前趙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前趙
漢→趙
南匈奴 304年 - 329年 後趙
前趙の位置
前趙の領域。
公用語 漢語(中国語
首都 左国城
蒲子
平陽
長安
漢王→皇帝
304年 - 310年 劉淵
310年 - 318年 劉聡
318年 - 329年 劉曜
変遷
漢の建国 304年
国号を趙に改める 319年
後趙によって滅亡 329年

前趙(ぜんちょう、拼音:Qiánzhào、304年 - 329年)は、中国五胡十六国時代に存在した国。建国者は劉淵。当初の国号はであり、後にに改めた(劉曜の時代)。同時代に石勒が同じ趙を国号とした国を建てているので、劉淵の趙を前趙、石勒の趙を後趙と呼んで区別している。

歴史[編集]

西晋三国時代から匈奴鮮卑などの周辺民族を傭兵として雇い入れていた。自然、それらの民族は中国の内情に精通するようになり、西晋の皇族が権力争いばかりを事とし、統治能力を失っていることもわかるようになってきた。

後漢に服属した南匈奴単于の末裔である劉淵は、西晋から匈奴の五部大都督に任じられていたが、八王の乱が起こると自らの国を建て、国号を漢(劉淵の祖と漢室の婚姻関係に因る)とした。劉淵は息子の劉聡、親族の劉曜、羯族の石勒や漢民族王弥などを従えて并州を攻略した。

310年に劉淵が死ぬと、長男の劉和が継いだ。だが、暴君の劉和には人望が無く、弟の楚王劉聡が謀反を起こし、劉和は母方の叔父の呼延攸と共に劉聡と内通した部下によって殺された。後を継いだ劉聡は翌年に西晋の首都洛陽を陥落させ、懐帝を捕らえた(永嘉の乱)。西晋は長安に懐帝の甥愍帝を擁立して前趙に抵抗するが、劉聡は長安も陥落させ、愍帝を捕らえて殺害した。これにより西晋は滅亡し、これ以降は五胡十六国時代と呼ばれる(生き残った皇族は東晋を建国)。

318年に劉聡が死去すると息子の劉粲が後を継ぐが、靳準が反乱を起こして殺害されたので、劉曜と石勒が協力してこれを鎮圧し、劉曜が長安で皇帝となり国号を趙と改めた。石勒は趙公に封ぜられたが、やがて自立し襄国(現在の河北省邢台)で趙王となった(後趙)。

劉曜の西の趙と石勒の東の趙はその後華北を二分して睨み合ったが、劉曜は次第に堕落し、328年に石勒に討ち取られた。子の劉煕が後を継いだが、329年に石勒の親族の石虎によって殺され、前趙は完全に滅亡した。

前趙の皇帝[編集]

  1. 高祖光文帝(劉淵、在位:308年 - 310年) - 皇帝と称する。
  2. 梁厲王(劉和、在位:310年
  3. 烈宗昭武帝(劉聡、在位:310年 - 318年
  4. 少主隠帝(劉粲、在位:318年
  5. 趙主(劉曜、在位:318年 - 329年) - 国号を趙と改める。
  6. 末主(劉煕、在位:329年

元号[編集]

  1. 元熙304年 - 308年
  2. 永鳳308年
  3. 河瑞309年 - 310年
  4. 光興310年 - 311年
  5. 嘉平311年 - 315年
  6. 建元315年 - 316年
  7. 麟嘉316年 - 318年
  8. 漢昌318年
  9. 光初318年 - 329年

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 魏書』(列伝第八十三 匈奴劉聡)
  • 晋書』(載記第一 劉元海、載記第二 劉聡、載記第三 劉曜)