の自国領周縁への移住政策を行った事もある。

内地へ移住した諸民族は、それまでの部族形態を維持したまま中国の傭兵として使われた場合が多い。

五胡十六国時代の幕開け[編集]

三国時代の抗争の後、ようやく中国を再統一した司馬炎であったが、統一後はだらしなくなり、女色に耽って政治を省みないようになる。その死後に即位した恵帝は暗愚で知られる皇帝であり、皇后の賈南風などに利用されるがままであった。賈南風等は自分達の権力を固めようと諸侯王たる皇族達を巻き込み、八王の乱と呼ばれる内乱を勃発させたため、国内は大騒乱となる。

この乱が大規模なものとなった理由として、晋が諸侯王に対して与えた兵力がかなり大きいものであった事が挙げられる。前代の魏は諸侯王の兵力を大きく削り、監視を厳しくして皇帝に対する反乱ができないように抑えつけた。結果、諸侯王は反乱を起こせなくなり、皇族間による内乱は発生しなかった。一方、中央では短命な皇帝や幼帝が続いた事もあって、重臣の司馬懿が台頭するようになったものの、これを抑える力を持った諸侯王が登場する事もなかった。結果、魏は司馬氏による簒奪を許してしまったのである。

簒奪の結果成立した晋では、これを教訓に諸侯王に大きな兵力を与えたが、それが過ぎたため、今度は有力な諸侯王による権力争いが生じ、彼らは己の兵力を以って対抗し合ったため乱は泥沼化した。諸侯王は友好関係にある塞外異民族を傭兵として用いた。

八王の乱は306年に終結するが、晋の国力衰退は明らかであり、匈奴の単于の家系である劉淵はこれを好機と見た。彼は八王の1人であった成都王司馬穎に従いに駐屯していたが、幽州都督王浚并州刺史司馬騰の討伐を名目にして鄴から離れ、304年に山西の離石で自立して匈奴大単于を名乗り、漢と匈奴が兄弟の契りを交わしていた事を名目として漢王の座に就いた(劉淵死後に改称して前趙となる)。同年には、四川でも巴賨族の李雄が成都王を名乗って晋より独立した(後に国号を大成とし、更に漢と改称したので成漢と呼ばれる)。また甘粛では晋の涼州刺史であった張軌が自立し、前涼政権を建てた(王とは名乗らず晋に対して称臣していた)。五胡十六国時代の幕開けである。

華北王朝の興亡[編集]

華北の浸透王朝の歴史
五胡十六国北朝
東胡 濊貊 粛慎
前漢   匈奴
後漢 烏桓 鮮卑 夫余 高句麗 沃沮 挹婁
西晋
慕容部 宇文部 高句麗
前燕
前秦
後燕
北燕
北魏 契丹 室韋 勿吉
東魏
北斉
北周
靺鞨
渤海
征服王朝の歴史
契丹 女真 東丹国
定安
東遼 大真国
後金女真満州
中国朝鮮関係史
Portal:中国

劉淵は匈奴の羯族出身である石勒や漢人の将軍王弥を従えて山西一帯を攻略し、308年には漢皇帝を名乗る。劉淵は310年に死去し、一旦息子の劉和が後を継ぐが、人望が無く弟の劉聡が取って代わった。劉聡は翌311年に晋の首都・洛陽を落として恵帝の弟懐帝を虜にし、晋を実質上滅ぼした(永嘉の乱)。その後、長安では残党によって懐帝の甥愍帝が擁立され、漢に対して抵抗を続けていたが、316年にこれを滅ぼして、晋を完全に滅亡させた。晋の王族であった司馬睿はそれ以前より南の建業(後に建康と改称)に居たが、愍帝が殺された事を聞くと、帝位に就いて晋を再興した。これは東晋と呼ばれ、前趙に滅ぼされた王朝は西晋と呼ばれる。

318年に劉聡は死去し、後継を巡って争いが起きる。これは最終的に族子(同族内の子供の世代にあたる者の事)の劉曜によって収められ、劉曜は即位して国号を趙(石氏が建国した後趙と区別するため、前趙と史称される)と改める。しかし、東方の攻略に出されていた石勒は襄国(現在の河北省邢台市)に拠って自立し、翌年には大単于趙王を名乗った。石勒はこの時鮮卑拓跋部段部と結んで王浚や劉琨を討伐して河北・河南を領有し、山東曹嶷(そうぎょく)も滅ぼし、洛陽を境に前趙とにらみ合った。その後10年程睨み合いが続くが、劉曜は次第に酒色に耽るようになった。

328年に劉曜は後趙に占領された洛陽を奪還するべく親征するが、石勒の従甥の石虎の軍に大敗して捕虜となり処刑された。残った太子の劉煕も翌年に石虎に敗北して殺され、前趙は滅亡、後趙が華北をほぼ統一した。石勒は翌年の330年に天王を名乗り、更に皇帝に即位した。石勒は333年に死去し、息子の石弘が即位するが、石虎が廃位・殺害して自ら即位した。

石虎は鄴に遷都し、 鮮卑段部を滅ぼして後趙の最盛期を作った。一方で残虐な振る舞いが多く、溺愛していた息子の石韜が太子石宣によって殺されると石宣を含めた一族を多数殺害した。

石虎が349年に死去すると太子の石世が即位したが、間もなくして石斌に殺害され、彼の兄弟達による後継者争いが起きた。この時に漢人で石虎の養孫・石閔は後趙の皇族らを殺して簒奪し、国号を魏と定めた。その際に、元の名である冉閔に戻している。彼が建てた国は、後に建国された北魏などと区別するために冉魏と史称されるが、短命に終わったため五胡十六国の中には入っていない。後趙の残党はその後しばらく抵抗したが、351年に完全に滅亡した。

冉閔は石氏を筆頭とした羯族の連年の戦争と略奪を背景として、旧後趙領の漢人に異民族への復讐を呼びかける檄文を飛ばした。結果、漢人諸侯の決起と胡族同士の戦いによって数十万に上る胡人が殺害され、残った異民族は故郷への脱出を図った。史書によると無事に帰れた者は十に二、三と言われるほどであったという。しかし、東晋に対しても敵対した為、一部の漢人からも背かれた。

その頃、遼東では既に337年に鮮卑慕容部が慕容皝の元で前燕を立てており、冉魏の混乱を見た前燕は中原へと進出した。前燕軍は冉魏軍に連勝し、352年に冉閔を捕らえて殺害、冉魏を滅ぼして龍城から鄴に遷都、前燕の君主慕容儁は皇帝に即位して中原に勢力を拡大した。

淝水の戦い[編集]

前秦(水色)と東晋(黄色)の領域

同じ頃、後趙の支配力が及ばなくなった陝西地方では族の苻洪が秦王を名乗り、息子の苻健長安に入って秦皇帝に即位した。彼らの建てた国は前秦と呼ばれる。

一連の混乱に乗じて、東晋の将軍桓温は成漢を滅亡させて四川を東晋の版図に組み入れ、354年北伐を行い前秦を攻めるが撃退された。桓温は一旦兵を引き上げるが、356年に再び北伐を行い、洛陽を占領したものの兵を引き上げ放棄した。前秦は勢力を拡大し、360年頃には前燕が華北の東を前秦が西を領有して、前趙・後趙の時と同じように東西での睨み合いの状態となった。

苻健の後を継いだ苻生は横暴で周囲の不満を買い、従弟の苻堅によるクーデターで殺害された。苻堅は優れた人物で、漢人の王猛を登用してその献言に従い、370年に前燕を、371年に甘粛に拠っていた仇池を、376年に山西北部に割拠する鮮卑拓跋部のと前涼を滅ぼして華北を統一した。更に朝鮮半島の高句麗新羅朝貢国とし、勢力は大きく奮った。

更に苻堅は、中国の統一を目指して東晋遠征を計画する。王猛は375年に死去しており、臨終の際に東晋への遠征は止めるよう遺言した。しかし苻堅はこれを聞き入れず、遠征を決行する。

383年、苻堅は100万と号する親征軍を南下させた。これに対する東晋軍は謝安を大都督とした20万で迎え撃った。両軍は淝水(現在の安徽省寿県)を挟んで対峙する。前秦軍は一旦、兵を後退させ、東晋軍が河を渡った所で攻撃しようとした。しかし後退させた事で陣形が崩れ、そこを東晋軍に突かれて大混乱に陥り、前秦軍は大敗した(淝水の戦い)。

前秦軍は様々な民族の混成であり、先の戦いで東晋から捕虜となっていた将軍なども起用されていた。苻堅は残軍を纏めて帰還するが、これを見た配下の諸部族は反旗を翻した。旧前燕の領土には後燕が、山西では代と西燕、陝西には後秦西秦が、甘粛には後涼が建国された。更にその後の混乱から陝西に、甘粛に北涼南涼西涼、山東に南燕などが乱立し、華北は再び騒乱状態となった。

北魏の華北統一[編集]

北魏と宋

これらの国々の中で、慕容皝の子の慕容垂によって建てられた後燕との族長姚萇によって建てられた後秦が次第に強大となる。後燕は394年に西燕を、後秦も同年に前秦をそれぞれ滅ぼして領土を拡大し、再び東西での睨み合いとなるかと見えた。しかし、代から改称した鮮卑拓跋部による北魏と匈奴の赫連勃勃によって建てられた夏(大夏)とが次第に強大となる。

後燕は395年に北魏に対して遠征を行い、これに大敗する。翌年に慕容垂が死去した事もあって一気に頽勢となり、398年に南燕が離反。また、北魏により領土の大半を奪われた。407年には漢人の馮跋により高句麗出身の慕容雲(元の名は高雲)が擁立され、後燕は滅亡する。この政権は2年後、馮跋に乗っ取られて北燕と史称されるが、保持していた領地は遼東遼西の狭い地域である。

後秦は西秦や後涼との抗争を続けていたが、その配下であった赫連勃勃が自立して夏を建て、後秦に攻撃を仕掛けて領土を奪う。最終的に後秦は417年に東晋の劉裕(後の南朝の創始者・武帝)率いる遠征軍により滅ぼされた。劉裕は南燕も410年に滅ぼしており、これらの軍功を以って420年に東晋から禅譲を受けて宋を建てた。

劉裕が引き上げた後に夏は長安を奪取し、華北に北魏と夏が並び立つが、建国者の赫連勃勃は425年に死去する。後を継いだ子の赫連昌427年に北魏によって首都・統万を落とされ、翌年に捕虜となる。弟の赫連定が即位するが、再び北魏に大敗し、431年に西秦を滅ぼすも、最後は吐谷渾によって捕らえられて北魏に送還され、処刑された。

北魏は436年に北燕を滅ぼし、439年には甘粛地方を統一していた北涼を滅ぼして華北を統一した。これを以って五胡十六国時代は終わり、南北朝時代の始まりとなる。

宗教[編集]

五胡十六国時代は、それ以前の中国における宗教の概念を一変させた時代であると言える。その最大の特徴は、外来宗教である仏教の受容の仕方に現れている。五胡の君主の大多数は非漢民族(異民族)ではあったが、儒教を尊崇する君主もあったし、老荘思想を志向する者も見られた。そんな中で当時の社会不安が高まり、戦乱が打ち続く華北において飛躍的に拡がったのは、仏教であった。

魏晋の社会では、仏教は依然として外来の宗教であったが、五胡の君主達は、自らが仏教徒となると共に、仏教による民衆教化を図った。

五胡の君主達は高僧を霊異ある者として遇し、政治顧問や軍師として用いる例も多かった。よく知られる例は、後趙の石勒・石虎に崇拝された仏図澄の場合である。更に仏図澄の門下からは、釈道安竺僧朗らの漢民族の高僧が輩出し、仏教はより広い地域に広まった。

前秦の苻堅の場合でも、襄陽の道安を武力によって獲得している上、亀茲で名高かった鳩摩羅什長安に迎えようとした。後者は実現しなかったが、その際の遠征が北涼の建国につながった。最終的には、北涼を滅ぼした後秦の姚興の手で鳩摩羅什は遂に長安に迎えられることとなり、盛んに訳経事業を行った。

泰山に入った僧朗に対しては、6人の君主が施物を献じて、彼を自らの国に迎えようとした。しかも、その君主の中には東晋の孝武帝も含まれていたのである。

個々の五胡十六国[編集]

民族(五胡)[編集]

国々(十六国他)[編集]

五胡十六国
国名 始祖 存続年 民族
前涼 張軌 301年 - 376年 漢族
前趙 劉淵 304年 - 329年 匈奴
成漢 李特 304年 - 347年 巴賨
後趙 石勒 319年 - 351年
前燕 慕容皝 337年 - 370年 鮮卑
前秦 苻健 351年 - 394年
後燕 慕容垂 384年 - 409年 鮮卑
後秦 姚萇 384年 - 417年
西秦 乞伏国仁 385年 - 431年 鮮卑
後涼 呂光 389年 - 403年
南涼 禿髪烏孤 397年 - 414年 鮮卑
北涼 沮渠蒙遜 397年 - 439年 盧水胡
南燕 慕容徳 400年 - 410年 鮮卑
西涼 李暠 400年 - 421年 漢族
赫連勃勃 407年 - 431年 匈奴
北燕 馮跋 409年 - 436年 漢族
五胡十六国以外の国
国名 始祖 存続年 民族
仇池 楊茂捜 296年 - 506年
拓跋猗盧 315年 - 376年 鮮卑
冉魏 冉閔 350年 - 352年 漢族
西燕 慕容泓 384年 - 394年 鮮卑
翟魏 翟遼 388年 - 392年 丁零
後蜀 譙縦 405年 - 413年 漢族
宇文部 葛烏菟 ???年 - 344年 鮮卑
段部 段日陸眷 ???年 - 357年 鮮卑

参考文献[編集]

先代:
西晋
中国の歴史
次代:
南北朝時代