豫州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

豫州(よしゅう)は、中国の歴史的なの一つ。ここでは旧字体で豫州と表記するが、常用漢字の表記に従った現代文では予州とするのが正しい。現代の河南省は「豫」を略称としている。

先秦時代[編集]

上古の中国の九州のうち中心にあたる地域とされている。具体的な区域については、『尚書』では「荊河」、荊山から黄河までの区域とし、『爾雅』、『周礼』では「河南」、黄河の南側の区域とし、『呂氏春秋』では「河漢之間」、黄河から漢水までの区域とし、また「周である」とする。いわゆる「中原」と呼ばれる地域であり、古代中国文明の中心地を指す名称であった。『晋書』「地理志」によれば「豫は舒(穏やか)ということである。中和(中央にあって静かで偏りのない)の気を受けて、本質が穏やかであることを言う。」と説明する。

秦漢代[編集]

前漢武帝前110年元封元年)に全国に13州に分割し各州に刺史を置いた際、河南省の大部分と安徽省の一部を豫州として、潁川、汝南、梁、沛、魯の5郡国を属させた。

前漢滅亡後の混乱期には、軍閥の劉永が豫州に割拠したが、光武帝に攻め滅ぼされた。後漢に入って譙を州治とした。後漢末の混乱期になると、軍閥の曹操献帝を豫州の許県に移住させ、この地を都とした。

魏晋南北朝時代[編集]

魏朝が成立すると国都が洛陽に定められ、許は許昌と改名して五都の一とした。221年黄初2年)に項を州治とした。さらに227年太和元年に安成を州治とした。

325年(太寧3年)に豫州は石勒の手に落ち、その後後趙から豫州刺史に任ぜられた羌族の首長の姚襄は、豫州で半独立の勢を保つが桓温に打ち破られた。その後、前秦は洛陽の西に豫州を移した。後燕以後は洛陽周辺を豫州とした。一方で南に逃れた東晋329年(咸和4年)に江淮に僑州として豫州を設置した。その後対北戦線の戦況によってその治所は目まぐるしく変化した。

北魏は洛陽周辺を司州とし、豫州を河南に移した(蔡州を参照)。その後北周により洛州と改称された。

隋代[編集]

隋朝が成立すると当初は洛州が設置され4郡7県を管轄した。603年仁寿3年)に嵩州及び谷州596年新設)が廃止され管轄県が移管され、更に605年大業元年)に陝州熊州及び和州が廃止されると、その管轄県が移管されると同時に豫州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い豫州は河南郡と改称され下部に17県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年
洛州 陝州 熊州 和州
河南郡 洛陽郡 河陰郡 陽城郡 崤郡 閿郷郡 宜陽郡 同軌郡 新安郡 伊川郡 新城郡
河南県 洛陽県
緱氏県
河陰県 陽城県
堙陽県
康城県
陝県
崤県
閿郷県
湖城県
宜陽県
甘棠県
昌楽県
熊耳県
澠池県
新安県
東垣県
南陸渾県 新城県
北陸渾県
区分 大業3年
河南郡
河南県 洛陽県 緱氏県 陽城県 嵩陽県 陝県 閿郷県 宜陽県 寿安県 熊耳県
澠池県 新安県 陸渾県 伊闕県 桃林県 偃師県 鞏県

唐代以降[編集]

になると再び洛州に改名され、その後都畿道河南府が設置され州制は廃止された。

関連項目[編集]