成帝 (東晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成帝 司馬衍
東晋
第3代皇帝
王朝 東晋
在位期間 325年 - 342年
姓・諱 司馬衍
世根
諡号 成皇帝
廟号 顕宗
生年 大興4年(321年
没年 咸康8年6月8日
342年7月26日
明帝
明穆皇后
皇后 成恭皇后
陵墓 武平陵
年号 咸和 : 326年 - 334年
咸康 : 335年 - 342年

成帝(せいてい)は、東晋の第3代皇帝

生涯[編集]

父の明帝が28歳で崩御したことにより幼くして即位し、生母の太后(庾文君)が実際の政務を執った。太后の死後は王導庾亮(庾太后の兄)が引き続き政務を執った。

咸和4年(329年)に蘇峻の反乱が起き、成帝らは一時捕らえられて石頭城に移されたが、同年に郗鑒陶侃らに乱が鎮圧されて再び建康に戻った。北方に対しても何度も出兵したが、後趙石虎の軍に阻まれて勢力の拡大は果たせなかった。また、豪族らの山川の私有化に対抗するため、咸康2年(336年)にこれを禁じた。咸康7年(341年)には土断により、東晋建国時に北から移ってきた貴族達を戸籍に編入した。

咸康8年(342年)に22歳の若さで崩御した。息子達は幼かったため、弟の司馬岳が即位した。

宗室[編集]

[編集]