更始帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
更始帝 劉玄
皇帝
王朝
在位期間 23年2月 - 25年9月
都城 洛陽→長安
姓・諱 劉玄
聖公
諡号 淮陽武順王
生年 不詳
没年 25年12月
劉子張
陵墓 覇陵
年号 更始 : 23年 - 25年

更始帝(こうしてい)は、新末後漢初緑林軍による更始政権の皇帝。姓は。南陽郡蔡陽県(現在の湖北省棗陽市西南)の人。元来は前漢の皇族であり、祖父は蒼梧郡太守の劉利、父は劉子張で、光武帝劉秀の族兄に当たる。正室は趙萌の娘。側室は平林の豪族の娘・何氏と韓氏。子は劉求・劉歆・劉鯉(寿光侯)。孫は劉巡(求の子)、曾孫は劉姚(巡の子)。

生涯[編集]

後漢書劉賜伝註の『続漢書』の引用によれば、先ず酔っ払った釜侯亭長が、劉玄の父劉子張を罵り、劉子張は怒ってこの亭長を刺殺した。次に十余年後、この亭長の子が復仇として劉玄の弟劉騫を殺害した。劉玄はこの仇を報いんと賓客と結託したが、その賓客が法を犯して、劉玄は平林に逃れた。役人は劉子張を獄に繋ぎ、劉玄は死せる真似をし、喪を行わせて舂陵に帰り、役人に劉子張を出させ、世間から隠れた[1]

地皇3年(22年)、緑林の乱が発生すると陳牧が率いる平林軍に参加する。緑林の兵は疫病のため新市軍と下江軍に分かれるが、新市軍と平林軍、更に劉縯の舂陵軍は連合し、また下江軍も加わった農民豪族連合軍となった。23年正月、連合軍はの太守・都尉である甄阜梁丘賜を打ち破り、この時点で劉玄は更始将軍を自称した。更に2月、前漢の宗室であることから皇帝に擁立され、更始の元号を建てた。

6月、連合軍・漢軍が昆陽の戦いで劉縯の弟・劉秀による大勝利を収めた後、更始帝は劉縯によって降された宛城に入り、宗室諸将に対する冊封を行った。この月、威名を恐れて更始帝は劉縯を誅殺した。また更始帝は王匡を派遣して洛陽を、申屠建李松を派遣して武関を攻め長安を目指し、一方汝南に天子を称する劉望に劉賜を派遣した。新朝の滅亡を実感した地方勢力は王莽の派遣した牧守を殺害し、更始の元号を使用するようになった。9月[2]、更始帝陣営はついに長安・洛陽を陥落させ、王莽の首級を得ている。10月に劉信が劉望を破り、更始帝は洛陽遷都を行い、更始2年(24年)2月に長安遷都を行った。

長安遷都後の更始帝は奢侈な宮廷生活に染まり、即位の朝政を岳父の趙萌に一任してその専権を放任した。赤眉軍が長安に迫った際に、張卬廖湛胡殷、申屠建と隗囂は謀議し、更始帝を脅して南陽に還ることを謀る。これが更始帝の耳に入り、5人は召された。隗囂は事が漏れたと悟って館に篭り、召された4人のうち3人は異常に気付き脱出し、それでも残った申屠建は斬られた。隗囂は天水に逃げ、残り3人(三王:淮陽王張卬、穣王廖湛、隋王胡殷)は長安で謀反を起こして、逆に更始帝を長安から逃走させた。

新豊に逃げた劉玄は王匡、陳牧成丹をも逆臣と疑い、陳牧、成丹を斬り、逃げた王匡は長安の張卬らと連合した。更始帝、李松、趙萌は長安を襲い、王匡、張卬らは脱出して赤眉軍に入った。

更始3年(25年)9月、赤眉軍が長安に侵入すると、更始帝はまたも長安を脱出する羽目になり、一騎だけで高陵に逃れた。翌月、降伏すれば長沙王に封じるという赤眉軍に投降し、璽綬を赤眉軍が擁立した皇帝劉盆子に譲った。赤眉の総帥樊崇らは劉玄の殺害を企てていたが、劉盆子の兄劉恭が命乞いをして畏威侯に、更に長沙王に封じられた。しかし、後難を恐れた降将の張卬が赤眉軍の武将謝禄を唆し、12月に劉玄は謝禄に殺害された。その屍は劉恭が収容した。

死後、光武帝によって淮陽を追諡され、光武帝の大司徒鄧禹に霸陵(現在の陝西省西安市灞橋区)に埋葬された。3人の息子は列侯に封じられた。

人柄・逸話[編集]

史書によれば劉玄は平庸(暗愚)であり、その性格も懦弱であったとされる。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劉玄の従兄弟・劉顕も劉騫の仇を討とうとした。劉顕は役人に捕えられて処刑された。これを怨んだ劉顕の弟劉賜は、劉顕の子劉信と共に、家財を擲って刺客を雇い入れて劉顕の復讐を果たしている。
  2. ^ 『後漢書』による。『漢書』では10月。