姚興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
文桓帝 姚興
後秦
第2代皇帝
王朝 後秦
在位期間 399年 - 416年
姓・諱 姚興
子略
諡号 文桓皇帝
廟号 高祖
生年 建元2年(366年
没年 弘始18年(416年
姚萇
皇后 張皇后
斉皇后
陵墓 偶陵
年号 皇初 : 394年 - 399年
弘始 : 399年 - 416年

姚 興(よう こう)は、五胡十六国時代後秦の第2代皇帝。

生涯[編集]

建初8年(393年)に父の武昭帝姚萇が崩御すると、長男(末子との記述もある)とされる姚興が大秦皇帝に即位した。皇初元年(394年)、攻め込んできた前秦苻登を撃退すると、同年、これを馬毛山(現在の甘粛省平涼市)に討って処刑した。ここに後秦による関中の統一が実現した。

文桓帝はこの後も盛んに外征を繰り返し、皇初3年(396年)にオルドスを占領し、皇初6年(399年)に洛陽を陥落させ、弘始2年(400年)には西秦を滅ぼし、弘始3年(401年)に後涼を降して河西の諸政権を従属させた。弘始4年(402年)に北魏と戦って大敗したものの、弘始5年(403年)に東晋から淮河以北の広大な地域を占領し、弘始7年(405年)に後仇池を降伏させるなど、華北に巨大な勢力を築き上げた。

一方で文桓帝は仏教を篤く信奉しており、弘始2年(401年)に後涼を降伏させると、亀茲僧の鳩摩羅什を都常安へ招聘した。文桓帝は鳩摩羅什を国師として拝し、各地に寺院を建立して手厚く保護した。文桓帝自身も熱心に仏典を追究し、鳩摩羅什に請いて特に『実相論』『維摩経注』を訳出させたといわれる。なお、文桓帝の弟の大将軍姚顕や左将軍姚嵩も篤く鳩摩羅什を信奉し、しばしば説法に参加したという。弘始7年(405年)、文桓帝は巨大化した仏僧集団を整備するため、鳩摩羅什の弟子僧肇を初代大僧正に任命して、これを統制した。

晩年になると文桓帝はしばしば危篤状態となり、それと共に諸子が後継者争いを起こして内紛を続出させた。国と太子姚泓の身を案じて、51歳で崩御した。

宗室[編集]

后妃[編集]

[編集]

先代:
文桓帝
後秦の第2代皇帝
394年 - 416年
次代:
末主