貝貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貝貨(ばいか)とは実物貨幣の一つ。これは古代現在のような貨幣経済が成立していなかった社会において、貨幣のごとく流通していた貴重な貝殻である。アジアアフリカアメリカでこれが使われており、タカラガイなどの貝であった。地域によっては貝貨というものは非常に大きな価値を有していたとのことであり、これによって社会関係を築くことができたり、社会問題を解決することができたり、所持しているということで社会的地位を象徴するなどといった効果が存在した。古代中国ではなどで貝貨を模した物が製造されたこともあった。

外部リンク[編集]