石鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廃帝 石鑑
後趙(衛)
第6代皇帝
王朝 後趙(衛)
在位期間 349年 - 350年
姓・諱 石鑑→李鑑
大郎
生年 不詳
没年 青龍元年(350年
武帝
鄭氏
年号 青龍 : 350年

石 鑑(せき かん)は、五胡十六国時代後趙(衛)の第6代皇帝石鑒とも。

生涯[編集]

武帝石虎の三男(庶子)として生まれる。建平4年(333年)に代王、建武3年(337年)に公となる。建武11年(345年)に失政で関中からに戻らされた。太寧元年(349年)に第4代皇帝の石世石遵によって殺され、その石遵も石閔によって殺されると、石閔に擁立されて即位した。石閔を大将軍に、李農を大司馬にそれぞれ任命した。

このような経緯から実権は石閔に掌握されており、傀儡皇帝に等しかった。石苞に夜襲をさせたが失敗し、石苞は口封じに殺された。石祗襄国から石閔誅殺の檄を飛ばし、鄴では暗殺計画が発覚した。羯族石閔兵士3千が胡人の天下の為に石閔を誅殺しようとし、30人が宮中に乗り込んだが全員殺された。石閔は非漢族の武器所有者を斬ると宣言し、大量の非漢族が出て行った。石閔は「自分の考えに賛同する者はここにいろ」と言うと、近郊の漢族は入城し、非漢族は出て行った。非漢族が味方にならないと悟った石閔は20万人の非漢族を殺した。翌青龍元年(350年)、石閔によって国号を「[1]」と変えられ、石鑑自身も李姓に改めさせられた。石閔と李農が反乱軍の討伐で出た時に、李鑑は宦官を通じて自分の味方を呼び込もうとしたが、その宦官から報を受けて軍を返した石閔と李農に殺された。その在位は103日だった。石虎の孫38人を含む殺せるだけの石氏は全て殺された。

宗室[編集]

兄弟

脚注[編集]

  1. ^ 資治通鑑』による。『十六国春秋』によると「」。
先代:
廃帝彭城王
後趙(衛)の第6代皇帝
349年 - 350年
次代:
新興王