廃帝 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廃帝 司馬奕
東晋
第7代皇帝
王朝 東晋
在位期間 365年 - 371年
姓・諱 司馬奕
延齢
生年 咸康8年(342年
没年 太元11年10月16日
386年11月23日
成帝
周貴人
皇后 庾皇后
陵墓 安平陵
年号 太和 : 366年 - 371年

廃帝(はいてい)または海西公(かいせいこう)は、東晋の第7代皇帝。3代皇帝成帝の次男。

生涯[編集]

同母兄の6代皇帝哀帝の崩御により即位するが、穆帝の代から権力を牛耳っていた桓温の専横がなおも続いた。興寧3年(365年)、洛陽前燕によって奪われ、桓温の力に陰りが見え始めると、太和4年(369年)に桓温は洛陽奪回の北伐軍を興したが、前燕の名将・慕容垂の前に大敗してしまう。これにより桓温の東晋における勢力はますます弱体化するが、挽回するために桓温は簒奪を図るようになる。そして太和6年(371年)、腹心の郗超の献策を採った桓温によって廃され、海西公に降格されてしまった。帝位は大叔父の会稽王司馬昱に移された。

その後は呉郡に移され、才を隠し飲酒に耽ることで朝廷の警戒をそらし、ともかくも無事天寿を全うしている。太元11年(386年)、45歳で逝去。一説では酒毒で亡くなったという。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 皇后 庾道憐 - 庾亮および庾文君(明穆皇后、明帝の皇后)の姪。父の従妹にあたる。

子女[編集]

不詳