ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルダー

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー(Johann Gottfried von Herder,1744年8月25日-1803年12月18日)は、ドイツ哲学者文学者詩人神学者

カントの哲学などに触発され、若きゲーテシュトゥルム・ウント・ドラング、ドイツ古典主義文学およびドイツロマン主義に多大な影響を残すなどドイツ文学・哲学両面において欠かすことの出来ない人物である。優れた言語論や歴史哲学作を残したほか、当時一世を風靡していたカントの超越論的観念論の哲学と対決し、ヘルダーは、歴史的・人間発生学的な側面から、自身の哲学を展開しカントの哲学とはまた違った側面で20世紀の哲学に影響をあたえた人物としても知られている。

生涯[編集]

生い立ちからケーニヒスベルクまで[編集]

東プロイセンモールンゲン(現在はポーランドモロンク)に、織物職人の子として生まれる。家庭は裕福ではなく、父親はオルガン奏者や小学校の教員なども行い、生計を立てていた。学校では抜群の成績を残していたが、貧困のため大学には進学できないでいた。この学校での残した抜群の成績に目をつけて、最初は牧師の原稿のお手伝いとして、次いで1761年に七年戦争からロシアへ引き上げる途中、モールンゲンに駐在していた軍医に彼の才能が見出され、ヘルダーを外科医にすることを目論み、ケーニヒスベルク大学英語版の医学部に入学させるために、ケーニヒスベルクへと彼を連れていった。しかし、医学部の授業には馴染めず、神学部に転部。たまたま当大学で哲学を担当していたカントの講義を聞き、大いに刺激を受けた。(ただし、この頃のカントは批判期以前で、カントは物理学から地理学まで担当しており、この百科全書的な知識にヘルダーは惹かれたらしい)やがて、カントとはその後も、受講者から友人、さらにはライバルと生涯を通じて、ヘルダーを影響させた人物であった。

また、当地ではカント以上に親交が深かった人物がいた。「北の博士」の異名をもつ思想家ハーマンである。ハーマンはケーニヒスベルク出身で、ヘルダーが当地で学んでいた時は、既に「ロンドンの回心」の後で、当地に戻って英文学やイスラム学を研究していた。ハーマン家は代々眼科医であり、ヘルダーが眼病を患い、ハーマンの診療所に通ったのが、ハーマンを知る機縁であったといわれている。敬虔なヘルダーにとって、ハーマンの存在は魅力的であり、ハーマンからシェイクスピアの文学やディヴィッド・ヒュームの哲学などを学んだといわれている。その後、ヘルダーは大学卒業後、ハーマンの紹介で、ケーニヒスベルクよりさらに北方のリガの大聖堂の説教師に就く事ができた。

リガからフランス滞在まで[編集]

当地リガの活躍はヘルダーの熱心な教育ぶりが買われ、好評であった。また、ハーマンの発行する文芸新聞にハーマンの詩の批評をすることができ、この批評も好評で、ヘルダーの文芸評論の才能も世間に認めさせるものとなった。1766年からは、文筆活動も開始、「現代ドイツ文学断章」を出版。これは、ゴットホルト・エフライム・レッシングモーゼス・メンデルスゾーントマス・アプトらが中心となって編集していた「最近のドイツ文学関する文学書簡」という雑誌に対する、ヘルダーの見解が元になっており後の文芸評論に大きな影響あたえた。既にこの中に歴史主義的な見解が述べられ、ヘルダーの言語哲学・歴史哲学の大元が出来上がっていたといえる。この文芸評論によってたちまち著名になったヘルダーであったが、改版時にこの評論の中で当時ベルリン大学の雄弁術教授、クリスティアン・アドルフ・クロッツの詩に対する誤った評価が原因で、クロッツによる非難が始まり、論争になった。ついで出版したヘルダーの「批判論叢」(あるいは批判の森、クロッツに対する反論)や「ヘブライ人の考古学」などの歴史家としてヘルダーの著作が、汎神論的な見解でリガで聖職者の身である人物にふさわしくないと非難される。これも、一因となり彼はリガから去り、フランス文学に対する知見を広めようと、フランスへ向けて旅立った。1769年であった。リガから中継地を経て、パリにまで赴いていった記録が「フランスへの旅の日誌」という著作である。ヘルダーは、フランスの哲学者の著作などを読みとおし、パリではディドロダランベールを訪問した。ほどなくして、ドイツの王子の教養旅行の同伴者の話がきて、またドイツへと帰った。1770年のことであった。

ゲーテとの出会い[編集]

若い頃のゲーテの肖像。ヘルダーは、文芸評論家としてすでに有名であったのに対して、当時ゲーテは、まだシュトラスブルクの無名な学生であった

ドイツへの帰路船が難破したが、運良く救い出され、九死に一生を得た。途中のハンブルクではレッシングと会うことができた。その後、任務である王子のお供をし、イタリアへと旅立った。途中の街で、妻になるカロリーネ・フラックスラントに逢う。しかし、宮中の他の人物たちとうまが合わず、なかなか思うようにいかない旅行だった。そこで、ヘルダーの性格に適合した牧師の話がヘルダーの所に届き、シュトラスブルク滞在中に、王子に同伴の辞退を申し入れ、当地で持病である眼の病を癒しながら、その準備をしていた時、当地の学生であった若き頃のゲーテがヘルダーを訪ねてくるというドイツ文学史上特筆すべき出会いがあった。ゲーテはヘルダーに、作風を訓練され、シュトゥルム・ウント・ドラングという新しい文学観を吹き込まれたのであった。1771年の春であった。

また、かねてからヘルダーの哲学において常に関心の中心にあった言語の問題に関する懸賞論文を執筆し、「言語起源論」として1772年に出版された。ヨハン・ペーター・ジュスミルヒJohann Peter Süßmilch)の言語神授説に対して、ヘルダーは言語を人間によってのみ作り出されたものであるとし、神による創造を徹頭徹尾否定したのである。この書は、神秘的な思想を持つ師匠のハーマンには批判されたが、後の世のヴィルヘルム・フォン・フンボルトなどにも、影響をあたえ、後の近代言語学の礎にもなった。

ワイマールへ[編集]

シュトラスブルク滞在後、かねてからの依頼であった牧師の職についた。場所は、ザクセン公国(現ニーダーザクセン州)の小都市ビュッケブルク(Bückeburg)であり、なかなか文学だけでは、生計がうまくならず孤独な時期でもあった。1776年、ヴァイマルで政治家をしていたゲーテの尽力により、ワイマール公国の宗務管区の総監督につくことができ、学者として大いに活躍することができた。この頃のゲーテも、既に疾風怒濤の時代も終わり、1780年代にはヘルダーはゲーテと共同では当時はタブーであったスピノザの哲学を研究(後のスピノザ論争の機縁にもなったが、現代におけるスピノザ研究の礎にもなったことでもある。)を行うなど、ドイツでも屈指の著名な学者になっていた。1784年から1791年にかけては、未刊の大著『人類歴史哲学考』を著し、人類の歴史を「人間性」という概念を軸に、発展の過程を書き綴った。またフランス革命に感銘を受けて綴った『人間性促進のための書簡』(1793-95年)を著した。こちらは、この歴史的出来事をヘルダーの依拠した人間性の観点から考察したものである。いずれも古典主義文学に見られるゲーテの美的世界観に対する批判でもあった。これらの書は、ゲーテやシラー、カントなどから厳しい評価がされる。

またこれへの応酬としてヘルダーは、かつての恩師で当時ドイツ哲学界を席巻していたカントの訴えた批判哲学に対する批判の書『純粋理性批判のメタ批判』(1799年)、『カリゴーネ』(1800年)を著す。ヘルダーによれば、カントの哲学は人間の意識を個々の諸能力に分解し、対象世界を「現象」と「物自体」という非生命的なものに分断しており、「純粋な理性」や「アプリオリな認識」などは人間理性を本来の姿をわきまえない、単なる「言葉の乱用」であり、カント哲学は人間理性の本来の姿である言語の問題を一向に直視していないという。人間性・歴史性を重視するヘルダーの哲学らしい立場をみせたものであるが、これらの書で彼のカント哲学に対する誤解や理解不足も認められたのも事実であった。しかし、ヘルダーの哲学が、19世紀から20世紀にかけて、カントから続くドイツ観念論の哲学が廃れ、歴史主義や人間学的な立場が旺盛になるにつれて、この先駆をなすものの一つとして評価されていることも見逃せない。 文化の中心地ワイマールにおいて、ヘルダーにしてみれば、時代が自身の考えを受け入れようとはせず、友人や恩師とも論争を繰り返さなければならないという、苦悩の晩年を過ごしつつ、1803年に59歳で没した。

著作の日本語訳[編集]

古書も含め購入しやすい著作のみ。

  • 『ヘルダー旅日記』 嶋田洋一郎訳 九州大学出版会 2002年
  • 『「愛のうた」・英雄「シッド」』 男沢淳訳 日本図書刊行会:近代文芸社 1997年
  • 『言語起源論』 木村直司訳  大修館書店  1972年
  • 『言語起源論』 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1972年