靺鞨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
満州の歴史
箕子朝鮮 東胡 濊貊 粛慎
遼西郡 遼東郡
遼西郡 遼東郡
前漢 遼西郡 遼東郡 衛氏朝鮮 匈奴
漢四郡 夫余
後漢 遼西郡 烏桓 鮮卑 挹婁
遼東郡 高句麗
玄菟郡
昌黎郡 公孫度
遼東郡
玄菟郡
西晋 平州
慕容部 宇文部
前燕 平州
前秦 平州
後燕 平州
北燕
北魏 営州 契丹 庫莫奚 室韋
東魏 営州 勿吉
北斉 営州
北周 営州
柳城郡 靺鞨
燕郡
遼西郡
営州 松漠都督府 饒楽都督府 室韋都督府 安東都護府 渤海国 黒水都督府
上京道   東丹 女真
中京道 定安
東京道
東京路
上京路
東遼 大真国
遼陽行省
遼東都司 奴児干都指揮使司
建州女真 海西女真 野人女真
満州
 

東三省
ロマノフ朝
中華民国
東三省
ソ連
極東
満州国
中華人民共和国
中国東北部
ロシア連邦
極東連邦管区/極東ロシア
中国朝鮮関係史
Portal:中国

靺鞨(まつかつ、拼音:Mòhé)は、中国の時代に中国東北部(現在のロシア連邦沿海地方)に存在した農耕漁労民族。南北朝時代における「勿吉(もつきつ)」の表記が変化したものであり、粛慎挹婁の末裔である。16部あったが、後に高句麗遺民と共に渤海国を建国した南の粟末部と、後に女真族となって朝,朝を建国した北の黒水部の2つが主要な部族であった。

構成部族[編集]

  • 粟末部…高句麗と隣接し、勝兵は数千。
  • 伯咄部(汨咄部)…粟末部の北に住み、勝兵は7千。
  • 安車骨部(安居骨部)…伯咄部の東北に住む。
  • 拂涅部…伯咄部の東に住む。
  • 号室部…拂涅部の東に住む。
  • 黒水部…安車骨部の西北に住む。
  • 白山部…粟末部の東南に住む。勝兵は約3千。
  • 黒水部
  • 思慕部…黒水の西北に住む。
  • 郡利部…思慕部の北に住む。
  • 窟説(屈設)部…郡利部の東北に住む。
  • 莫曳皆部…窟説部の東南に住む。
  • 拂涅部
  • 虞婁部
  • 越喜部
  • 鉄利部

歴史[編集]

6世紀頃の中国大陸東北部

隋代[編集]

開皇581年 - 600年)の初め、靺鞨はに遣使を送って貢献した。

煬帝(在位:604年 - 618年)の高句麗遠征(612年613年)の折、渠帥の度地稽(突地稽)はその部を率いて隋に降った。そのため右光禄大夫に拝され、柳城に住まわせてもらう。度地稽は中国の風俗を気に入り、冠帯することを請うた。煬帝はこれを喜び、錦綺を賜って度地稽を褒寵した。

遼東の役において、度地稽はその部衆を率いて従軍し、戦功があった。

[1]

唐代[編集]

武徳618年 - 626年)の初め、突地稽(度地稽)は遣使を送って朝貢をしたため、はその部落をもって燕州を置き、突地稽を総管とした。

劉黒闥の叛乱において、突地稽は所部を率いて定州に赴き、遣使を送って太宗に詣でて節度を受けることを請い、戦功をもって蓍國公に封ぜられた。また、その部落を幽州の昌平城に遷す。

高開道突厥を招き寄せて幽州に来攻した際、突地稽は兵を率いて迎撃し、これを大破した。

貞観627年 - 649年)の初め、突地稽は右衛将軍に拝され、唐の国姓である李氏を賜った。突地稽が死ぬと、子の謹行が後を継いだ。

麟徳中(664年 - 665年)、謹行は営州都督となる。その部落は数千人にのぼり、財力もあったことから夷人たちに憚られるようになる。のちに謹行は右領軍大将軍を拝命、積石道経略大使となる。

吐蕃論欽陵らが10万を率いて湟中に入寇して来た時、謹行の兵士は準備をしていなかったが、吐蕃軍が来るのを聞くと、旗を建てて鼓を打ち鳴らし、開門してこれを待った。すると、吐蕃軍は伏兵があると思ってそれ以上進めなかった。

上元3年(676年)、謹行は吐蕃軍数万を青海で破ったため、鎮軍大将軍・行右衛大将軍を拝命し、燕国公に封ぜられる。

永淳元年(682年)、謹行が死ぬと、唐は彼に幽州都督を贈り、乾陵に陪葬してやった。その後も靺鞨は遣使を送って朝貢し続けた。

一方、白山部はもともと高句麗に附いていたが、唐が高句麗を滅ぼすと(668年)、唐に降った。また、汨咄部,安居骨部,号室部などは高句麗が滅亡すると、微弱となって分散し、渤海国に流れた。ただ黒水部は強盛であり、16部に分かれていた。

[2]

粟末靺鞨[編集]

大祚栄高句麗に附いていた粟末靺鞨出身者であり、高句麗が滅ぶと、家族を率いて営州に移り住んだ。

万歳通天元年(696年)、契丹首領の李盡忠孫万栄が反乱を起こし、営府を攻め落としたため、東突厥可汗阿史那默啜周朝に契丹討伐を願い出て、これを大破させた。この時、舍利の乞乞仲象という者は靺鞨酋長の乞四比羽や、高句麗の残党たちと東へ逃れ、遼水を渡って太白山の東北に割拠した。武則天は初め、乞四比羽を封じて許国公とし、乞乞仲象を震国公としてその罪を赦したが、乞四比羽がその命を受けなかったため、玉鈐衛大将軍の李楷固中郎将の索仇を遣わしてこれを攻撃させた。乞四比羽と乞乞仲象は斬首され、乞乞仲象の子である大祚栄は余衆を率いて遁走した。李楷固は大祚栄らを追撃したが、大祚栄が高句麗,靺鞨の兵を使って反撃してきたため敗北した。

時に契丹が東突厥に附いて中国~靺鞨間の道を遮断したため、周は再び大祚栄を討伐することができなくなった。大祚栄は乞四比羽の衆を併合し、中国から遠いことを利用して震国を建国。自らを震国王と号して東突厥に臣従した。また、扶餘沃沮弁韓などの諸国を支配下に置いた。

中宗(在位:683年 - 684年705年 - 710年)の時代、大祚栄は息子をに遣わして入侍した。睿宗先天中(712年 - 713年)、唐は大祚栄を拝して左驍衛大将軍・渤海郡王・忽汗州都督とした。この頃より大祚栄は靺鞨の号を使わなくなり、専ら渤海と称すようになる。

[3]

黒水靺鞨[編集]

武徳5年(622年)、渠長の阿固郎が唐に来朝。太宗の貞観2年(628年)に臣附したため、唐はその地をもって燕州とした。高句麗討伐戦(唐の高句麗出兵)ではその北部で反き、高句麗と連合した。高句麗の高恵真らは衆を率いて安市城を援け、靺鞨は常に前線で戦った。唐軍は安市城を破り、高恵真を捕え、靺鞨の兵3千あまりを収めて悉くこれを生き埋めにした。

開元10年(722年)、黒水靺鞨酋長の倪属利稽が唐に来朝、玄宗は彼を勃利州刺史に拝した。

開元13年(725年)、安東都護薛泰が黒水靺鞨内に黒水軍を置くことを請願したため、唐はその最大部落をもって黒水府とし、その首領を都督とし、諸部の刺史はこれに隷属した。また唐は長史を置いてその部落を監領させた。

開元16年(728年)、唐は黒水都督に唐の国姓である李氏を賜い、名を献誠とさせ、雲麾将軍兼黒水経略使を授け、幽州都督をもってその押使とした。

後に渤海国が強盛になると、黒水靺鞨はこれに役属したが、唐に対してもたびたび使者を送って朝貢をした。

五代十国時代、渤海国が契丹によって滅ぼされると(926年)、黒水靺鞨は契丹に附属した。やがて、黒水靺鞨の中でも南に在って契丹に属した者たちは熟女直と号し、北に在って契丹に属さなかった者たちは生女直と号すようになる。

[4]

習俗[編集]

衣食住[編集]

婦人は布製の服をまとい、男子は豬(ブタ)や狗(イヌ)の皮を衣とする。また、髪型は皆髪を編んでいる(辮髪)。

牛と羊がいないが、豬(ブタ)を多く飼っており、食物は主にその豬を食す。また米を噛んで製造する酒、いわゆる「口噛み酒」を造って飲む。

住居は塚状の穴居式で、塚の上部に入口があってそこから梯子を使って下へ降りる。

人尿洗顔[編集]

挹婁人と同様、最大の特徴である「人尿で手や顔を洗う」という風習も受け継いでおり、中国の史書では「諸夷で最も不潔」と評される。

毒矢[編集]

彼らの使用する毒矢は殺傷能力に優れており、命中すれば必ず死に至り、毒薬の製造過程で発生する湯気でも死に至るという。その毒薬の製造は毎年の7月8月に行われる。弓の長さは3尺、箭の長さは尺二寸、石(フリント質)を使って(やじり)とした。石の矢じりを使うのは拂涅部より以東の者たちであり、彼らは古の肅慎氏の後裔とされる。

埋葬[編集]

地面に穴を掘って死者を埋めるが、はない。生前乗っていた馬を殺して屍前に供える。

政治体制[編集]

特に統一的な君主はおらず、各部族ごとに酋長がおり、その酋長(渠帥)を大莫弗瞞咄といった。

言語系統・文字[編集]

靺鞨が女真の別名であることから[5]、言語は女真語と同じくツングース語の南方グループに属す。比較言語学的研究によれば、粛慎系の語彙はツングース系言語の語彙に近いとされてきた[6]。また発掘調査による出土品から、靺鞨時代の日用品や居住形態・食生活などが文字記録の残っている女真時代へと連続している事が確認されている[7]

他には古シベリア(古アジア)系説があり、その独特の言語、習俗から、靺鞨等の粛慎系の言語はツングース系ではなく、ニヴフ(ギリヤーク)などの古シベリア系ではないかとした説。過去にシロコゴロフ[8]や三上次男[9]などが提唱していた。

文字は無かった[10]

脚注[編集]

  1. ^ 『隋書』列伝第四十六
  2. ^ 『旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  3. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  4. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄、『旧五代史』外国列伝二
  5. ^ 「唐貞観中、靺鞨来朝、初聞女真之名」『宋会要輯稿』、「金国本名朱里真、番語舌音訛為女真。又曰女直、粛慎氏遺種、渤海之別種也。」『大金国史』
  6. ^ 白鳥庫吉「粛慎考」、「穢貊は果たして何民族と見做すべきか」(『白鳥庫吉全集 第4巻』1970年、岩波書店)
  7. ^ 『通古斯族系的興起』(2006年、中華書局)
  8. ^ シロコゴロフ著、川久保悌郎田中克巳訳『シロコゴロフ 北方ツングースの社會構成』(1942年、岩波書店)
  9. ^ 三上次男『古代東北アジア史研究』(1977年、吉川弘文館)
  10. ^ 旧唐書』列伝第一百四十九下北狄「俗無文字。」

参考資料[編集]

  • 隋書』列伝第四十六
  • 旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  • 新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  • 旧五代史』外国列伝二
  • 金史』本紀第一 世紀
  • シロコゴロフ著、川久保悌郎・田中克巳訳『シロコゴロフ 北方ツングースの社會構成』(1942年、岩波書店)
  • 白鳥庫吉全集 第4巻』(1970年、岩波書店)
  • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史1-正史東夷伝』(1974年、平凡社)
  • 三上次男『古代東北アジア史研究』(1977年、吉川弘文館)
  • 加藤九祚『北東アジア民族学史の研究』(1986年、恒文社)
  • 三上次男神田信夫編『民族の世界史3 東北アジアの民族と歴史』(1989年、山川出版社)
  • 高凱軍『通古斯族系的興起』(2006年、中華書局)
  • Yahoo!百科事典

関連項目[編集]