出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前漢 8年 - 23年 後漢
新の位置
9年頃の新(
Wikimedia error 404.png

)の領域。赤が赤眉軍、緑林軍の活動範囲。

公用語 漢語(中国語
首都 長安(常安)
皇帝
8年 - 23年 王莽
変遷
建国 8年
昆陽の戦い、滅亡 23年
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

(しん、8年 - 23年)は、中国王朝前漢外戚であった王莽が前漢最後の皇太子孺子嬰より禅譲を受けて立てた。成帝の時、王莽は新都侯(新都は荊州南陽郡に在る)に封じられたことにより国号を新とした。

の時代を理想とした政策を行なったが、その理想主義復古主義的な政策は当時の実情に合っておらず[1]、国内は混乱。また、匈奴高句麗に対して高圧的な態度を取ったためにこれらの離反を招くなど、その統治は失敗に終わり、国内には不満をもつものが多くなった。[要出典]

具体的な政策としては、古代の名称にあわせた地名や役職名の頻繁な改名、小作農民のための農地国有化奴隷売買の禁止、高利貸しに対し、国家による安い金利での融資などを行った。また新貨幣を鋳造し(制度が複雑で経済が混乱したあげく、私銭鋳造を認めるまでになった)、を国が専売制とするなどの政策があったが、経済政策では地主や高利貸し等から、貨幣鋳造や塩鉄の統制では民衆から、大きく不満と反対が起きた。

遠征も繰り返しており、匈奴には30万人、西南の句町国には20万人の兵を派遣し、後者では6~7割が餓死・疫病で死んだとされる。[要出典]

やがて赤眉緑林の乱が起こり、更始帝の軍により長安を落とされて王莽は殺され、1代限りで滅んだ。

新から後漢への移り変わりは新末後漢初を参照。

皇帝[編集]

姓名 在位 元号
1 王莽 8年 - 23年 始建国 9年-13年
天鳳 14年-19年
地皇 20年-23年

参考資料[編集]

  • 漢書』王莽伝第69上・中・下

脚注[編集]

  1. ^ 新人物往来社『中国王朝四〇〇〇年史』頁30
先代:
前漢

8年 - 23年
次代:
後漢