慕容儁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
景昭帝 慕容儁
前燕
第2代王(皇帝)
王朝 前燕
在位期間 349年 - 360年
都城 龍城→薊→鄴
姓・諱 慕容儁
宣英
諡号 景昭皇帝
廟号 烈祖
生年 大興2年(319年
没年 光寿4年1月21日
360年2月23日
慕容皝
皇后 可足渾皇后
陵墓 龍陵
年号 元璽 : 352年 - 357年
光寿 : 357年 - 359年

慕容 儁(ぼよう しゅん、拼音:Mùróng Juàn / Jùn)は、五胡十六国時代前燕の第2代君主。当初は燕王を自称したが(在位:349年 - 352年)、後に皇帝を称した(在位:352年 - 360年)。太祖慕容皝の次男で慕容恪慕容垂慕容納慕容徳の兄。子に慕容曄慕容暐慕容泓慕容沖

生涯[編集]

永和4年(348年)の父の卒去に伴い燕王を称し、翌年1月春秋列国故事に依って元年を称した。4月に東晋穆帝の使者の陳沈は慕容儁に使持節侍中、大都督、河北諸軍事の都督、幽州冀州并州平州4州の大将軍、大単于、燕王を下賜し、正式に燕王となった。

さらに同年、後趙石虎が死去して後趙内部で皇位継承争いが起こり、事実上国内が崩壊すると、永和6年(350年)、この好機を見逃さなかった慕容儁は後趙に侵攻し(現在の北京に当たる領域)を奪い、そこを前燕の都とした。翌年、冉閔が後趙を滅ぼすと慕容儁は冉魏に侵攻、永和8年(352年)9月には冉魏を滅ぼし、大燕皇帝として即位し、元璽元年とした。翌年11月、冉魏の都だった鄴に遷都している。青州で斉王を名乗る段龕を元璽5年(356年)末に数年の戦闘すえ平定した。

しかし聡明で知られた皇太子の慕容曄が早世したため、光寿元年(357年)1月に止むなく三男の慕容暐を太子に立てた。翌年6月に并州で半独立状態だった後趙残党を滅ぼし、明年冬に歩卒150万を鄴に集結させる計画を立てた。光寿3年(359年)鄴の治安が集結させた兵士たちによって悪化した状況で病気が悪化し慕容暐の若さと力量を案じて弟の慕容恪を後見人した。光寿4年(360年)1月に42歳で崩御、慕容暐が皇位を継承した。

人物[編集]

  • 身長は8尺2寸(約188cm)、読書を好み学問に秀で、武芸も優れ、性格は威厳があって重々しく、行動は慎み深く礼儀作法に適ったものであった。

参考文献[編集]

  • 晋書』(慕容儁戴記)
先代:
慕容コウ
前燕の第2代王/皇帝
349年 - 360年
次代:
幽帝