征服王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
華北の浸透王朝の歴史
五胡十六国北朝
東胡 濊貊 粛慎
前漢   匈奴
後漢 烏桓 鮮卑 夫余 高句麗 沃沮 挹婁
西晋
慕容部 宇文部 高句麗
前燕
前秦
後燕
北燕
北魏 契丹 室韋 勿吉
東魏
北斉
北周
靺鞨
渤海
征服王朝の歴史
契丹 女真 東丹国
定安
東遼 大真国
後金女真満州
中国朝鮮関係史
Portal:中国

征服王朝(せいふくおうちょう、Conquest Dynasty)とは、中国史における用語であり、漢族以外の民族によって支配された王朝を総称して、こう呼んでいる。ただし、この語をもって呼ばれるのは、の4王朝であり、五胡十六国の諸国や北朝は「浸透王朝」という用語で定義され、征服王朝とは呼ばれない。

語源[編集]

語源は、在米ドイツ人東洋学者のウィットフォーゲル馮家昇との共著である『中国社会史・遼』である。その説に従えば、この4王朝には、モンゴル系やツングース系の民族が漢民族を征服し、「中華帝国」の系統に属する王朝を起こしたが、少数の異質な文化を保持した民族が中国を支配した。そのため、相前後する漢民族王朝と、政治・経済・社会・文化などの諸方面において、相当な隔たりを持った性格を示していることによって、「征服王朝」という風に命名したという。

体制[編集]

その統治体制は、遼の北面制・南面制に見られるような複合的な統治体制であり、金・元・清も同様の多元的な政治体制をとった。この二重(多重)支配体制に対して、統治民族の本来もつ性格を残存しながらも、中国世界の統治に成功したと見る見方がある。一方では正反対に、異民族は結局のところ、圧倒的な人口的マジョリティである中国文化に同化してしまい、そのために弱体化して滅亡に至ったとする考え方もある。その二面的な考え方に対し、異質な征服民族と中華民族との文化面での接触により同化し、第三の全く新しい文化が生まれたとする見方もある。

これを社会的にみれば、北アジア的な諸部族による遊牧社会・狩猟社会と、被征服社会である中国の農耕社会との複合体制、二重体制であると言える。また、文化的には、各々が民族的な意識を高揚させた結果として、契丹文字女真文字パスパ文字満州文字という国字を創生したことが特徴的である。

ヨーロッパでは、ノルマン人によるイングランド征服(ノルマン・コンクエスト)を征服王朝と呼ぶことが多い。

参考文献[編集]