高雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恵懿帝 高雲
北燕
初代天王
王朝 北燕
在位期間 407年 - 409年
都城 龍城
姓・諱 高雲→慕容雲→高雲
子雨
諡号 恵懿帝
生年 不詳
没年 正始3年(409年)10月
高抜
皇后 李皇后
年号 正始 : 407年 - 409年

高 雲(こう うん)は、五胡十六国時代北燕の初代天王高句麗王族の出身。祖父は高和といい、子に高彭城がいる[1]

生涯[編集]

鮮卑後燕に仕えて武功を立てて恵愍帝の養子となり、慕容の姓を賜って夕陽公に封ぜられ、慕容雲(ぼよう うん)と名乗った。

建始元年(407年)7月に後燕で昭文帝を殺害した中衛将軍の馮跋によって擁立され、このときに後燕は滅んで以降は北燕となったとする[2]。ただし慕容雲は後燕の皇族の一人であり、実質的な建国者は馮跋であるため、高雲までを後燕に入れる場合もある[2]。即位後は姓を高氏(高句麗の国姓)に戻した[2]。恵懿帝は馮跋の傀儡に過ぎず、また恵懿帝の即位で高句麗との関係は好転したが、逆に北魏とは悪化した[3]

正始3年(409年)10月、寵愛していた近臣の離班と桃仁に殺害された。馮跋がこの反乱を鎮定して北燕の天王の位を継いだ[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P111
  2. ^ a b c 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P109
  3. ^ a b 三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P110

参考文献[編集]

先代:
-
北燕の初代天王
407年 - 409年
次代:
文成帝