姚泓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
末主 姚泓
後秦
第3代皇帝
王朝 後秦
在位期間 416年 - 417年
姓・諱 姚泓
元子
生年 建初3年(388年
没年 永和2年(417年
文桓帝
年号 永和 : 416年 - 417年
※諡号がないために単に帝泓とも称される

姚 泓(よう こう)は五胡十六国時代後秦の第3代(最後の)皇帝。文桓帝姚興の長男。

生涯[編集]

弘始4年(402年)に皇太子に立てられたが、出自に異説もあり、当初から文桓帝の諸子は後継争いを繰り広げた。また、姚泓は深く仏教に傾倒しており、父の文桓帝でさえその懦弱を不安視していた。弘始18年(416年)、後継者争い最大のライバルであった弟の広平公姚弼が、叔父の大将軍・尚書令姚顕の死去に伴って急速に影響力を失うと、ようやく皇嗣としての地位が確立された。

同年、文桓帝の崩御により即位すると、都常安の城内や各地で弟や一族が一斉に反乱を起こし、後秦は急速に瓦解した。また、西秦・後仇池東晋など周辺諸国も後秦へ攻め込んだ。叔父の魯公姚紹の奮戦によって何とか政権は維持されたものの、翌永和2年(417年)に姚紹が陣中で病死すると、もはや後秦を支える人物はいなくなった。劉裕の命令を受けた王鎮悪檀道済の東晋軍が常安を陥すと、末主はついに降伏し、ここに後秦は滅びた。同年、東晋の都建康に送られて処刑された。

なお、姚泓は処刑直前に山中へ逃げ出して行方不明になったため、困った劉裕は似ている人物を選んで代わりに処刑した、という話が伝わっている。

宗室[編集]

子女[編集]

先代:
文桓帝
後秦の第3代皇帝
416年 - 417年
次代:
滅亡