ヴィクラモールヴァシーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルヴァシーとプルーラヴァス王

ヴィクラモールヴァシーヤVikramorvasīyam)は、インド詩人劇作家であるカーリダーサ戯曲。全5。『勇気、武勇(ヴィクラマ)によって得られたウルヴァシー』の意。アプサラスウルヴァシープルーラヴァス王との恋物語を改作し、戯曲化したもの。

物語[編集]

恋人たちの恋と、別離、そして再会という大筋に変化はないが、しかし多くの部分で改作が見られる。

  • 第1幕:プルーラヴァスは悪魔に連れ去られたウルヴァシーを救い出し、その美しさに魅了される。しかしウルヴァシーはインドラ神に召還され、2人は引き離される。
  • 第2幕:2人はつかの間の逢瀬を楽しむが、ウルヴァシーが書いた手紙を王妃に発見され、プルーラヴァスは謝るが聞き入れてもらえない。
  • 第3幕:ウルヴァシーは呪いにかかり、プルーラヴァスに自分たちの子を見られると、2人は別れなければならない運命となる。
  • 第4幕:ウルヴァシーとプルーラヴァスがカイラス山付近を彷徨っているとき、ウルヴァシーは女人禁制クマーラ神の森に入り込んでしまい、神の怒りによってつる草に姿を変えられてしまう。プルーラヴァスは森の木々や動物たちにウルヴァシーがどこにいるか聞きながら捜す。すると天から声が聞こえてきて、彼を導く。彼がつる草を発見して抱くとウルヴァシーは元の姿に戻る。
  • 第5幕:数年後、プルーラヴァスはウルヴァシーが密かに産んで隠していた我が子アーユスに偶然出会う。呪いによってウルヴァシーは天界に戻るが、インドラは悪魔討伐のためにプルーラヴァスの協力が必要であると考え、ウルヴァシーを夫の元に戻ることを許す。

主な登場人物[編集]

  • プルーラヴァス王。
  • マーナヴァカ:王の側近であるバラモン僧。
  • ウルヴァシー:アプサラス。
  • ラムバー:有名なアプサラス。
  • メーナカー:有名なアプサラス。
  • チトラレーカー:アプサラス。ウルヴァシーとともにさらわれる。
  • サハジャニャー:アプサラス。
  • 奥方:プルーラヴァスの正妃。カーシー国の王女。
  • ニプニカー:奥方の腹心の侍女。
  • ラータヴィヤ:後宮執事。
  • キラータ(山民)の女:王の払子係。
  • ヤヴァナギリシア人)の女:王の武具係。
  • ナーラダ仙:有名な聖仙。
  • アーユス:プルーラヴァスとウルヴァシーの子。
  • サティヤヴァティー:苦行女。ウルヴァシーの知り合い。
  • ガーラヴァ、パッラヴァ:ともにバラタ仙の弟子。
  • チトララタガンダルヴァ族の王。
  • その他:座頭、小頭、御者、詩人、神々の使者。

評価[編集]

改作や脚色の手際の良さが高く評価されるカーリダーサにあっては、平凡というのが『ヴィクラモールヴァシーヤ』に対する共通の評価であるが、第4幕のプルーラヴァスがウルヴァシーを見失って狂気に陥り、大半の部分を一人で演技する場面はきわめて独特である。もっともこの場面はインドの詩論学者の非難を受けている。カーリダーサは多くの模倣作を生んだが、この4幕と同様の演出はその後ほとんど見られなかった。

邦訳[編集]

  • 「武勲(王)に契られし天女ウルヴァシー」:『公女マーラヴィカーとアグニミトラ王 他一篇』大地原豊訳、岩波文庫(1989年3月16日)に収録。

関連項目[編集]