ラグ・ヴァンシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラグ・ヴァンシャ(Raguvamsa)は、インド詩人劇作家であるカーリダーサの作品の一つである叙事詩。「ラグ王家の系譜」の意。

全19章。英雄ラーマを中心とするイクシュヴァーク王家の事績と後裔の歴史について物語る。6篇のマハーカービヤ(美文体叙事詩)の中でも特に優れたものとして筆頭に名が挙げられる。第4章のラグがインドを征服する物語、第11章の若かりしラーマの偉業、第12章の羅刹ラーヴァナを倒すまでの放浪の物語、第13章のラーマが妃シーターにとともに過ごした土地を思い出させる場面などが有名。

主な内容[編集]

  • 第1章~第9章 - ディリーパ、ラグ、アジャの3代。
  • 第10書~第17章 - ダシャラタ(アジャの子)、ラーマ、クシャの3代。
  • 第18章~第19章 - 以下、アグニヴァルナにいたる、24代の子孫について。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]