シャクンタラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドフシャンタ王とシャクンタラー

シャクンタラーशकुन्‍तला, Śakuntalā)は、

  1. インド叙事詩マハーバーラタ』に登場する女性[1]
  2. グプタ朝320年-550年)時代の詩人カーリダーサが1.の『マハーバーラタ』の1挿話を7の戯曲として改作した『アビジュニャーナ=シャークンタラ』(अभिज्ञानशाकुन्तल Abhijñānaśākuntala 「指輪によって思い出されたシャクンタラー」(辻直四郎訳による、邦題は『シャクンタラー』[2]、改訳版は『シャクンタラー姫』[3])のヒロイン

である。

カーリダーサの物語では、仙人の養女シャクンタラーと王ドフシャンタ英語版ヒンディー語: दुष्यन्त)との数奇な恋物語を描く。公用語とされはじめた時代のサンスクリット語で書かれており、サンスクリット語文学の代表作である。ヨーロッパに広く知られるようになったのは1789年、ウィリアム・ジョーンズの英訳がきっかけである。2年後にその独訳が出版されると、これが大変な反響を呼び、ゲーテにも影響を与えた。

あらすじ[編集]

シャクンタラーは、アプサラスメーナカーと、クシャトリヤ出身の大聖ヴィシュヴァーミトラとの間に生まれた女性である。あるとき、プール家の血を引くドフシャンタ王は、狩の最中に出会ったシャクンタラーと恋に落ち、結婚する。そして王は結婚のしるしとして指輪を贈る。ところがシャクンタラーは、聖賢ドゥルヴァーサス英語版から怒りを買い、呪いをかけられ、ドフシャンタ王はシャクンタラーのことを忘れてしまう。この呪いは彼女が王からもらった指輪を、王に見せさえすれば解けるはずであったが、シャクンタラーは沐浴の際にこれを失ってしまい、王は彼女が訪ねてきても思い出せない。

悲しみの中、彼女は母(?)にさらわれて天界に昇ってしまう。しかし、後に王は漁夫が発見した指輪によって記憶を取り戻す。そしてインドラ神が御者マリーチを通じて悪魔征服の援助を王に依頼してきたおり、王は天界に上る機会を得、そこでわが子と対面し、シャクンタラーと再会する。

シャクンタラーをテーマにした音楽作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『マハーバーラタ』と同時期に成立した文学作品として『ラーマーヤナ』がある。
  2. ^ 刀江書院 1956年
  3. ^ 岩波文庫、初版1977年 ISBN 978-4003206416