マジョリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マジョリティ(英:majority)は、本来、「多数者」・「多数派」を意味する英語の言葉。反対語は、マイノリティ

人が集まると集団が出来る。集団を集合ととらえたときの最大の部分集合がマジョリティになる。

例として日本では、大和民族がマジョリティであり、アイヌ民族外国人マイノリティとなる。

また、単純な人数としては必ずしも多数でなくとも、様々な経緯によって、強い発言力を持ち優位な立場に立つグループが存在する場合に、それを指してマジョリティという場合も有り得る。以下に、例を挙げる。

マジョリティは、多数派であるが故に、意識せずマイノリティに不利な環境を作る場合がある。例えば、日本においては自動改札などが右利き(マジョリティ)に便利に作ってあるため、左利き(マイノリティ)には不便な作りになっている。

関連項目[編集]