石祗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新興王 石祗
後趙
第7代皇帝(王)
王朝 後趙
在位期間 350年閏2月 - 351年4月
都城 襄国
姓・諱 石祗
生年 不詳
没年 永寧2年(351年)4月
武帝
年号 永寧 : 350年 - 351年

石 祗(せき し)は、五胡十六国時代後趙の第7代(最後)の皇帝(王)。

生涯 [編集]

武帝石虎庶子として生まれる。青龍元年(350年)に第6代皇帝の李鑒が石閔(冉閔)によって殺害されると、襄国(現在の河北省邢台)で皇帝として即位した。6月には非漢族を糾合して冉閔が建てた冉魏の都を10万の兵で攻撃したが敗北した。10月には冉魏の10万の兵に襄国を包囲された。永寧2年(351年)には帝号をやめて趙王を名乗り、前燕に援軍を求めて、2月に合同して冉魏軍を破った。劉顕に7万の兵で鄴を攻撃させたが敗北した。

冉魏に寝返った劉顕によって4月に一族と共に殺された。これにより、後趙は滅亡した。

父母[編集]

  • 父:太祖武帝(石虎

兄弟[編集]

先代:
廃帝義陽王
後趙の第7代皇帝/王
350年 - 351年
次代:
滅亡